住宅

知らなきゃ損?火災保険人気ランキングトップ5~戸建て編~

目安時間 11分
  • コピーしました

家を新築で建てる前に火災保険について調べる必要があります。

戸建てについて知らなきゃ損になる可能性があります。

火災保険について紹介します。

火災保険を色々な角度から比較!手にした一戸建てを守ろう

火災保険は火災だけじゃない

「火災保険」は、その名称から火災による損害のみをカバーするイメージが多いが、火災だけではなくさまざまな災害に対応しています。

落雷、破裂・爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災、水災、水濡れや、外部からの衝突・落下・飛来、集団行動による暴力行為、盗難などがあります。

また、「建物」に加えて「家財」を補償対象にでき、建物のみ、家財のみ、建物+家財の3パターンを選ぶことができます。

  • 失火責任法を知っておきましょう。

火災保険に加入するときに「失火責任法」という法律があります。

これは、失火によって他人の家を延焼させても、失火者に重大な過失がなければ損害賠償責任を負わなくてよい」そうです。

  • 地震に備えたいとき

補償範囲が幅広い火災保険は、地震を原因とする損害は対象外となります。地震による損害は大規模になる可能性が高く、保険会社だけではカバーしきれません。

地震に備えたいときは、官民共同で運営する地震保険への加入が必要になります。

火災保険は、地震保険をオプションで付けることができるため、火災保険加入することを考えましょう。

火災保険料の相場? 

火災保険の保険料は相場はありません。

ただ、建物構造、所在地、補償内容などによって2万円台〜20万円以上(10年一括契約の場合)と差があります。

保険料の決め方

火災保険の保険料は、建物の構造、専有面積、所在地、補償内容、特約、保険期間、保険金額(補償限度額)で決まります。

建物の構造

鉄筋の家と木造の家とでは火災時の燃え広がり方が違うため、火災保険料も建物の構造が大きく影響します。

一戸建ては、コンクリート造や鉄骨造などのT構造(耐火構造)と、木造や土蔵造りなどのH構造(非耐火構造)に分類され、T構造のほうが保険料は安く設定されています。

ただし、木造であっても耐火建築物や準耐火建築物などはT構造に該当します。

専有面積

専有面積が広くなれば、保険料もそれに応じて高くなります。

所在地

災害リスクは地域によって違うため、自然災害が多い地域は保険料も高めに設定されています。台風が多い九州や沖縄エリアなどは、他の地域に比べて保険料が高いようです。

また、住宅が密集し災害被害が大きくなりそうな首都圏は、火災保険料も高額になりそうなイメージがありますが、消火施設が充実しているため意外にも低めなのが特徴です。

補償内容

どんな災害に備えるかは、保険料を決める重要なポイントです。

補償内容を手厚くすれば当然保険料も上がり、補償対象を建物だけにする、家財も含めるかによって料金が変わります。

特約

火災保険の多くには特約が設けられています。

日常生活で起きた事故によって損害賠償責任を負った際に補償を受けられる「個人賠償責任補償特約」、火事を起こして近隣住宅に被害を与えた際の補償「類焼損害補償特約」などをつけると保険料が高くなります。

保険期間

火災保険の契約期間は1年から最大10年までとなり、契約期間が長いほど保険料は割安になります。

保険料を安く押さえる方法は?

  • 補償内容を絞る

火災保険料を節約するには、補償内容を減らしましよう。

しかし、ただ減らすだけではなく必要な補償を見極めることです。

たとえば、近くに川や山がなく、台風での浸水や土砂崩れなどの被害を受けにくい場所であれば、「水災」の補償は外してもよいかもしれません。一方、自動車や自転車の往来が激しい道に建物が面している場合は、「外部からの衝突」の補償は検討したいところです。

特に個人賠償責任補償特約は、自動車保険やクレジットカードにもセットできる特約のため、2重加入になっていないか確認することが大切です。

また、地震保険は都道府県によって数万円の差があり、保険料も決して安いものではないため、節約を意識した場合は加入すべきか迷う人もいるかもしれません。

日本に住む以上、地震リスクは避けて通れないため、可能な限り加入しましょう。

地震保険には、免震建築物割引や耐震等級割引などの割引制度があり、公共性の高い保険のため税金控除の対象にもなり保険料を抑えることができます。

  • 保険期間を長期にする

火災保険は2年以上の契約から保険料の割引があります。そのため、節約を重視するなら最長保険期間である10年契約が最もお得です。保険会社にもよりますが、最大2割程度の割引が期待できます。

