住宅

もしもの時に助かる火災保険のおすすめは?戸建ての場合

目安時間 8分
  • コピーしました

火災保険のおすすめについて知りたくはないですかる

戸建てにぴったりな火災保険についてしっかり調べておすすめの保険に入りましょう。

戸建ての火災保険について紹介します。

何かがおこるその前に!火災保険のおすすめはこれ!?賃貸の場合

火災保険のおすすめ

  • セコム安心マイホーム保険(家庭総合保険)

大切なお住まいや家財を万が一の時にしっかり補償する家庭向けの火災保険です。

お客様のご要望に合わせて、補償を追加してさらに充実させる、必要な補償にしぼることもできます。

希望の補償範囲に合わせプランを選べ、「ワイドプラン」、「ベーシックプラン」、「スリムプラン」の3つのプランから選べます。

各種割引が充実しているため、ホームセキュリティ割引、オール電化住宅割引」、「長期年払割引」の各種割引を適用できます。

  • トータルアシスト住まいの保険

トータルアシスト住まいの保険は、火災や風災等の災害だけではなく、盗難や偶然な事故による破損等の日常災害からもお守りします。また、各種付帯サービス等で、日常生活もサポートします。

※「トータルアシスト住まいの保険」は住まいの保険および地震保険のペットネームです。

保険金の支払方法

保険金支払方法を統一して、全ての補償において「損害額」から「共通の免責金額(自己負担額)」を差し引いた金額をお支払いする方式(再取得価額・実損払)。

家財補償特約は分かりやすい口数方式

「1口100万円」し、お客様のご希望される支払限度額(保険金額)を口数で設定いただきます。事故が発生したら設定した支払限度額の範囲内で実際の損害額から免責金額(自己負担額)を差し引いて支払します。

住まいの選べるアシスト特約(火災・盗難時再発防止費用補償特約)

火災、落雷、破裂、爆発事故、盗難事故の再発防止策を選べます。

※1事故につき20万円が限度!

  • THE すまいの保険「個人用火災総合保険」

お客さまの生活環境やライフスタイルにあわせて、幅広い補償からピッタリのプランを選択でき、受取保険金の算出方法やご契約手続き、保険証券の「わかりやすさ」を追求した新しい火災保険です。

自然災害だけではなく身近な事故も補償します。

部屋の掃除中に誤ってドアや壁を壊してしまった、家から持っていったカメラを落として壊してしまった、自動車の車庫入れに失敗して、車庫を壊してしまったなども補償の対象に。

※補償の対象となるかどうかは、お選びのプランや特約によって違いがあります。

加入前に確認しましょう。

充実のサービスをすべてのプランで無料付帯!

「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」

日常生活やお住まいのトラブル等でお困りの際に、専門業者を手配しての応急処置や、お電話でのご相談等に対応するサービスが無料で利用できます。

1 総括契約に関する特約がセットされた契約の場合は、サービスの対象外となります。)

キャッシュレスで契約できます。

ご契約時に現金のご用意は必要ありません。

保険料は、保険口座振替・払込票(郵便局・コンビニエンスストア)・クレジッドカードにより選び契約時に現金を準備する必要なし。

  • ホームアシスト(家庭総合保険)

楽天ポイントが貯まる火災保険で、ホームアシストが、お住まいの補償から日常生活の補償まで、あなたの暮らしをお守りします。

※ポイント付与には一定の条件がございます。ポイントプログラムの詳細は楽天損保のホームページを確認ください。

※保険加入に伴うポイントの付与は、楽天エコシステムによる募集経費の削減効果等を楽天会員に還元する制度です。

楽天ポイントが貯まる火災保険

ホームアシストを楽天IDでペーパーレス申込いただくと、保険料1%分の楽天ポイントが付与されます!

※ポイント付与には一定の条件がございます。ポイントプログラムの詳細は楽天損保のホームページを確認しましょう。

充実の基本補償と選べるオプションもあります。

ホームアシストは、火災や風災・水災等の自然災害による損害はもちろん破損等の偶然な事故による損害で、お住まいのリスクを幅広く補償します。

お客さまのニーズに合わせて、ご予算に応じた補償内容を選択できます。また、お住まいの条件等により、納得の保険料設定ができます。

ホームアシストは、洪水ハザードマップを解析してお住まいの所在地の水災リスクに応じた保険料で契約できます。

※楽天損保のホームアシストは対象所在地の水災リスクにより保険料が異なる日本で初めての火災保険です。

水災の補償があるプランに記載している保険料は、選択された都道府県におけるもっとも低い水災リスク区分による試算となります。ご契約建物の所在地により保険料が違うため、問い合わせが必要!

  • ホームプロテクト総合保険

「居住用建物、家財」を対象とする火災保険です。

パソコンやスマートフォンで「専用Webサイト」にてお手続きいただいた場合に、5%のWeb申込割引を適用されます。

(※地震保険は除きます。)

万が一の損害の際は、新価(再調達価額)を基準に補償!

保険金は保険金額を限度に、新価(再調達価額)を基準に実際の損害額をお支払いいたします。

補償範囲は4パターンから選択可能!

「マンションの高層階だから水災の補償は不要かも」などお客さまのお住まいの状況やニーズにより選択可能な「4つのプラン」があります。

「専用Webサイト」で、Web申込割引5%を適用!※地震保険は除きます

<Webシステムの主なご利用条件>

・ 保険の対象は「居住用建物」と「家財」です。

・ 保険期間は2~10年です。家財のみをご契約の場合は2~5年です。

説明できなきゃまずい?!火災保険と地震保険の違い知ってますか?

火災保険は、各損害保険会社が行っている保険制度です。

そのため、会社ごとに独自のプランを定めてあるため注意が必要!

地震保険は政府が関与しており、いわば官民が一体となって行っている保険制度です。

そのため、補償内容や保険料はどの損害保険会社も一律で同じとなっています。

それは、大規模な地震が起きた時、被害額は巨額になるため、損害保険会社だけでは対応しきれなくなることが予想されます。

損害保険会社が負担する金額の上限を超えた場合は、政府が負担する仕組みになっています。地震保険に加入できる金額は、火災保険で設定した金額の30%から50%までと定められています。

また、都道府県は地震発生リスクによって1等地から4等地までランクが付けられており、地域によって保険料が違うことを知っておきましょう。

まとめ

火災保険はもしものときに役にたつ保証保険です。

新築の一戸建てを建てたら地震、火災保険など様々な自然災害が起きたときに保険に入っておくと保証を受けることができます。

  • コピーしました

   住宅