片思いからのさりげないデートの誘い方!女からでも大丈夫【高校生編】

あなたは今、恋をしていますか?

片思いで悩んでいる…という方もいるかもしれませんね。

気になる相手ができたけど、どうしたらいいか分からない…と

悩んでいるところでしょうか。

気になる男性の方から、遊びに誘ってくれると嬉しいけど、

それが無ければ、何の進展もないかもしれませんよね。

自分からは、デートに誘いにくいし…と躊躇もしますよね。

あなたが女性で、相手が男性なら尚更かと思います。

でも、女性からの誘いが嬉しいという男性も多いはずです。

そこで今回は、女性の方から相手をデートに誘う際に

気を付けた方がいいポイント等をお伝えしていきます。

あなたが、女子高生であると仮定してお話していきますね。

まず、誘うための手段ですが、今は高校生もスマホを持っている

時代ですよね。

おそらく、あなたも普段使いこなしているのではないでしょうか。

そこで、一番便利なのは、無料連絡アプリのlineを連絡手段に

する方法です。

一番、気軽に相手を誘える手段ですよね。

もしかしたら、女性が積極的に誘うのを嫌がる男性もいるかも

しれません。

そういった相手の場合でも、lineであれば、さりげなさも出せますし、

場合によっては積極的な文章を送ることも可能です。

どちらにも対応できるlineというツールを上手く活用してみてくださいね。

では、実際にどんな文章だと相手に好感を持ってもらえる

でしょうか。

それは、相手のことを考えた文章を送ることです。

つまりは、自分よがりにならず、相手の都合や気持ちを汲んだ

文章ということになります。

これを聞くと、難しそう…と思った方もいるかもしれませんね。

でもそんなことはありません。

あなたの素直な相手を想う気持ちが伝わる文章にすれば

いいのですよ。

ようは、堅くなりすぎず、相手が身構えないで済む文章であれば

いいのです。

文章の構成としては、まず挨拶に始まり、次に相手を気遣った文章、

そして自分の要件、最後にお礼といった流れで考えるといいかも

しれません。

一番気を付けてほしいのは、自分の要件のところですね。

文章によっては、自分勝手な人だな…と相手に思われてしまう

可能性があります。

実際に、あなたが自分勝手な人ではないにも関わらず、そのように

相手に伝わってしまうのは悲しいですよね。

相手への思いやりが伝わる言葉を選ぶよう気を付けてくださいね。

あなたからデートに誘い、無事に初めてデートに

行くことができれば、次またデートに誘いたいですよね。

以下に、またあなたから2回目のデートに誘う際の

メリットをお伝えしていきます。

デートの誘い方line編:実は女からのお誘いがベストな2回目

初めてのデートの誘いが成功して、少し自信がつきますよね。

しかも、2回目のデートの誘いも、実は女性からの方が

ベストであったりします。

なぜなら、相手に好意を持っているというのが自然と伝わりやすく

なるからです。

1回目は、女性から誘ってくれたけど、次はどうしよう…と

男性の方も悩んでいるかもしれません。

流れとしては、交互に誘い合う方がいい気がするかもしれませんが、

交互に誘い合うのは駆け引き期間がダラダラと続くことになる可能性が

あります。

お互い探り合いの心情では、どことなくギクシャクする結果を

招くこともあり得ます。

そうならないためにも、連続して誘うことで、相手は自分に好意を

持ってくれているのかも!と相手側の自信につながりますよ。

2回目も無事に自分から誘うことに成功し、じゃあ3回目は相手から

来るかな…と期待に胸を膨らませるかもしれませんね。

しかし、相手も人間です。

そうなかなか上手くいかないのも現状かもしれませんね。

以下に、3回目も自分からデートに誘うことになってしまった場合

気を付けたいことを伝えていきます。

デートの誘い方line編:彼からお誘いがない時は女からでもアリな3回目

あなたは、今lineで3回目のデートの誘いをするか、しないか

迷っているかもしれませんね。

なかなか相手からも誘いがないし、脈がないのかなと落ち込んで

いませんか?

でも、そんな落ち込む必要はないですよ。

3回目も自分から誘っても全然いいのです。

自分からばかりだと嫌われるかもと、色んなことを考えがちですが

これまでもデートをしてきた相手が、3回目は急に断るということは

考えにくいものです。

よっぽどこれまでに何かあったということでなければ、相手も慎重派

なのかもしれません。

こればっかりは、相手の性格にもよりますし、実際のところは

本人にしか分からないことですよね。

なので、待っているだけでは、進まない可能性もあるので、

もし相手から誘いがなかなかなければ、自分から3回目も

誘ってみてください。

その際気を付けなければならないのは、なぜ誘いがないのかを

相手に問うような内容を含まないことです。

気になる部分かもしれませんが、聞かないのが賢明です。

それを聞かないことで、逆に相手に好印象をもたらすはずです。

他に気を付けなければいけない点は、2回目までの誘い方と

同様ですので、気を張らずに相手が乗りやすい文章にするのを

心掛けたいですね。

まとめ

これまで、デートの誘い方や、自分から3回もデートに誘っても

いいものなのかをお伝えしていきました。

また、lineというツールは便利ですが、文章ひとつで相手がどう

捉えるかが変わってくるのも事実で、少しは慎重に文章を考える

ということも必要かもしれません。

しかしながら、人は対面でのコミュニケーションを重視する

生き物です。

たとえlineで文章の言葉選びを失敗したとしても

直接会ったときに、実際の言葉で説明すれば誤解を解くことも

可能です。

よって、lineがすべてではないので、少し気楽に、楽しく

相手をデートに誘うことができるといいですよね。

また、高校生という年頃は難しい年代ですし、どうしても素直に

なれないということも、もしかしたらあるかもしれませんね。

しかし、どんな年代でも、女性からデートに誘われることを

嫌に思う男性は少ないかと思います。

やはり、人から想われるというのは嬉しいものですよ。

自分に自信を持って、相手を思いやったデートのお誘いが

できるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク