身体

前髪伸ばしかけでも仕事に支障がないまとめ方!

目安時間 11分
  • コピーしました

前髪伸ばしかけでも簡単にできるアレンジ方法があります。

前髪伸ばしかけで仕事をしていてもできるアレンジ方法が知りたいですよね?

前髪伸ばしかけでもアレンジできるやり方や40歳でも簡単にはできる前髪アレンジについて紹介します。

 

前髪伸ばしかけも楽しもう☆アレンジの仕方教えます!

 

ピンがあればできるシースルーバング

今風の髪型になります。

  1. 額がまんべんなく透けるように、全体的に前髪を間引くイメージでつまみ上げます。
  2. 鏡を見ながら量を調整します。
  3. 少しずつ前髪をつまみながらワックスで束をつくり、額の透け感を長時間キープできますよ。

 

センター分けスタイル

知的で上品なセンターパート。

  1. 前髪を半分に分け、分け目を前から後ろへ指でジグザグとくずします。あえて左右非対称に分けるとこなれ感がさらにアップ。

 

  1. ハードタイプのワックスを前髪になじませて固定します。ハネやすい髪の場合は、ねじるようにしてつけます。

 

曲線に流してやわらかく

清楚で可憐な印象に。

髪全体を8:2の割合でざっくり分け、量が多いほうの前髪を深めに取って、たゆませながら曲線を作ってピンで留めます。

 

片手でピンを押さえつつ、もう片方の手で前髪を引き出しながら丸みを作ります。短い前髪はキープスプレーでしっかり固定しましょう。

 

かきあげバング

前髪ハーフ残しでセクシー&上品に

  1. 最大のポイントである無造作な毛流れを作るために、コームではなく手ぐしで前髪〜トップを思いきりかきあげてざっくりとラフに分けましょう。

 

  1. 前髪が額に落ちてこないよう、ハードワックスをつけて毛流れに沿わせます。トップがぺたんとなる場合はキープスプレーで固定を。

 

前髪ハーフ残しでセクシー&上品に

  1. 手ぐしで前髪をラフに半分に分け、片方だけ上げます。残した方の毛流れに沿うようにして上げるとナチュラルなスタイルに。

 

  1. 1ヶ所にまとめて留めると毛束の存在感が強すぎるので、2〜3ヶ所に分けて少量ずつ留めると自然な印象に。

 

  1. 残した方の前髪は、パサッと落としただけではそっけないので、ハードワックスで毛先に流れるような動きをつけます。

 

トリプルミニポンパドール

 

  1. ポイントは、前髪・前髪・トップの取る毛束の位置をずらすこと。こうすることで立体感のあるポンパドールに。

 

  1. 全部の毛束をまっすぐ上に上げると単調になるので、[1]と[3]の両サイドの毛束はつむじに向かって斜めに上げるようにします。

 

  1. ピンを押さえながら髪を引き出します。やりすぎかも? というくらい大胆に引き出してOK! 動きが出て上級者風の仕上がりになりますよ。

 

トリプルミニポンパドール

 

横から見ても目を引くスタイル。

 

  1. 前髪全体を上げ、トップで結んでポンパドールにします。次の工程で髪を引き出すため、きつめに結んでしっかり固定させましょう。

 

  1. 結び目を指で押さえながら、髪を上につまみ出します。量が少ないとボリューム不足になるので大胆に引き出して。

 

  1. 顔まわりの髪を少量残して、ポンパの毛先ごと全体をまとめて結びます。サイドの髪も引き出して耳にゆるくかぶせましょう。

 

ねじり巻き込みで上級者風ひとつ結びに

  1. 半分に分けた前髪を、片方ずつ毛先までねじります。そのままサイドの髪を巻き込みながらねじり続けましょう。

 

  1. 耳裏までねじったら、もう片方の手で毛束から耳前の髪を少し引き出すと、正面から見たときにニュアンスが出ていい感じに。

 

  1. ピンは3本ほど使って左右から挿し、ねじりをしっかり固定します。全体をひとつにまとめたら結び目にスカーフを巻いて完成!

 

大胆に分けて知的な雰囲気に

  1. つむじ~片側の眉尻あたりに向けて指でざっくりと9:1の分け目をつくります。両サイドの髪はボリュームを押さえ、耳にかけてタイトに。

 

  1. 内側からコームを入れ、軽く逆毛を立てます。逆毛でつくった空気感をつぶさないよう丸みをつけながら分けて、逆側の耳にかけます。こうすると短い毛もしっかりまとまります。

 

軽やかな動きをつくってクリーンなスタイル

 

  1. 前髪の毛先から中間にかけてアイロンで巻き、ニュアンスを出します。垂直に巻くのではなく、斜め25度くらいに角度をつけながら、数秒ホールドして流したい方向にスッとアイロンを抜きましょう。

 

  1. 軽やかな動きをつくってクリーンなスタイル

 

  1. 両手の指先に少量のハードワックスをつけ、トップ部分に軽くもみ込みます。立ち上がりをつくりながら、前髪を斜めに流して動きをホールド。※ワックスはつけすぎると重くなるので注意。

 

ねじり留めで簡単にイメチェン

 

  1. フロントは、指を使ってジグザグのランダム分けに。こなれ感が出るだけでなく、トップのぺたんこ感が解消されてバランスよくまとまります。

 

  1. 分け目のすぐ横の毛束を取り、後ろ向きにねじりながらこめかみの延長線上あたりでピンで留めます。逆側も同様にし、ねじった部分の髪をつまみ出してくずしましょう。

 

前髪伸ばしかけで困ってる方朗報です!40代でも真似できるアレンジ術

 

前髪を下ろして目力強化

作り方

  1. 流す方向とは逆側へブローします。前髪の根元に水スプレーかブロー用ローションを吹きかけて濡らしてからスタート。ロールブラシを前髪の内側から入れ、流したい方向とは反対側へ向けて内巻きブローしてカーラーで巻いても大丈夫。

 

根元が起き上がってふんわりとした前髪になります。

 

手ぐしで流して整える

根元のふんわり感をつぶさないようにサイドへ流す。

指先にほんの少量ワックスをつけて毛束をスリスリしながら整えて。セット力のあるワックス、バーム系がおすすめ。指先で毛束をつまんで束感をつくるのがコツ。

 

 

眉下のおろし前髪はアレンジ力もあり、ざっくりとセンターで分ける、立体感を出したり、タイトに斜めに流したりとその日の気分やファッションに合わせて変化を楽しみましょう。

 

眉上ふんわり前髪でリフトアップ

  1. カーラーで毛先に動きをつけます。マジックカーラーを前髪の根元から入れ、毛先にむかってすーっと移動。
  2. カーラーで前髪をとかす感覚です。そのまま毛先を巻きこみます。数分放置しておくだけなので手間いらず。早く形づけたいときはドライヤーで熱を加えて。

 

白髪対策にも!曖昧な分け目&ハイライトでなじませて

細かいハイライトを入れておくと白髪が生えてきても、自然となじんでくれるのでおすすめ。

 

  1. 前髪をふんわりさせるにはマジックカーラーがおすすめ。前髪を集め、分け目に寄せてカーラーに巻きつけます。
  2. 根元は流したい方向とは逆に向けるのがポイント。5分くらいしたら外して手ぐしで前髪を流します。ツヤの出るワックスを少量なじませて整えれば完成です。

 

 

 

根元から立ち上げるコツはジグザグ分け目

 

  1. 髪を後ろにかきあげふんわりとさせておきます。髪がペタッとしていると分けにくいのです。

 

  1. 指先を頭皮にあて、ジグザグと線を描くようにして分けます。つむじあたりまできたら髪をすくって左右に分ける。

 

  1. コームを使って分けても。コームを使う場合も持ち手の先を頭皮に密着させてジグザグと描くのがコツ。

 

前髪は流したい方向と逆に巻くのがコツ!

左へ流れるように仕上げます。トップから長い毛束がかぶさるWバングです。

 

  1. カーラーを2個用意。2段に分けて巻きます。このとき、斜めにとり分けるのがポイントです。
  2. 流したい方向とは逆に巻きつけ、数分放置しておけばクセづけできますが、忙しい朝はドライヤーの温風をあて、最後に冷風をあてると短時間でクセづけできます。
  3. カーラーをはずしたら流したい方向へコームで毛流れを整えます。おさえすぎないよう注意して。

 

髪全体につけたワックスやバームの残りを前髪にもつけて束感をつくります。指先に残ったほんの少量で大丈夫です。

 

まとめ

 

伸ばしかけの前髪をどうしたらいいのか悩みますよね?

伸ばしかけの前髪をアレンジする方法は色々あります。

編み込みをする、アイロンを使って前髪にパーマをかけるなどできますが、時間があるときに前髪アレンジを練習してみてはどうでしょうか?

  • コピーしました

   身体 

この記事に関連する記事一覧