仕事

テレワークとは?厚生労働省が推進‼詳しくはHP→

目安時間 10分
  • コピーしました

あなたの会社は、テレワークを導入していますか?

今年は、新型コロナウィルス感染症の影響によって

働き方を変えることが余儀なくされたかと思います。

今までは、会社に出勤して働くという働き方が主流で、

多くの企業がその働き方であったかと思います。

現在では、そうした今までの働き方が見直され、

テレワークを導入する企業が多くなり、テレワーク

という言葉もさらに浸透してきたように思います。

多くの方がテレワークの意味もご存じかと思いますが、

テレワークとは、簡単にいうと会社以外の場所で働く

ことを指します。

そんなテレワーク導入にあたっては、実は色々と準備が

必要になるのです。

そうした準備の時間が取れず、まだテレワークを導入

できていないという会社も少なからずあることでしょう。

そこで今回の記事では、テレワークを導入する際の手順

について詳しくご紹介していこうと思います。

また、厚生労働省のホームーページにテレワーク導入の

手順書も詳しく載っています。

こちらも合わせて確認してみてくださいね。

サイトはこちらです。

https://telework.mhlw.go.jp/

テレワーク導入の手順書‼ポイントを分かりやすく解説‼

早速、テレワークを導入するには、まず何から始めたら

いいのかを見ていきます。

まず、テレワークを導入する前に、そのテレワーク推進を

はかるためのプロジェクトチームを作ることが望ましい

ようです。

もちろん、中小企業などで人数の少ない会社でしたら、

そういったチームを組むことは難しいかと思いますが、

会社の人数が多くなれば多くなるほど、テレワークの

体制を整えるのは大変になるかと思いますので、こういった

チームが必要ですね。

そして、チームができたら以下のことを順に考える

必要があります。

厚生労働省によるテレワーク導入の手順書を参考に

ご説明していきますね。

一つ目は、「業務分析」です。

現在の業務時間や使用文書、システムなど、改めて

確認する必要があります。

二つ目は、「対象者を決める」ことです。

どういうことかと言うと、全従業員をテレワークの

対象とするわけにもいかない場合もあるかと思いますので、

その対象をどうするのか話し合いが必要です。

三つ目は、「テレワークの形態をどうするのか」

ということです。

例えば、在宅勤務にするのか、それとも別でオフィスを

設けるのか、またテレワークの日数は週に何日に

するのか等です。

四つ目は、「労務管理の見直し」です。

これは、今までの勤怠管理をどのようにするのか

変えなければならないのかを見直す必要がある

ということです。

五つ目は、「会社規定の整備」です。

経費や給与など、今までと同じとはいかない部分に

ついてどのようにするのかを検討しなければなりません。

六つ目は、「文書の電子化」です。

これは、どの文書を電子化にして、既存の紙ベースの

文書についてはどうするのか考える必要があるという

ことです。

以上、6つのテレワーク導入にあたって必要な手順を

ご紹介しました。

これらの検討を行った後に、テレワークの試行導入を

行い、問題点がないか確認して初めて、本格的な

テレワーク導入ができるまでに至ります。

テレワーク導入の仕方と助成金の使い方‼快適なテレワーク‼

先ほどは、テレワークの本格導入までの手順について

ご紹介しましたが、実際にテレワークをする際に必要な

ものも気になりますよね。

そこで、テレワーク導入に必要なツールについてご紹介

していきます。

必要なものは大きく5つに分けられるのですが、その種類

とは、リモートアクセスツール、コミュニケーションツール、

管理システム、ペーパーレス化ツール、安全なモバイル

テレワークツールに分けられるそうです。

難しそうに聞こえますが、単語を見るとだいたいどんな

ものか想像がつくものばかりかと思います。

ちょっと分かりにくいのかなと思うのは、ペーパーレス化

ツールや、安全なモバイルテレワークツールでしょうか。

ペーパーレス化ツールとは、文書を電子化して、それを

サーバー上の共有フォルダに保存し、社内で閲覧できる

ようにするシステムです。

また、スマートフォンやタブレットなどの端末は紛失が

一番怖いですよね。

そのリスクに対してセキュアブラウザというツールを

使うことで情報漏洩のリスクを減らすことができる

ようですよ。

そういった安全なモバイルテレワークツールが大事に

なってくるということですね。

テレワークの導入の仕方は、お分かりいただけたかと

思いますが、その際に助成金というものもあります!

ですが、現在はすべての助成金のコースの締め切りが

終わってしまっているようです。

詳しくは、はじめにご紹介した厚生労働省のテレワークに

関するサイトを確認してみてくださいね。

まとめ

     □■□■DMM.comいろいろレンタル!!■□■□     >>>>>>>今なら送料無料でレンタル!<<<<<<<     ブランドバッグ・デジカメ・アウトドア用品など    買うのはちょっと・・・高いしあまり使わないから買う前に試したい! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BSNNW+B7NWXE+26ZC+65U43 ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ┃ 6000点以上の商品の中から選べる、業界最大級の品揃え!!   ┃ ┃                                 ┃ ┃ネットで予約♪ → 【送料無料】で自宅に届く → ラクラク返却☆ ┃ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

これまで、テレワーク導入の手順やポイント、そして

テレワーク導入に必要なツールや助成金の現状に

ついてご紹介してきました。

上記のようなテレワークの導入の仕方を見ると、とても

大変だと感じたのではないでしょうか。

もしかしたら、テレワーク導入を見送りたくなったかも

しれませんね。

しかしテレワーク導入には、メリットもたくさんあります。

例えば、会社での光熱費や経費削減が実現できたり、

何より従業員が元気に働くことが叶うでしょう。

従業員あっての会社です。

大変なことかもしれませんが、何を重視しなければ

ならないかを、改めて考えてみるのもいいかもしれません。

テレワーク導入が無事に行えるといいですね。

  • コピーしました

   仕事