知らないと逆効果に!?別れる時の手紙で押さえておきたいポイント

別れるときに手紙で伝えるべき内容や別れるタイミングは?

別れるときに注意したいときや直接言葉で言えないときは手紙で伝えましょう。

別れがくるタイミングや理由などについてわかりやすく紹介します。

別れる時期・タイミングがやってくるのは普通のこと

パートナーに対しての飽きる、慣れから嫌に感じてしまう状態です。

付き合ったばかりのドキドキがなくなり、一緒にいることが 当たり前になるため、刺激がないと感じたり気持ちが冷めるなどになります。

恋人同士だけでなく、夫婦の場合にも同様に訪れると言われる倦怠期。

夫婦は、恋人以上に一緒に過ごす時間が長いため、新鮮味がなくなり、相手の嫌なところが目につきやすい。

放置しておくと別れる可能性がある

倦怠期から別れてしまうカップルも珍しくありません。

一緒にいてもつまらないと感じる、些細なケンカから すれ違いが生じ、ちょっとしたことで別れてしまうことも。

一時的な感情に動かされると、後から後悔してしまうかも…。

感情的になる前に冷静に考える必要があり、相手との思い出を振り返ったり、相手の優しさを思い出すようにし、 感情だけで別れを選ばない。

倦怠期の時期はいつ?

3ヶ月

付き合って3ヶ月目の時期は、付き合い始めから抱いていた「何か違う」という 違和感が、徐々に不満に変わる時期と言われています。

100%完璧な人なんていないため生まれ育った環境が違えば、多少の感覚のズレも出てきます。 相手に対し「何か違う」と思った時は、我慢せず気になることをはっきりと伝えましょう。

違和感を抱いたまま付き合っていると相手との居心地が悪くなります。

半年

付き合って半年の時期は、辛抱強いとされる女性は溜め込んだ不満が爆発する時期です。

 3ヶ月の時期よりさらにお互いを知ると、小さいことで 感情的になり、ケンカに発展するケースも多い。

不満はそのままにせず話し合ったり、お互いに歩み寄るための妥協策、対策を考えることも大切です。 どちらが悪いとけなし合うのではなく、相手に対する 思いやりを持つことが重要。

1年

付き合って1年が経てば相手との関係に落ち着く時期。

争い事も無く平穏な日々…が逆にマンネリ化を生むことも。

失ってしまった刺激を取り戻すには、普段しないようなこと にトライしてみるのも良いでしょう。

例えば、相手へサプライズの計画だったり、定番化した デートの内容を見直してみましょう。

3~4年目

ここまできたらもう大丈夫と思われがちな時期。

そんな時期こそ倦怠期に陥りやすいが、付き合って3年以上一緒にいると、相手との関係が当たり前 になるのはもちろん、安定しているからこそ、相手への感情が 本当に恋愛感情なのか?ただの情ではないのか?そんな 不安を感じてしまうのです。

カップルから”家族”のような感覚に変わってしまうのは 仕方のないこと…なのでしょうか? 相手への気持ちを確かめるには、時々一人の時間を持つこと もポイントになってきます。 一人で過ごしてみて初めて、相手の大切さに気づくこともあります。

倦怠期はいつまで続く?

倦怠期の期間は当然カップルによって違うため、短くて 1ヶ月で終わるカップルもいれば、長くて1年以上かかるというカップルもいます。

倦怠期を早く終わらせたい時は、「相手のせい!」と 思わずに、冷静に振り返って自分が変わる努力をしてみることが大事です。

倦怠期の原因とは?

自分磨きしなくなる

これは男女ともに言えることで、彼氏・彼女ではなく「夫婦」のような関係になることから 生まれてしまう”怠け”です。

気を抜いていても「誰も見てないし」と、常にすっぴんで過ごす、スウェットやジャージ姿でいても恥じらいを感じなくなってしまったらダメです!

相手がいるのに身だしなみがだらしなくなったら、異性といる感覚が所帯じみたものに変わってしまっている可能性があります。

デートや外食が同じパターン

付き合いが長くなると二人でどこかに出掛けるにしても いつも同じ場所…そんなことありませんか?

それは心のどこかで「ここでいいでしょ」と手抜きをして いるからかもしれません。

付き合い始めの頃は、一緒に行きたい場所がたくさんあった はず。デートの度に趣向を凝らして楽しめていたと思います。

いつの間にか「またここ?」「もう行きたくないな…」なんて 考え始めてしまったら、危険信号!

「忙しい」を理由にすれ違い

大好きな相手とだったら、どんなに忙しくても、疲れていても 会いたい! …そんな気持ちも、慣れと共に薄れてしまっていませんか?

「忙しいからいいや」「疲れてるから今日はやめよう」 そんなことが積み重なり、気づけば二人の間に溝ができます。

結婚を意識しすぎている

結婚適齢期は、20代後半~30代のカップルに多いです。

お互いに結婚を意識するものの、なかなか思い通りに進まない、焦りが先走ってしまったり…。

特に女性は、彼からのプロポーズを待っているが、彼のマイペースな行動に嫌気がさすということも。

男性も彼女に結婚を急かされることで余計にプロポーズのタイミングを逃す…という悪循環を生みます。

結婚ばかりを意識しすぎて、目の前にある幸せに気づかない。

倦怠期が悪いことだと思い込んでいる

相手との関係が上手くいかず、倦怠期真っ只中で、「倦怠期をどうにかしなくては!」 そう考えてしまうケースです。

倦怠期が無ければ悩みは少ないかもしれませんが、倦怠期を「悪い時期」と考えるか、「通過点」と 捉えるかによって、これからの二人の関係は大きく変わってくるもの。

「相手のことを本当に好きか分からない…、好きか分からない」と「嫌い」は大きく違います。

今の感情は”慣れ”なのかを自分の気持ちに素直になって考えてみる必要がある。

別れる理由は正直に書く?当たり障りない理由にすべき?

他に好きな人ができた」はNG

「他に好きな人ができたから」と言って、別れを切り出したことがある人は少なくないと思う。

事実でも言われた側からすると、捨てられた!という劣等感を抱くとともに、”新たに好きになった相手”への嫉妬心がうまれる可能性があります。

感情がこじれてしまい、別れ話に素直に応じるのが難しくなるため、「あなたのことが好きじゃなくなった」と伝えましょう。

長々と書かない

誠実に対応しようとするあまり、長々と文章を書かない方がいいですよ。

まだ自分に気持ちがあるのでは?と期待を持たせてしまうことにつながり、別れにくくなる可能性があります。

今まで時を共にしてきた相手への感謝して、ささっと終わらせましょう。

まとめ

今まで付き合っていた人と別れるときは、何も言わずに出ていくよりも置き手紙をおいていきましょう。

最近はスマホでメッセージを送る人や突然連絡が途切れる人など様々な人がいますが相手に感謝の気持ちを伝えて別れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク