住宅

地震保険っていくらくらいかけるもの?相場を教えて!

目安時間 8分
  • コピーしました

地震保険はいくらくらいかかるのか相場を調べる必要があります。

地震保険が必要な理由、地震保険で補償される割合、地震保険はいくらぐらいかけたらいいのかなどについてわかりやすく説明します。

地震保険はなぜ必要?かけてないとどうなるの?

地震保険が必要な理由は?

地震保険は地震災害専用の保険で、地震だけではなく、噴火や地震による津波・火災、埋没または流失による被害まで補償します。

通常の火災保険は、地震を原因とする火災の損害、地震によって延焼・拡大した損害は補償されないため注意が必要!

地震保険は火災保険と一緒に加入する保険で、火災保険への加入を前提としていますので、地震保険単体では契約できないため、火災保険を契約しているときは、契約期間中であれば地震保険に加入できます。

地震保険の目的は、地震によって被災してしまった人たちの生活の安定です。

地震はその特徴から巨大なリスクを抱えているため、民間企業だけで地震保険制度を運営することは難しい!

政府が再保険を通じて介入することで、低廉な保険料で安定的に地震保険を提供しております。

政府が介入する保険であるから、地震保険は公共性が高く、保険料や補償内容は各社共通したものが設定されています。

また、地震保険を各社比較する必要はなく、前提として加入しなければならない火災保険、もしくは特約が検討のポイントです。

地震保険で補償される範囲は?

財務省のサイトによると、地震保険の補償範囲は決まっています。

・居住の用に供する建物および家財(生活用動産)。

 対象外です。

工場、事務所専用の建物など住居として使用されない建物、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝石・骨とう、通貨、有価証券(小切手、株券、商品券等)、預貯金証書、印紙、切手、自動車等。

・火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で地震保険の保険金額を決めることが可能です。ただし、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度です。

地震によって家の建て直しが必要になっても、最大で火災保険金額の50%しか補償されません。「これだけでは不安」という人は、「地震保険の上乗せ制度」で補完することをおすすめします。

地震保険の上乗せ制度は、民間保険会社が提供している地震損害に対する補償で地震保険では補償しきれない残りの50%の補償を提供する特約です。

例えば、ジェイアイ傷害火災の「地震+プラス」は、「地震危険等上乗せ特約」をセットすることで、地震保険の補償となる損害[注1]に対して、地震保険の保険金と同額(最大で地震保険金額の100%)を上乗せして受け取ることができます。

※最大で地震保険の50%とあわせて100%補償されます。

【地震保険】いくらかけるのが安心?

地震保険に加入している世帯は日本全国で3割にも満たないが、地震保険は火災保険とセットでなければ加入できない仕組みになっています。

火災保険に入らない世帯はほぼないが、地震保険を付帯すると総体として保険料が上がってしまう。

地震保険は火災保険にセットで契約する保険なので、まずは火災保険に入っていることが前提となります。そして地震保険で契約できる保険金額は、火災保険の保険金額の30~50%の範囲内と決められています。

火災保険の保険金額を、住宅を建て直せる金額にしていたとしても、地震保険にはその半分しか加入できません。

地震保険では住宅の建て直しはできません。

地震保険の保険金額には、建物は5,000万円、家財は1,000万円という上限があります。仮に2億円の豪邸でも、地震保険は、最高で5,000万円までしか加入できません。

地震保険の保険料は、建物の「構造」の違いと「所在地」の違いによって定められています。構造の違いは「燃えにくさの違い」です。

鉄筋などの燃えにくい構造の方が木造よりも保険料は安く、所在地の違いは、「地震の頻度の違い」だ。統計的に地震が起きやすい地域ほど保険料は高くなります。

基準に照らし合わせることで保険料は決められています。

財務省の情報によると、保険金額1000万円あたりにつき、東京や神奈川などの都心部では耐火構造で約2万円、非耐火構造で約3万円となっています。

比較的安い島根県や岡山県などの中国地方では、耐火構造で6500円、非耐火構造で約1万円は、非耐火構造の差があります。

シミュレーションとして、東京に5000万円の住居(非耐火構造)を購入しました。

そこで、地震保険の保険金も5000万円にしたと仮定すると、「東京かつ非耐火構造」の住居の場合、保険料は年間15万円くらいになります。

一方、同じ住宅価格・非耐火構造でも、中国地方ならば5万円で済む。

どんな住居を建てるか、購入するかによって、地震保険の保険料の相場観は大きく変わってきます。

地震保険に入っていた方が良い理由は?

地震の被害を補償する保険は地震保険だけ

一部の少額短期保険を除き、地震による建物や家財の被害を補償できるのは地震保険しかありません。損害の一部しか補償されないとはいえ、地震のリスクに備えるには、結局のところ地震保険しかありません。

被災したあとの生活のために必要

地震で建物が壊れて修理をしたり家財を買いかえたりすると、そのための費用が必要です。仮にすべての費用には足りなくても保険金が入ってくることはとても大切です。また建物が全壊してしまった場合は、仮設住宅で生活したり、まずは賃貸住宅などに入居して生活したりすることになると思いますが、その場合も引越し費用、家具などの購入費などがかかります。地震保険の保険金は、そういった資金に使うことができます。

住宅ローンの当面の返済資金にできる

まだ住宅ローンが残っている建物が全壊した場合、肝心な建物がなくなってローンだけが残るという最悪の結果になることもあります。その場合、地震保険の保険金でまとまったお金が入ってきたら、そのお金を住宅ローンの返済に使うこともできます。被災しながらの住宅ローン返済という大変な状況を軽減することができます。

地震保険は大震災で迅速に支払ってもらえる

東日本大震災や熊本地震では多くの方が被災されました。地震保険を申請する人も多くいましたが、日本損害保険協会や各損害保険会社の特別措置があり、地震保険の保険金は早期に支払いが行われました。 たとえば、熊本地震では地震発生から2ヶ月足らずの6月6日時点で、217,625件の事故受付に対して、調査完了が186,400件、保険金支払い完了が168,589件(保険金支払額は2,724億円)となっていました。

このように地震保険には、建物を建て替えられなくても、被災後の生活を立て直すための費用をまかなうという役割があります。

地震保険に入るべき理由は、地震で被災したときに生活再建費用を確保するためなのです。

まとめ

地震保険は一戸建てを建てている人は入った方がいいですが、地震がきたときに補償されるため、火事などは別の保険に入る必要があるため注意が必要です。

  • コピーしました

   住宅 

この記事に関連する記事一覧