ただし、長期契約は保険料の一括払いが基本で、予算と相談しながら決めていきましょう。

結局何を重視したらいいの?火災保険の選び方~戸建て編~

火災保険の「一戸建て」を契約した口コミ

1位 ソニー損害保険72.71点

良い点

60代以上/男性

個々に内容を選択でき他の会社は、ある共通のものに入り、その上に個々の選択するものが多い。それだと要らないものには入ることになり結果的に保険料が高くなる。

40代/男性

インターネットを使用しての見積もりがやりやすく、申し込みから契約までがスムーズでコールセンターの対応も良かったです。

50代/女性

補償内容について、よくわからない点があったとき、サポートセンターの担当者がわかりやすく説明してくれて安心した。

50代/女性

必要な補償を選んで保険料を節約でき、細かく保険料を計算できること。新築で無くても加入できたこと。

20代/女性

とてもスムーズに加入できたし、商品の特徴などがわかりやすかったのであまり戸惑うことなく決定できた。

2位損保ジャパン日本興亜71.12点

良い点

60代以上/男性

強風により、屋根瓦の損傷がおき、保険の対象になるか連絡したところ、対象範囲であると回答をもらいました。

その後の手続きをこちらの負担もなくスムーズにしてもらい保険金も早く払い込まれた。

30代/女性

相見積もりの中で、質問にちゃんと答えてくれたコールセンター。補償の詳細と、各補償の保険料を見積もった保険会社各社は質問したが、答えられたのはここだけだったから。

60代以上/男性

加入したのは実家(現在住居者無し)でやっとライフプランナーが調べてくれて受け入れる会社が見つかり短期間で希望する契約が完了し、ほっと一安心です。

60代以上/女性

自宅は台風の通り道で台風の度に被害を受ける事が多いのでヒヤヒヤしています。保険金の請求は代理店の人が手続きの世話をして下さるので助かっています。

60代以上/男性

グループ会社割引制度もあり、保険料も割安で加入手続きもスムーズだったし、何より電話での問い合わせ等に対して、気持ちのいい対応をしてもらえた。

3位 三井住友海上火災保険70.49点

昨今の台風等の大風大雨で屋根やベランダなど破損したところが有り担当者に連絡を取ったところかなり早く見てくれて後は段取りよく直してくれました本当にありがたく思いました。

50代/男性

保険金請求を考えた時、保険会社に連絡してから速やかに担当者を割り当ててもらい、色々と相談にのってもらった。最終的には保険は使用しなかったが、対応は満足であった。

30代/女性

どの保険にしようか悩んでいたが、三井住友海上火災保険さんが一番保険内容や万が一起きてしまった時の対応を詳しく教えて下さり、決めました。

60代以上/男性

保険請求をしたことがまだないので、契約までの経緯しか感想はない。内容、説明、手続き、スピード等特に問題なくスムーズにいったこと。

60代以上/女性

大手の信頼できる会社で、加入手続きも簡単で完了までのスピードも思ったより早く済み補償内容も十分安心できる内容で満足。

4位 SBI損害保険         70.45点

基本プランに自分で必要なものを追加していく方法なので値段をおさえることができるし、もともとの保険料も割安。

40代/女性

ネットで申し込み出来るので、自分で見積をシュミレーション出来、価格も他社より安かったのが良かった。

50代/女性

ネットの評判で保険料が適正な所を選びました。以前入っていたところに比べ誠実で好感を持ちました。

60代以上/男性

同条件で他社より保険料が安かった。ネット申し込みができる。電話対応が良かった。

60代以上/女性

問い合わせに対してのフォローが一番良かった。その後の書類の対応もよかった

5位 セコム損害保険      70.44点

台風被害で業者がつかまらず、約一年ぐらい修理に時間がかかったが、定期的に見積もりを送るように手紙がきたりして「忘れられていない」と感じで心強かった。

30代/男性

昨年の台風21号により、自宅の屋根、壁に損傷を受けたが、手続きもシンプルで対応も早く、おかげさまでリフォームを円滑に実施でき、感謝しています。

50代/女性

マンションについていた保険は説明があまりなく料金が高いと感じていたのでセコムでお話を聞いたときに解りやすく料金が手頃で良かった。

40代/男性

住宅ローンと同時の契約だった。自分が銀行との手続き中に、妻が火災保険の手続き応対だった。時間効率の点で、助かった。

30代/男性

保険の窓口で、詳細な内容を聞いた。水害を補償内容から外せるなど、柔軟性があることで、保険料を安くすることができました。

まとめ

新築の家を建てるときは火災保険に入ることを検討しましよう。

火災保険には様々なオプションがあるためよく考えて料金プランを考えてましょう。

  • コピーしました

   住宅