【誰でも簡単】ドライブレコーダーの配線不要なものおすすめ5選

あなたは、ドライブレコーダーをつけていますか?

今は、録画機能があるものがほとんどで、ドライブ

レコーダーをつけておくと、何かあったときに安心ですよね。

ドライブレコーダーの録画のおかげで、それが証拠になる

ということもあります。

そんなドライブレコーダーですが、配線不要のものがあるのを

ご存じですか?

ドライブレコーダーをつけるときに、配線がないとラクで

いいですよね。

配線不要であれば、女性の方でも簡単につけることが

できます。

そこで、ドライブレコーダーの配線不要なものでおすすめの

5選をご紹介したいと思います。

一つ目は、「ドライブレコーダーcubecam-car」です。

こちらは、大容量バッテリーを搭載しているため、

長時間録画が可能です。

取り付けもとても簡単とのことです。

二つ目は、「フォルディア(Foldea) WKS489&WKS490」

こちらは、コンパクトで超軽量設定になっています。

別売りのアタッチメントをつければ、バイクや自転車にも

つけることが可能です。

三つ目は、「Sonyセンサー&赤外線暗視ライトJoyhouse

(black)」です。

付属の超強力吸盤を利用することで、数秒で簡単に

しっかりとドラレコをフロントガラスに取り付け

できます。

手間がかからず、取り付けがとても簡単です。

初心者でも問題なく取り付けることができますよ。

四つ目は、「SONY製センサー デュアルStarvis 」です。

こちらは、シガーソケットに差し込むケーブルだけが

ありますが、その他のコードなどはないようです。

また、本体を吸盤でフロントガラスに貼るだけなので

とても取り付けが簡単です。

五つ目は、「Crosstour 小型ドライブレコーダー 」です。

こちらは、コンパクトなデザインで、リアカメラとしても

利用可能です。

一体型となっており、取付けは簡単で本体を両面テープで

フロントガラスに貼るだけだそうですよ。

以上、簡単な取り付けが叶う5つのドライブレコーダーを

ご紹介しました。

気になるものはありましたでしょうか。

どれも簡単に取り付けが可能なので、女性でも安心ですね。

ドライブレコーダー:前後左右もOKなおすすめ商品2020

ドライブレコーダーには、前後左右の撮影や録画が可能な

ものも出ています。

そこで、おすすめの製品をご紹介しようと思います。

まずおすすめなのは、「コムテック HDR360GW ドライブ

レコーダー」です。

こちらの製品の特長は、何といっても360°のカメラで

前後左右全方位を録画できるというところです。

さらに、240°の広視野角で死角が限りなく少ないため、

危険な割り込みや幅寄せから、近距離にある信号まで

様々な情報を撮影することが可能です。

この製品を使用すれば、限りなく幅広い視野で録画ができる

ので安心ですよね。

次におすすめなのが「カーメイト DC5000 ドライブレコーダー」です。

こちらの特徴は、360°のレンズが2つも付いているということ

です。

よって、他方の映像を同時に録画することが可能です。

さらに、デュアルテック機能という前方をクリアに記録する機能が

搭載されており、ナンバープレートもはっきり記録することが

可能です。

最後におすすめなのが、「セイワ PDR750SV ドライブレコーダー」です。

こちらは、車内を含めた全方位を隙間なく撮影できるという特徴が

あります。

また、記録の表示の仕方も四画面にできたりと、便利な機能も

搭載されています。

ドライブレコーダーの取り付け費用はいくら?持ち込みでも大丈夫?

ドライブレコーダーをやはり業者に取り付けてほしいと

考える人もいるかと思います。

そういった場合に、ドライブレコーダーを店舗に持ち込むと

いくらぐらいの費用がかかるのか調べてみました。

結果として、以下のことが分かりました。

持ち込みの場合の取り付け費用(工賃)は、店舗購入の工賃の

約2〜3倍かかってしまうようです。

またディーラーや整備工場でも、ドライブレコーダーを

持ち込んだら取り付けをしてくれる場合がありますが、

取り付け工賃はかなり高額なようです。

よって、説明書を見ながら、自分で取り付けができそうで

あれば自分で頑張ってみた方が費用はかからずに済み

ますね。

まとめ

これまで、ドライブレコーダーの配線不要の簡単取り付けの

製品や、ドライブレコーダーで前後左右録画できるおすすめの

もの、さらにドライブレコーダーの持ち込み取り付けについて

ご紹介してきました。

ドライブレコーダーの取り付けが簡単なものも、ご紹介した

とおりたくさんあります。

自分でやるのは面倒だからと、はじめから持ち込み取り付けを

考えている方もいるかもしれませんが、もしかしたらとても

もったいないことかもしれませんよ。

もちろん、忙しさのあまり、取り付ける時間がどうしても

取れないという方もいるかと思います。

しかし、実際に自分で取り付けて見たら時間もそんなに

かからずにすぐ出来た!という結果になる可能性もあります。

こればっかりは、自分でやってみないと分からないですよね。

なので、はじめから取り付け依頼をするのではなくて、

ぜひ自分で一度やってみることをおすすめします。

自分でやると勉強にもなりますし、また同じような場面が

今後あれば役に立つこと間違いなしですよ。

ぜひ、ドライブレコーダーの取り付けを自分でトライ

してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク