離乳食の卵デビューはいつから?レシピや冷凍保存の方法は?

スポンサーリンク
子供

離乳食が始まって、そろそろ卵を食べさせようかと

悩まれていませんか?

卵はアレルギーの症状が出る場合も多く、子供にあげる

タイミングを迷いますよね。

そんな方のために、卵はいつから与えても大丈夫か、

また卵デビュー時のレシピや保存方法についてご紹介

していこうと思います。

【離乳食初期はまず卵黄から】栄養価の高い卵黄レシピ

まず、卵をあげるときは、卵黄からスタートします。

なぜなら、卵黄よりも白身の方が、アレルギー反応が

出やすいのです。

卵をあげる時期としては、生後5~6ヶ月ごろよりはじめます。

アレルギー反応を恐れて、遅くにスタートしようと考えて

しまいがちですが、厚生労働省が推進しているのも生後5~

6ヶ月ごろからなのです。

アレルギー予防の観点から言うと、離乳食期の早めから

卵黄をあげるほうがいいと考えられています。

ただし、早めにスタートしないといけないと思い込んでしまうと

まだあまり離乳食が進んでいない子供にもあげてしまうことに

なりますので、その子のペースに合わせてタイミングを考え

ましょう。

いざ、卵黄をあげ始めてみようとしたとしても、

どういったものを作ったらいいか分からないですよね。

そこでおすすめなのが、ホウレンソウのミモザサラダ風

というレシピです。

作り方としては、ホウレンソウを湯がいて、ペースト状に

します。

卵はゆで卵をつくり、白身に接していない卵黄の部分を

かきだして、先ほどのホウレンソウの上に乗せたら完成

です。

少し味付けとして出汁で、ホウレンソウをといてもいいです。

気を付けてほしいのは、ゆで卵が半熟の状態にならないように

することですね。

確実に卵の黄身に火が通っているのを確認してください。

また、卵の保存方法についてですが、卵黄は冷凍が可能です。

卵黄をミモザ状にほぐしてから小分けにして冷凍保存しましょう。

ただし、卵白は冷凍には向いていないので、覚えておいて

くださいね。

【離乳食の卵】最初はどれくらいの量から始める?

おかゆや、野菜の離乳食に慣れたころから卵を始めるのが

いいと言われているのですが、実際にどれくらいの量から

始めたらいいのか、迷ってしまいますよね。

卵黄の正しいスタートの量は、耳かき1杯の量なのです。

知らなかったという方もいるかもしれませんね。

かなり少量から卵黄はスタートします。

そして、様子を見ながら耳かき1杯から2杯と増やして

いきましょう。

最終的には、卵黄1個分以内の量をあげるまでになります。

卵黄が1個分食べられるようになったら、卵白部分を

少しずつスタートしていきます。

おそらく、卵黄1個分食べられるようになるのは、

個人差はありますが生後8ヶ月ごろでしょう。

その後、離乳食後期(生後9~11ヶ月ごろ)になると、

全卵のうち1/2個食べられるようになります。

これも個人差はありますので、全卵の1/2個ほど

食べられるようになる時期はあくまでも参考程度に

してみてください。

あまりにも、卵を食べるようになる時期のペースが

早すぎたり、遅すぎたりするのはよくありませんが

多少前後する分は、仕方ないことなのであまり悩みすぎず

進めていきましょう。

まとめ

これまで、離乳食で卵黄をスタートする時期やレシピ、

保存方法について、また適切な量についてお伝えして

きました。

知らなかった情報もあったかもしれませんね。

卵は特にアレルギーの症状も出やすいので、知識不足が

子供を危険にさらすことになってしまう可能性もあります。

よって、離乳食については何でも調べるようにしたほうが

いいですね。

どういったことを調べるかというと、いつ頃からあげてもいい

食材なのかどうかや、どれくらいの量が適切か、また保存は

できるのかどうかを調べるといいですね。

ひとつひとつ調べるのが大変という方は、離乳食の本に

一覧表になって、食材別で記載してくれているものも

あります。

わたしもそういった表を冷蔵庫に貼って、参考にして

いました。

表にまとまっているので、見やすくて便利ですし、

確認したいときもすぐに確かめることができるので

おすすめですよ。

ぜひ、いろんな離乳食の本も参考にしてみてくださいね。

また、離乳食をあげるうえで気を付けてほしいのが、

初めての食材をあげるときの日時です。

どういうことかと言うと、土日祝日や大型連休のときは

小児科がどこも開いていません。

もし何かあったときに、すぐに見てもらえるように、

初めてあげる食材を食べさせるときは、平日の午前中に

しましょう。

離乳食の二回食が始まると、夕方に二回目の食事を

与えるかと思います。

しかし、その二回目のときに初めての食材を与えてしまうと

何かあったときにすぐに小児科に行けない場合もあります。

よって、初めてのものは、なるべく平日の午前中にあげるように

したほうがいいでしょう。

育児をしていると、日時の感覚が分からなくなってしまいがち

なので、日頃から曜日を意識して過ごすようにするといいかも

しれません。

安心・安全に、子供がおいしく離乳食を食べられる環境を

作ってあげられるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました