生活

相続税の非課税枠はいくらまで?2021年最新情報をチェック

目安時間 7分
  • コピーしました

相続税の非課税の計算方法や相続税非課税枠で生命保険を活用する際の落とし穴などに使ついてわかりやすく紹介します。

相続税の非課税の限度額の計算方法

相続が発生したときは、相続財産が一定の金額以下であれば相続税は一切かからない「非課税枠」というものがあります。

この枠は一般的に「相続税の基礎控除額」と言われます。

この額は、3,000万円+相続人の数×600万円=相続税の基礎控除額』で計算されます。

例えば、相続人が1名の場合は基礎控除額が3,600万円、相続人が4人の場合は5,400万円。

相続財産の価格が、基礎控除額以下の場合、相続税はかからず、基礎控除額以上の場合は相続税が発生します。

また、財産によって限度額はありますが非課税枠が設けられています。その限度額内であれば対象財産を相続税の算出から除外することが出来ます。

被相続人が生命保険に加入していたときは、支払われる保険金に対し非課税枠を適用することが出来ます。

『生命保険の非課税枠=500万円×相続人の数』を限度に実際に支払われた生命保険金を相続税の計算から差し引くことが出来ます。

例えば、相続人が1名の場合、非課税枠は500万円、相続人が4人の場合は2,000万円となり、2,000万円の限度額を超えた金額に課税されます。

なお、生命保険の契約形態によっては、非課税枠適用外の場合があります。よって契約者、被保険者、受取人はしっかり把握する必要があります。一見生命保険の様でも、調べてみたら非課税枠の適用がない名義保険のときもあります。

相続税非課税枠で生命保険を活用する際の落とし穴

相続税非課税枠は?

『3,000万円+相続人の数×600万円=相続税の基礎控除額』で計算されます。 

例えば、相続人が1名の場合は基礎控除額が3,600万円、相続人が4人の場合は5,400万円となります。 相続財産の価格が、基礎控除額以下の場合、相続税はかからず、基礎控除額以上の場合は相続税が発生します。

生命保険の契約者や保険金の受取人に応じて、課税される税金の種類が異なります。具体的には、被保険者と保険料の負担者(保険契約者)、および保険金受取人が誰であるかによって、「所得税、相続税、贈与税」のいずれかに分類されます。死亡保険金と課税関係について、表で確認しておきましょう。

被保険者 保険料の負担者 保険金受取人 税金の種類

A             B             B           所得税

A             A             B           相続税

A           B             C     

贈与税※死亡保険金を受け取ったときは国税庁になります。

たとえば、被保険者が父であり、保険料の負担者が母、受取人もまた母であった場合、税金の種類は「所得税」に分類されます。

また、被保険者が父であり、保険料の負担者も父、そして保険金の受取人が母の場合は「相続税」となります。

被保険者が父で、保険料の負担者が母、保険金の受取人が子の場合は「贈与税」になります。

所得税が課税される場合には、死亡保険金を「一時金」として受領したのか、それとも「年金」で取得したのかによって、取り扱いが異なります。

たとえば一時金として受領した場合には、受け取った保険金の総額から払い込んだ掛金の額を差し引き、さらに特別控除50万円を差し引いた金額の2分の1に課税されることとなります(他の一時所得がない場合)。

年金として受け取った場合には、公的年金等以外の雑所得として扱われるため、その金額に対応する払込保険料また掛金の額を差し引いた金額に課税されることになります。

少しややこしいのですが、どのような関係性になっているのかを理解し、さらには保険金を受領した状況についても精査するように心がけましょう。

死亡した本人以外が保険料を負担していたときは?

例えば夫が亡くなり妻が保険金を取得したが、保険料を長男が負担していた場合には、この保険金は「長男から妻への贈与」とみなされる。

保険金の非課税は相続税に限った特例であり、贈与税の場合には適用されない。かつ、贈与税は税率が相続税より高くなる上に、基礎控除の恩恵も受けられない。

また、1,500万円の保険金に対しては、40%の超過累進税率が適用され、475万円の贈与税が課される。

保険金受取人自身が保険料を負担していたとき

一時所得として所得税が課される。ただし相続や贈与の場合と異なり、受取保険金そのものに課税されるわけではなく、負担した保険料及び特別控除額50万円を差し引いた額に1/2を乗じた金額が課税対象金額とされる。

相続人以外が保険金を受け取ったとき

死亡保険金の非課税制度の適用を受けることができるのは、相続人に限られる。本来の相続人以外(例えば亡くなられた方に子供がいる場合、兄弟は相続人に該当しない)が保険金を受け取った場合には、恩恵は受けられない。

本来の相続人であっても、相続を放棄した場合には適用除外となるので注意が必要だ。

まとめ

相続税は自分以外の家族が生活に困らないために必要な財産です。

相続税を手続きするときは、専門家にきく、ネットで調べて相談して損をしないように注意が必要です。

  • コピーしました

   生活