三つ編みのやり方はこれ!子供でも&自分でもできる!

スポンサーリンク
子供

三つ編みと言えば、誰しも難しそうだなと感じるのではないでしょうか。

そんなあなたも三つ編みをしてみたいけど、やり方が分からず困っている

のかもしれません。

そこで、子供から大人まで誰でも簡単に三つ編みができるようになる方法を

お教えしたいと思います。

この記事を読み終わったらぜひトライしてみてください。

三つ編みのやり方!子供でも簡単にできる!

あなたは、三つ編みの完成イメージは持っているでしょうか。

三つ編みとネット検索するだけで、たくさんの画像が出てきます。

三つ編みをしてみようとする前に、自分で完成イメージをもつことで

頭で想像しながら手を動かしていくことが可能になるのです。

人は、見たものを脳にインプットしていきます。それをまたイメージとして

思い出すことが可能です。

まずは、三つ編みの完成イメージを自分の中で持ちましょう。

子供でも、何かを作るときに頭で思い返しながら作ったりするものです。

よって、子供でも完成イメージを持つことは可能でしょう。

三つ編みのやり方!紐を使うと簡単に

三つ編みのやり方のイメージを持つことができれば、次は紐で練習してみましょう。

やり方は本当に簡単です。

何でもいいので、紐を3本用意してください。机にテープで3本の紐を固定しましょう。

固定の仕方は3本を束ねて、上の方をテープで止めるだけ。

テープがなければ、本などを紐の上の方に置き、紐を固定してもいいでしょう。

紐を固定することができたら、3本の紐うち、真ん中の1本の紐を軸に

左右の紐を動かしていきます。

イメージとしては、左右から真ん中の紐を交互にとっていく感じです。

先ほどお伝えした、完成イメージをこのときにも思い浮かべることができれば

なお良いです。

あとは、手が勝手に動いてくれるはずです。

このように、紐を使って練習することで、頭で描いた完成イメージを

実際に目の前に作ってみることに成功しました。

この実際に紐でやってみたイメージを具体的な完成イメージとして

頭に残しましょう。

実際に三つ編みをやってみよう

先ほど、紐で実際にやってみた完成イメージは覚えていますか?

思い出せない人は、もう1回紐でやってみてからチャレンジしてみてください。

あなたがお子様の場合は、お母さんの髪の毛でまずやってみるといいですね。

髪の長い人形でもいいかもしれません。

初めて三つ編みをする方は、二つ結びの要領で、髪の毛を真ん中から分けて、

二つ結びの三つ編みにするとやりやすいかもしれませんよ。

でも、どちらがやりやすいかは人それぞれかもしれませんので、

二つ結びの三つ編みと、髪の毛を一つに束ねての三つ編み、

ぜひどちらもやってみてください。

では、実際に二つ結びの三つ編みをやってみましょう。

まず、髪の毛を分け目にそって二つに分け、それぞれ軽くゴムで結んでおきます。

一つの方のゴムをとり、手に髪の毛の束をもちます。

もし、結んだままの方が三つ編みがしやすかったらそのまま三つ編みにしてもらっても

構いません。

次に、おおよそ三等分になるように髪の毛を分けます。

あとはもう簡単です。三等分にした両脇の髪の毛を手に取り、

真ん中の髪の毛を交互に巻き込んでいくだけです。

真ん中を軸に巻き込んでいくというイメージと完成イメージが頭に浮かべば、

やりやすいはずです。

後は、髪の先端近くまで、真ん中の髪の毛を交互に巻き込んでいき、

少し毛先の髪の毛を残し、三つ編み終わりを手でしっかり押さえておき、

ゴムで結ぶだけです。

いかがでしょうか。あなたがお子様の場合も、簡単にできたのでは

ないでしょうか?

三つ編みをする方の髪の毛の長さや、量によっては多少難しく

感じる場合もあるかもしれませんが、基本の手の動きが分かりさえすれば

たくさん三つ編みを経験することで上達してくるはずですよ。

まとめ

これまでのやり方のコツと、実際に三つ編みをやってみていかがでした

でしょうか。

もし、あなたが親御さんで子供に三つ編みを教えようとしているのであれば

三つ編みのやり方のイメージと、三つ編みの完成イメージを子供に持たせると

いいでしょう。

子供は模倣がとても上手です。

何もイメージがないまま、やり方だけを教えても、難しいかもしれません。

大人にも言えることですが、人はどんなことも無意識にイメージに起こして

取りかかっていたりするものです。

初めてすることに、難しそうだな…と思ってしまうのは、

このイメージが持てていないことが原因でしょう。

経験がなく、難しそうに感じてしまっている場合もあるかもしれませんが、

イメージを自分で持てるようになるまでの、練習は必要です。

今回の三つ編みでは、紐で練習をし、イメージを膨らませ実際にチャレンジ

していただきました。

今はネット検索すれば、三つ編みの画像や、動画などたくさん出てくると思います。

しかし、人がしているものを見るだけでは、いざ自分がやってみようとしたときに

あれ…どうだったっけ?とすぐ忘れてしまうものです。

動画を見ながらするというのも一つの方法ではありますが、

手元に集中できず、画面ばかりを見ると、やりにくいだけではなく

また次にするときにやり方を忘れてしまう可能性もあります。

紐の練習でイメージを膨らませてから実際にチャレンジする仕方は、

原始的だと思う方もいるかもしれませんが、1回で三つ編みを習得する

近道だと思って、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました