やってみたいネイルの長さ出し‼スカルプとジェルの違いは?

スポンサーリンク
身体
It is an illustration of a woman who is nailed at a nail salon.

あなたは、日頃ネイルをされていますか?

ネイルをしている女性を、街中でもよく見かけますよね。

パッと目を引きますし、おしゃれに敏感な方はネイルを

取り入れている方も多いのかと思います。

ネイルにも色々なものがあって、普通にマニキュアを

べた塗りするものであったり、ジェルネイルのような

落ちにくいネイルであったりと、さまざまですよね。

この記事では、その中でも、ネイルの長さ出しをやって

みたいと思っている方に役立ちそうな情報をお伝えして

いこうと思います。

まず、ネイルの長さ出しをする方法として、スカルプや

ジェルなどがあります。

それぞれ、ご説明しますね。

スカルプとは、人工の爪のことで、硬く強度があるのが

特徴です。

施術料金は割と高いことが多いようですが、約3~4週間は

持つようです。

また、好きな長さで、ネイル長さ出しができるのもメリット

ですね。

次にジェルネイルです。

ジェルネイルとは、ジェルを塗って、専用のライトの光を当てる

ことで、光に反応しジェルが固まります。

わざわざ乾かす必要がなく、面倒もなくてとても便利です。

こちらも約3~4週間持ちます。

ジェルネイルには主に2つあって、ハードジェルとソフト

ジェルがあります。

ハードジェルは硬さが特徴で、オフするときは削る必要が

あります。

よって、削るときに自爪を傷つけてしまうリスクもあります。

一方、ソフトジェルは、柔軟性があり柔らかく、爪によく

フィットします。

こちらは溶剤で溶かしてオフします。

ジェルネイルでいう長さ出しは、デザイン目的で長さを出す

というよりも、爪が折れてしまったり、短くなってしまった

ときに、他の自爪と長さをそろえることを目的としているそう

です。

ネイル長さ出しとは!?プロが使う道具を紹介します♪

先ほどから、ネイル長さ出しという言葉を使っていますが

長さ出しとは何なのかお伝えしていきます。

ネイル長さ出しとは、自爪に長さを足すことをいいます。

このネイル長さ出しは基本プロにお任せする人が多いかと

思います。

しかし、セルフでもできなくはないようですよ。

それに、プロが使っている道具も手に入るようなので

自分でやってみることも可能です。

そこで、プロが使う道具をいくつかご紹介します。

一つ目は、「ネイルフォーム」というものです。

これは、長さを出す部分の土台となるシールです。

使い方は、自爪とフォームの間に、すき間ができないように

貼り合わせます。

そして、自爪にベースジェルを塗って、それがかたまったら、

自爪の先端部分から好きな長さと形にクリアジェルを塗って

さらにかためます。

何度か重ねてジェルを塗り続け、なじんだところでストップし、

爪の形を整え、削りカスなどをとったら完成です。

二つ目は、「チップ」です。

これは、取り付けさえすれば簡単に自爪を伸ばすことが

できます。

チップにグルーと言われる糊を塗って装着すると、すぐに

長い爪が完成します。

これらの道具はプロの方も使うようなので、自分でも

それらを使ってできる方法があると知っておくだけでも

いいですね。

他にも、グルーと言われる糊や、チップカッターなどの

材料が必要だったりもします。

自分に必要な道具を集めて、試してみるのもいいかも

しれませんね。

ネイル長さ出しにスカルプを使ってみた‼着け心地体験談☆

スカルプを使って長さ出しをしたことがある方もいるかも

しれませんが、これからやってみようかなという方のために、

スカルプの体験談をご紹介しようと思います。

ちなみに、ネイルサロンではアクリルスカルプチュアのことを

略してスカルプと表記していることが多いようです。

早速、アクリルスカルプチュアをサロンでやってみた感想を

探してみました。

口コミには、「硬くて丈夫だから長持ちした」、「初めて

してみたけど思った以上によかった!」という感想があり

ました。

お店によっても、施術の仕方や、施術時間など違うかと

思いますので、事前にどんな施術になるのか、お店の

ホームページを見るなどして確認してから行かれると

いいかもしれませんね。

まとめ

これまで、ネイル長さ出しのスカルプとジェルの違いや、

プロも使っている道具や、スカルプをやってみた口コミに

ついてご紹介してきました。

失敗したらどうしようとか、変になったらどうしようなど

気になってなかなかやってみることができないという人も

いるかと思います。

そういった場合は、プロに自分の希望や好きなデザインを

上手く伝えられるようにしておくのがいいかもしれません。

上手く伝えられなければ、あとから失敗したなと感じる可能性が

高くなります。

なので、事前に自分がしたいスカルプやジェルの画像などを

見つけておくのもいいですし、お店で見本を見させてもらって

こんな感じで!とイメージを相手に伝えることが大事ですね。

また、自分でするのが苦にならない方は、自分でやって

みるのも悪くありません。

色んな手段で、初めてのネイル長さ出しにチャレンジして

みてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました