仕事

テレワークにピッタリの椅子!ニトリのオシャレで使いやすい♪

目安時間 16分
  • コピーしました

テレワークにぴったりの椅子や在宅ワークで必要な環境について知りたくはないですか?

テレワークにおすすめの椅子、テレワークについて紹介します。

 

テレワークとは?みんなが使ってる環境を取材!机と椅子はあった方がいい‼


テレワークとは?

働く場所によって、在宅勤務、移動中や移動の合間に行うモバイルワーク、サテライトオフィスやコワーキングスペースといった施設利用型テレワークのほか、リゾートで行うワーケーションも含めてテレワークとよばれています。

在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務の3種類。

 

在宅勤務          

所属するオフィスに出勤せずに自宅を就業場所とする働き方です。       ・終日在宅勤務

終日自宅で仕事をする。

 

・部分在宅勤務(部分利用)

一日の勤務時間のうち、一部を自宅で行う。

 

モバイルワーク    移動中(交通機関の車内等)や顧客先、カフェ等も就業場所に含める働き方です。

 

サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)

所属する事業所以外の他の事業所や遠隔勤務用の施設を就業場所とする働き方です。

 

・専用利用型

自社・自社グループ専用で利用するサテライトオフィススペースを利用。

 

・共用利用型

複数の企業がシェアして利用するオフィススペースを利用。

 

おすすめのデスク

 

スタンダードデスク

シンプルなスタンダードデスクは、テレワークの環境を構築するうえでもっともポピュラーなデスク環境です。

パソコンを使うためのデスクがメインで、コンパクトな大きさに抑えられるため普段から自宅で使える小さなデスクとしても役立ちます。

 

また、空いたスペースにデスクワゴンやラックを設けることで、大きく収納スペースを取ることも可能です。

「テレワーク時に会社の書類をいくつか持ち帰ることになった」というときでも、書類管理がしやすいメリットがあります。

 

L字型デスク

テレワークの環境に必要な道具を一式デスクの上に置きたい場合は、L字デスクを使って大きな作業範囲を取ることも1つのポイントです。

テレワークに必要な道具をいつでも使える環境を作り出せるため、作業効率が大幅アップする効果も期待できます。

 

コンパクトタイプのL字デスクであれば、狭い部屋でもコーナー部分に設置することが可能です。

ただし、他のデスクタイプに比べると必然的に設置スペースが大きく取られる形になります。

 

ロースタイルデスクは、畳のお部屋を使っている方、椅子に座ることがあまり好きではない方におすすめのモデルです。

ロースタイルデスクにあわせて周囲も低めの家具を揃えることで、全体的に広々とした開放感を生み出すことも可能。

 

テレワークの環境を整える上で、インテリアデザインにも配慮したい方にはロースタイルデスクの採用も選択肢の1つとして上がるといえるでしょう。

 

ロースタイルは姿勢が崩れがちで、身体へ負担を掛けてしまう点は注意ポイントです。基本的には背もたれのついた座椅子などとの併用をおすすめします。

 

 

テレワーク用の椅子!疲れにくく、おしゃれで映えするおすすめの椅子は?

 


デスクチェアの中に、背もたれが「倒れるタイプ」と「倒れないタイプ」があります。背もたれが倒れない椅子の中にも巧妙な設計によって、座り心地に関して余り問題にならない製品もあります。

 

これは座る方の好みによっても変わることでもありますが、おすすめは「背もたれが倒れるタイプ」となります。

 

背もたれの角度や座面の角度を調整して、固定できるものもあります。

背もたれと座面が一緒に動くタイプは、寄りかかったときに太ももの裏が圧迫されてしまうことも少なくありません。

 

より快適に長時間座り続けたい場合、基本的には背もたれと座面それぞれが独立して調整できるものを選びましょう。

 

サリダ YL6 YL6-BLELイトーキ ¥24,900

大手メーカー「イトーキ」製ながら、手の届きやすい価格のデスクチェアです。背面に通気穴が多数設けられていて、背中が蒸れづらくなっています。

機能はリクライニングと座面の高さ調整のみ。シンプルなつくりですが、コンパクトで邪魔になりづらく使い勝手は良好です。

 

EJ-LAM KMD-34エルゴヒューマン ¥65,780

福岡県にある関家具が手掛けるエルゴヒューマン(Ergohuman)は、高い機能性と、クールなデザインで人気です。

 

蒸れにくいメッシュの背もたれや、体型に合わせた細かな調整機能を備えながらも、価格は海外一流ブランドの半分程本格的で本格チェア入門に最適です。

 

 

セイルチェアHermanMiller¥93,500

「世界一有名なデスクチェア」と言っても過言ではない「アーロンチェア」をつくった、アメリカの名門ハーマンミラー(Herman Miller)の製品です。イメージしたのはヨットのセイル(=帆)。

 

メッシュ状の背もたれが特徴で通気性が良い上に、幅広い体型の方にも合ってしまうという、不思議なデザインです。

 

座面高:42.5cm~52.5cm

調整機構:リクライニング反発力調節、リクライニング範囲設定、座面角度調整、アームレスト高さ調整

 

 

イング CR-GA3211E6G4B6-Vコクヨ¥116,380

座面の下に備わったライディング・メカにより、体の動きに合わせて揺りかごのように揺れ続ける新発想のデスクチェアです。

前後左右全方向に動くように設計されていて、血流の改善から集中力アップまで期待できます。メッシュタイプやハイバックも用意されています。

 

座面高:42.5cm~51.5cm

調整機構:アームレスト高さ調整

 

サリダ YL9 YL9-NYELイトーキ¥39,900

アームレストとヘッドレストが付いたハイバックチェアであり、コストパフォーマンスに優れている椅子です。

基本的な調整機構を備えており、さまざまな体格に合わせられます。背面は樹脂製のメッシュ構造で通気性も確保し、ネイビーの他、黒と白も用意されています。

 

 

OVERTUREエーケーレーシング¥46,111

ゲームをする人に人気がある「ゲーミングチェア」ですが、実はデスクワークにも向いています。細かい調整機構がないにも関わらず、身体にしっかりフィットして、首も専用クッションが支えてくれます。

座面がかなり低くなる貴重な製品なので、小柄な方にもおすすめです。

 

まとめ


テレワークをするときは自分の体に合った椅子を選びましょう。

また、テレワークは椅子やデスクが揃っていないと集中してできません。

テレワーク用は自分専用の物を購入しましょう。

 

  • コピーしました

   仕事