多ければいい訳じゃない!?遠距離恋愛お互いの連絡頻度の探り方

スポンサーリンク
デート

遠距離恋愛中は何かと大変ですよね!?

遠距離恋愛中の連絡頻度や会う回数はどのくらいがいいのか気になりませんか!?

遠距離恋愛がうまくいくようにするために必要なことについて紹介します。

遠距離恋愛中の連絡・直接会う頻度の目安とは

遠距離恋愛中の連絡

お互いの連絡が欲しい頻度を確認する。

お互いどのくらい連絡がいいのかを話し合い、その間をとって連絡する回数などを決めて連絡頻度が多くないかと困る前に、二人で話し合って頻度を決めるのが一番てっとり早い方法です。

遠距離恋愛中の女性に多い毎日連絡したい時

男性の中でも、恋愛がはじまったばかりのときは同じように毎日連絡したいと感じることもありますが、だんだん面倒になって連絡頻度が少なくなっていきます。

長いメールや時間を合わせないといけない電話は負担になって嫌がられて、いつでもいいから1日1回はメール欲しいと遠慮がちに伝えましょう。

「おはようやおやすみだけでもいいからね」と伝えると彼の気持ちが軽くなります。

話ベタな男性は連絡が苦手。

彼女の声を聞きたくても自分から話すネタがない話ベタな男性は、自分から連絡するタイミングを掴めずにいるため連絡が来たときにものすごく喜んで見せましょう。

彼氏も「連絡してよかったな」と思えることが大切です。

連絡頻度が少なくて困っているときは、態度一つで連絡頻度が増えることも!

遠距離恋愛に慣れてきたら週2~3回がベスト

新しい土地にも慣れてきて、相手が忙しくなる、彼のだいたいの行動パターンがわかってくると心配な気持ちが薄らいできたら、週に2~3回の連絡で十分だと感じるカップルが多くなります。

挨拶だけ毎日メールを送る、チェックしていても返信したりするのを後回しにしたいという気持ちも起こってきたら、相手に無理に「毎日連絡して」とお願いしても、面倒がられて余計に連絡を嫌なことだと感じてしまいます。

「毎日じゃなくてもいいから暇が出来たら返事ちょうだいね」と伝えておくと彼からも遅れても返事をくれる確率が上がります。

連絡頻度は時々見直す

心配な人はおそらく彼氏の態度が何か冷たかったり、そっけなかったりしてせっかくの電話が楽しくない、彼氏の中で連絡が重荷に感じているのかもしれません。

そんな時は、ちゃんと彼氏とどの程度の連絡頻度にするかもう一度話し合う。

遠距離恋愛の連絡頻度は1週間に1度に落ち着く

遠距離恋愛で長持ちするカップルは、お互いのことを信用して連絡が負担にならない程度に続けられることが多い。

遠距離恋愛も慣れてくると、だいたいこの「相手に話したいことが出来る」連絡頻度が週に1度程度に落ち着きます。

カップルによってその1週間に1度に落ち着くまでが早い遅いはありますが、長く続けるうちにだんだんとこのペースになると、連絡頻度が低くなる、または全く連絡が来ないときは浮気などを心配してこちらから連絡して目安は週に1度くらい連絡をとりましょう。

2週間以上連絡がなくなったら注意

いくら恋愛期間によって連絡頻度が下がってくるとはいっても、付き合っているのに2週間以上何も連絡が来ないのはおかしい。

問い詰めるような口調にならないようにしながら「しばらく連絡こないけど何かあった?」とあなたが心配している様子を装って彼にきいてみましょう。

「遠距離恋愛中直接会う頻度」

2~3時間離れた場所なら月1回

2~3時間で会える距離は、すぐに会える距離ではないが、2時間から3時間程度で会える距離であれば、月に1回くらいが理想的です。

若いカップルであれば金銭的に厳しいときは月1回程度が理想的。

社会人になれば自分自身も忙しい日々を送っているでしょうから、月に1回会えれば寂しいと思うことも少なく費用負担もかかりません。

地方が違うなら3ヶ月に1回の頻度がおすすめ

地方が異なる場所に住んでいると頻繁に会うことは難しいでしょう。

地域が違うときは3ヵ月に1回くらいの頻度がおすすめで、このくらいのペースであれば、寂しくても負担は抑えることができます。

会った時の新鮮さも楽しむことができます。社会人で仕事が忙しくても、このくらいのペースであれば仕事にも支障なくデートを楽しめます。

国が違う場合は6ヶ月~1年に1回のペース

遠距離恋愛の中で難しいのは海外。

会うとなれば時間と費用だけではなく、働いていると休みを取ることも難しいはずです。

6ヵ月から1年に1回のペースが理想的で、会うペースは少ないですが、幸い今ではインターネットを通して気軽に連絡を取ることができますよ。

【遠距離恋愛は難しい】長く続くカップルが実践している5つのコツ

お互いの違うところを認め合う

育った環境や付き合ってきた人間関係も違う男女が付き合うため「価値観の違い」はつきものです。相手を自分と同じ考えにさせるのは難しいです。

関係が悪化してしまう可能性があります。

適度な距離感を保つ

長続きするカップルは適度な距離感を持って相手と接しています。

相手の趣味、交友関係に干渉をしない。プライベートを根掘り葉堀り聞き出しすぎない。

お互いを縛らず一人の時間を作り合う事でお互いを思い合う余裕が生まれます。

何をするのにも一緒。根掘り葉掘り色んなことを聞きすぎると、お互いが疲れて「面倒くさくなった。別れようかな」という悪循環にもなりかねません。

一人の時間を過ごして充実させるのも相手との関係を安定させるための秘訣です。

意見をきちんと言い合う

「長く付き合っているから、お互いのことをわかってくれるでしょう」というのはただの甘えです。

長く付き合っていたとしても、他人同士であることには変わりはないです。

お互いに何を考えているのか、伝えたいことはハッキリ言わないと全く伝らない」こともあります。

言いたいことも言えずストレスを溜め込まずに、定期的に話し合っているカップルは長続きしやすいでしょう。

余計な意地は捨てる

「女性に弱い部分を見せるなんて恥ずかしい、喧嘩しても俺からは謝らない、向こうから思われて優位に立ちたい。

余計な意地を張っているうちは、意識が自分にしか向かってない証拠です。弱みを見せること、謝ることに抵抗がある、恋愛で上の立場を手にいれようと考えているのはすべて、自分に重きを置いていて相手のことを一切考えていません。

余計な意地を張る時間がもったいないし無駄な労力です。素直な気持ちで接した方が、相手も自然と素直にあなたに接してくれますよ。

自分磨きを怠らない

片思い中は相手を振り向かせようと一生懸命自分磨きをしますが、両思いになった瞬間油断して自分磨きをパタッと止めてしまう人は多いです。

長続きするカップルの彼氏はいつでも自分磨きを怠りません。

いつまでも彼女にとって一番の魅力的な男性でいたいからこそ日々の努力を惜しまないのです。

内面をもっと磨いて彼女から恋愛感情抜きで「いい男」認定してもらえるよう頑張りましょう。

まとめ

遠距離恋愛はほどよい距離が難しいですが、倦怠期がくると仲がいいカップルでも別れてしまうことがあります。

遠距離恋愛中は相手のことを思いやる気持ちと不満があるなら話し合う時間をつくりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました