住宅

知らなきゃ損する?!折り畳みベッドのかしこい処分の仕方

目安時間 9分
  • コピーしました

『新しく家具を買い替えたいけど、どうやって捨てたらいいかわからない・・・!』

こんな悩みを持った人は少なくないはず。

衣類や食器などの日用品は比較的捨てやすいけど、家具になると急に

ハードルが高くなったりしませんか?

サイズが大きいし値段も安いものばかりではないので、老朽化や引っ越しなどが

ない限り、買い替える頻度は少ないと思います。

その中でも”ベッド”は処分の仕方に困る代表格の一つ。

“ベッド”とひと括りにいっても、

・収納ベッド ・リクライニングベッド ・二段ベッド ・ベビーベッド・・・

などなど、意外とたくさんの種類がありますよね。

今回この記事で取り上げるのは、最近一人暮らしの人にも多いといわれている

”折りたたみベッド”。

この折りたたみベッドを新しく買い替えたい人に向けての処分の方法と、

また次に新しく買い替えるならどんなタイプがおすすめかご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

中見出し:ためになる!折りたたみベッドの処分の仕方!

 

処分の仕方は大きく二通り。

”リサイクル”か”廃棄”の二択にざっくり分かれます。

 

リサイクルする場合

(1):リサイクルショップ・買取サービスに依頼する。

最近CMでもよく耳にすることでおなじみ。出張で査定してくれるサービスもあるので、

持ち運びが難しいベッドにはとてもありがたい!ただし、ベッドは衛生面を気にする人が

多いので状態はできるだけいいほうが◎。状態が悪ければ買取してくれないケースも

あるかも。実際に業者と相談してみることをおすすめします。

(2):ネットオークションに出品する。

誰でも気軽に出品ができるのが魅力の一つ。でも買い取ってもらうまでに時間がかかる

ケースもあるので、よく考えてから出品した方がいいかも。

(3):他人に譲渡する。

廃棄する場合

(1)粗大ゴミとして出す。

回収料金は各自治体によって異なります。また、ベッドの種類によっても費用が

異なるので注意。少しでも安くするために、自分で直接処理施設に持ち込む方法も

あります。自分で運搬が可能であれば手段の一つとして検討してみてください。

 (2)廃品処理業者に引き取ってもらう。

行政の回収とは異なり、費用は少しかかります。また業者によっても費用が異なるので

事前見積りをしたほうがいいかも。しかし部屋から直接業者が搬出してくれるので、

手間がかからないのでおすすめです。

 

とにかくお手頃に!折りたたみベッドを安い値段で手に入れる!

 

ではここからは、『折りたたみベッドを新しく買い替えたい人』、

『実際買うとしたらどんなものがいいの?」といった人向けに

サイズ・寝床・脚の3つの観点から詳しく解説していきます。

一般的なベッドよりも折りたたみベッドの方が、基本的に価格は安いですが、

サイズや機能によって値段も多少変動するので、そこを踏まえて検討してみてください。

 

<サイズ>

  • シングル:一人暮らしであまり物が置けない部屋におすすめ。
  • セミダブル:一人で寝るときに寝返りをうつことができ、ゆったり寝ることができます。
  • ダブル:大人二人で寝るには少し窮屈ですが、一人で寝るにはとても快適に寝られます。

 

<寝床>

  • すのこ:最近は木の材質にこだわっている製品も多く、通気性が良くカビやダニが

発生しにくくなっています。衛生面において安心できますね。

また、折りたためば布団干し台としての活躍も可能です。

  • パイプ・スチール製:布団やマットレスを載せて使用するタイプが多いですが、使用しないときは

コンパクトに折りたためられるので、収納に便利。

  • マットレス一体型:マットレスが一体になっているので、敷布団を別で購入する必要が

ありません。マットレスの素材も、高反発、低反発とさまざまな

タイプが展開されているので好みに応じて選べるのも特徴。

  • 畳:畳の原料である「い草」には消臭効果や菌を抑える効果があります。

リラックス効果が期待できるのが魅力の一つ。

 

<脚>

  • キャスター:何と言っても移動がとてもしやすく収納も簡単。
  • ロータイプ:高さはないけど、寝ているときに落ちる心配がないので

小さなお子様がいる家庭では安心して使用できます。

部屋を広く見せる効果があるので、部屋全体がスッキリして見せることが可能。

  • ハイタイプ:ベッド下に収納スペースを作れるので、一台ニ役で活躍。

衣類や頻繁に使用しない家具など収納できるので空間を有効活用できます。

また、立ち座りもしやすいので足腰が弱い人にもおすすめです。

 

やっぱりメリットはこれ?!折りたたみベッドは収納できて便利!

 

折りたたみベッドの醍醐味は「収納が便利!」という点がありますが、

他にもメリットがあるのでまとめてみました。

<メリット>

  • 組み立てやがしやすい・・・組み立てが苦手な人でも簡単に組み立てられるものが多いです。
  • 掃除が簡単・・・キャスター付きのものは自由に移動させられるので、掃除がはかどります!
  • 布団を干しやすい・・・折りたためばそのまま干すことが可能なので気軽に干せます。

逆にデメリットとしては、

  • 寝心地があまり良くない
  • マットレス一体型だと交換・洗濯が難しい
  • 体が大きな人には少し不向き       などがあります。

 

コンパクトに収納ができることから、一人暮らしや部屋のスペースに余裕がない人たち

にとって、折りたたみベッドはおすすめできる家具(ベッド)の一つです。

さまざまな機能を兼ね備えたタイプがあるので、自分のライフスタイルに適したものを

選びましょう。機能性を重視するかデザインにこだわりを持つかで

値段も変わってくるので、“これだけは譲れない条件”を自分の中で決めると

より選びやすくなると思います。

 

  • コピーしました

   住宅