離乳食のヨーグルトどれにする?市販のものの選び方

スポンサーリンク
子供

あなたのお子様は離乳食が始まりましたか?

おおよそ生後5か月ごろから離乳食を始める方も

多いかもしれませんね。

そんな離乳食の中でも、市販のヨーグルトを食べさせよう

としたときに、どれを選んだらいいかな?と迷われた経験は

ないでしょうか。

大人と同じものでいいのか、味がついていてもいいのかなど

分からないことも多いですよね。

そこで、この記事では、ヨーグルトの選び方や、ヨーグルトを

使ったレシピなどをご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

まず、離乳食でのヨーグルトの選び方で気をつけたいのが

無糖かどうかということです。

つまり、砂糖を使っていないもののことですね。

離乳食の時期は基本、味が付いていないものを選びます。

その理由としては、赤ちゃんの味覚はまだ完全に形成されて

おらず、離乳食期にいろんな味を覚えていきます。

よって、まずは素材の味から慣れさせるのが基本となります。

あと、無糖がいい理由として、糖分は肥満の原因にもなりますし、

虫歯の原因にもなり得ます。

そういったこともあるので、ぜひはじめは無糖のヨーグルトを

選ぶのをおすすめします。

他に気を付けたいのは、できるだけ食品添加物が入っていない

ヨーグルトを選ぶということです。

これは、表示を見ると分かるのですが、生乳や乳製品のみの

記載があるプレーンヨーグルトだと安心かと思いますよ。

離乳食中期から食べさせたいヨーグルトレシピ5選


先ほどお伝えした市販のヨーグルトを買ってみたけど、

そのままあげるだけではなく、何かアレンジをしてあげ

たいですよね。

そんなときに離乳食中期に食べさせたい役立つレシピを

5つご紹介したいと思います。

今回はクックパッドに掲載されているレシピを参考に

しましたので、気になる方はこちらもチェックされてみて

くださいね。

【離乳食中期】バナナヨーグルト by 市原市オッサくん
バナナの自然な甘みであかちゃんも食べやすいよ!

まず1つ目は、バナナヨーグルトです。

バナナとヨーグルトは王道な組み合わせですよね。

赤ちゃんもバナナは好きな場合が多いです。

作り方は、バナナを少しレンジでチンしてから、ペースト状に

なるまで潰していきます。

あとは、プレーンヨーグルトとまぜるだけでオッケーです。

2つ目は、きなこヨーグルトです。

こちらの作り方は、きなこをヨーグルトに混ぜるだけの

簡単なレシピです。

3つ目は、カボチャヨーグルト和えです。

こちらも簡単な作り方です。

カボチャをレンジでチンしてペースト状にします。

そしてプレーンヨーグルトと混ぜて、すりごまを少し入れたら

完成ですよ。

4つ目は、鮭とピーマンのヨーグルト和えです。

作り方は、鮭とピーマンはそれぞれ湯がいておきます。

それから鮭をほぐして、ピーマンも細かく刻んでおきます。

そしてプレーンヨーグルトと和えたら完成です。

最後に5つ目は、リンゴの角煮ヨーグルトです。

まず、リンゴの皮をむいて5ミリ角ぐらいの大きさに

切ります。

そして、リンゴと少しの水を入れてレンジで加熱します。

何度かこれを繰り返し、リンゴが適度な固さになるように

します。

適度な固さになったら、プレーンヨーグルトにリンゴを

添えて出来上がりです。

以上、5つのレシピをご紹介しました。

どれも簡単な作り方のものをピックアップしたので

気軽にやってみてもらえるものばかりかと思います。

離乳食中期から食べられるパン粥アレンジレシピ

また、先ほどの5つのレシピとは別に、パン粥のアレンジ

レシピも紹介してみたいと思います。

ご紹介したいのは、ニンジンのパン粥です。

作り方は、とっても簡単です!

にんじんを少量湯がきます。

食パンは耳をとり、ちぎります。

そこに加熱したニンジンと水を入れて600Wのレンジで

30秒ほど加熱します。

あとはスプーンで混ぜたら出来上がりです。

このレシピでは、ニンジンを使っていますが、カボチャや

バナナ、さつまいもなど色々な食材でも合うかと思います。

ぜひ、色んな食材を組み合わせてみてくださいね。

まとめ

これまで、離乳食のヨーグルトの選び方や、ヨーグルトを

使ったレシピ、パン粥を使ったレシピをお伝えしてきました。

レシピを見て気づかれたかと思いますが、どれもとても

簡単なんです!

しかも、野菜や果物を変えるだけで立派なアレンジに

なりますし、レパートリーも増えますよね。

この離乳食中期で大事なことは、色々な食材に触れる

ということなのです。

赤ちゃんは、初めてのものばかりで最初から全部食べてくれない

かもしれません。

しかし、食べないからといって、1回でその食材をやめて

しまうのはとてももったいないことです。

何回も食べているうちに、赤ちゃんが好むようになったり

どんどん食の好みも変化していきます。

もちろん、個人差はありますので、お子様の様子を見ながら

にはなりますが、すぐに食べないからとあげるのをやめるのでは

なく、色んなものを食べさせてあげていただきたいです。

ただ、注意が必要なのは、離乳食期では時期ごとに

食べられる食材と、まだやめておいた方がいい食材が

あります。

また食材の適した大きさや形も時期で異なります。

初めて使う食材は、その時期に適しているか、またアレルギーの

心配はないかなどを、必ず確認するようにしてくださいね。

お子様が楽しく、色んな食材を食べられるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました