傷心旅行の意味は?おすすめのパワースポット‼

スポンサーリンク
旅行

あなたは、恋人と別れて辛い思いをしたことがありますか?

今、まさにその最中という人もいるかもしれませんね。

なかなか立ち直れず、辛いですよね。

ひとりの時間は、特に色々と考えてしまいがちです。

もちろん、過去を振り返ることも大事ですが、過去のこと

ばかりにとらわれてしまうと、なかなか前に進めないですよね。

そんなときに、旅行に行くのはどうでしょうか?

よく傷心旅行なんて言葉も聞きますよね。

そもそも傷心旅行とはどう意味なのでしょう。

傷心旅行には、失恋するなどして、心に痛手を負った人が

癒しを求めて旅行に出かけるという意味があるそうです。

気持ちを整理するための旅行ということです。

そんな傷心旅行に向いているオススメのパワースポットを

ご紹介しますね。

以下に、10か所ご紹介していこうと思います。

傷心旅行の行先‼ベスト10

まず関東エリアです。

1か所目は、東京都世田谷区にある「等々力渓谷」です。

住所は、東京都世田谷区等々力1-22他です。

こちらは、自由が丘から近いにもかかわらず、自然を感じられる

ところで川の流れが穏やかな渓谷です。

アクセスのしやすさも魅力です。

2か所目は、神奈川県鎌倉市にある「東慶寺」です。

住所は、神奈川県鎌倉市山ノ内1367です。

こちらの東慶寺は、縁切り寺と呼ばれています。

忘れられない人への気持ちを断ち切るために訪れる人も

たくさんいるようです。

次に、関西エリアです。

3か所目は、大阪府泉佐野市の犬鳴山にある「七宝瀧寺」です。

住所は、大阪府泉佐野市大木です。

こちらには行者の滝があり、マイナスイオンの効果で癒されること

間違いなしですね。

4か所目は、京都の「伏見稲荷大社」です。

住所は、京都市伏見区深草薮之内町68です。

朱色の鳥居が立ち並ぶ千本鳥居は、息をのむ美しさです。

パワースポットとしても知られ、一人で行くのにもオススメな

場所です。

5か所目は、和歌山県にある「熊野古道」です。

住所は、和歌山県田辺市本宮町本宮100-1です。

世界遺産にも登録されている熊野古道は、神々が宿ると

されており、散策コースもある癒しの場所です。

そして、九州エリアです。

6か所目は、熊本県の阿蘇山の「大観峰」です。

住所は、熊本県阿蘇市山田です。

この大観峰では、阿蘇山を大パノラマでみることができ

ずっと見ていられる美しさです。

リラックスできること間違いなしですよ。

7か所目は、熊本県の小国町にある「鍋ヶ滝」です。

住所は、熊本県阿蘇郡小国町黒渕です。

こちらの滝は幅が20mもあり、滝の隙間からの木漏れ日が

とても幻想的です。

ライトアップをしている時期もあるので、その時期に

行ってみるのもオススメです。

8か所目は、長崎県諫早市にある「轟の滝・轟峡」です。

住所は、長崎県諫早市高来町善住寺です。

轟峡は、名水百選に選ばれており、自然豊かな場所です。

水がとても綺麗なので、散策するととても気持ちがいいと

思いますよ。

9か所目は、鹿児島県にある「白谷雲水峡(屋久島)」です。

住所は、鹿児島県熊毛郡屋久島町楠川です。

こちらの白谷雲水峡は、世界自然遺産にもなった屋久島の

エリアにあり、特に自然が詰まったスポットです。

遊歩道もあるので、そこから屋久杉を見ることもできます。

最後の10か所目は、沖縄県の「古宇利島」です。

住所は、沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利です。

こちらの古宇利島の魅力は何と言っても、とても美しいエメラルド

グリーンの海です。

ここに行くと、日本にいるのを忘れ、時間がゆっくり流れて

いるような感覚を味わえるでしょう。

以上、10か所のオススメの傷心旅行の行き先をご紹介しました。

全部行ってみたいと思ったのではないでしょうか。

それぞれ魅力たっぷりなので、ぜひ行かれてみてください。

傷心するのはどんな時?みんなの投稿集

人それぞれ、傷心したときの理由は違うかもしれません。

多くは、失恋を連想しますが、傷心とはそれだけでは

ないですよね。

よって、どんな時に傷心するのか、投稿されているものを

みていこうと思います。

まず、多かったのは、大切な人を亡くしたときでした。

これは誰しもそうですよね。

心にぽっかりと穴が空き、傷心するのは間違いないです。

次に多かったのは、対人関係の悩みから傷心するというもの

でした。

失恋とはまた違い、友人関係などの悩みから傷心するという人も

少なくないようですね。

傷心とは、傷ついた心と書きますし、人から嫌われたり、

嫌なことをされたりすることで傷ついたときは、すぐ立ち

直ることは難しいかもしれません。

まとめ

これまで、傷心旅行にオススメの場所や、傷心するのは

どんな時かについてお伝えしてきました。

傷心旅行のオススメの場所を見て気づいた方もいるかも

しれませんが、ほとんどの場所に共通しているのは、自然が

美しいということです。

傷心旅行は、何を目的に行くかというと、心の癒しを求めに…

ということですよね。

そこに行って、傷心の原因となったことが解決されるわけでは

ありませんし、そういった傷心する出来事があったことは変えられ

ません。

よって、それを埋めるのではなく、少しでも解消する

ためのものが傷心旅行なのではないでしょうか。

傷心した理由も、人それぞれ違いますし、傷心しているのに

旅行になんか行けないと思う方もいるかもしれません。

傷心旅行の目的は、あくまでも心を少しでもラクにすること

なので、無理は禁物ですよ。

もし、自分が行ってみたいと思わなければ行かなくても

いいのです。

あまり深く考えず、気の向くままに行動できるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました