車検証の再発行 ‼使用人の委任状を忘れずに‼

スポンサーリンク
車関係

あなたは、車検証を日頃どこに置いていますか?

ダッシュボードに入れていたと思っていたのに…と無くして

しまった経験がある人もいるかもしれませんね。

しかも、その車検証が親の名義の車であれば尚更焦ります

よね。

そこで、自分名義でない車検証の再発行をするときの注意点を

お伝えしていきます。

再発行はお店にしてもらう場合と自分でする場合とが

あります。

まず、お店にしてもらうという方が必要になるものは、

車の使用車の委任状です。

委任状には、使用者の認印の押印が必要です。

あとは、完全に車検証を紛失している場合は、使用者の

理由書が必要です。

もし、汚れや破損で車検証が手元にある場合は、その車検証を

もっていく必要があります。

次に、自分でやる場合に必要なものは、先ほどと同じで

使用者の委任状、理由書がいります。

それに加えて、申請者の身分証明書、手数料納付書、

申請書(第三号様式)が必要になります。

自分でやる場合は、運輸支局にて再発行の手続きを

行います。

運輸支局とは、車についているナンバーの管轄ごとに

設置されています。

そこで、以下に自分で車検証の再発行の手続きをする

場合の流れをお伝えしていきます。

車検証を紛失!?再発行ってできるの?

先ほど、お伝えしたように、再発行の手続きは自分で

することができます。

その際に必要になるものはお伝えしましたが、実際に

どういった流れで手続きをするのかを、今からお伝え

していきます。

まずは、先ほどの必要書類の準備をします。

書類が揃ったら、再発行にかかる費用を準備します。

運輸支局での再発行の費用は300円のようです。

そして、手続きを行う運輸支局の場所を確認しましょう。

運輸支局での手続きは、平日のみのようなので注意が

必要です。

これまでは、事前の準備です。

次に、当日の流れをお伝えします。

もし、事前準備で不足の用紙があった場合は、運輸支局の

窓口で配布を受けられるそうなので、足りない書類がある方は

先に窓口でもらいます。

配布してもらえるのは、手数料納付書と申請書(第3号様式)との

ことです。

必要書類が揃ったら、運輸支局内の印紙販売窓口で、

再交付申請手数料分(300円)の印紙を購入します。

そして、その購入した印紙を手数料納付書に貼ります。

そこまで終わったら、書類一式を運輸支局の窓口に提出

しましょう。

また、月末などの繁忙期はかなり並ぶようなので、

時間に余裕をもって行かれるといいですね。

教えて!車検証再発行に伴う理由書の書き方‼

運輸支局の窓口に提出するまでの流れはお伝えしましたが

提出書類の中にある、理由書の書き方が分からないという方も

いるかもしれません。

そもそも、理由書とはどういうものかというと、盗難・紛失等により

車検証やナンバープレートを返納出来ない場合に、その旨を記入

する書類のことです。

よって理由書には、紛失状況なども詳しく記入必要があります。

以下に、理由書の書き方を詳しくご紹介します。

主に記入する箇所は6か所あります。

1つ目は、管轄の運輸支局名の記載です。

○○運輸支局長殿という風に記入します。

2つ目は、登録番号・車台番号の記入です。

こちらは、車検証や自賠責保険証に記載されていますよ。

3つ目は、理由書提出の事由のどれかにチェックを入れます。

理由書にもともと書かれている項目は、ナンバープレートの

遺失・盗難等、自動車検査証の盗難・遺失等、軽自動車届出済証の

盗難・遺失等があります。

ここでは、自動車検査証の盗難・遺失等にチェックを入れることに

なります。

4つ目は、盗難の日付や届け出た警察署等を記入します。

盗難での紛失ではない場合は、空けていていいかと思います。

5つ目は、盗難・遺失等にあった状況を記入します。

こちらは、車検証が無くなったときの状況を詳しく記入する

必要があります。

6つ目は、車の所有者または使用者の住所・氏名の記入、

認印の押印が必要です。

これらを記入すれば大丈夫です。

もしどうしても書き方が分からない場合は、運輸支局にも

書き方が掲載されているようですよ。

まとめ

これまで、車検証の再発行はできるのか、また何が必要で

どうやって手続きをするのかをお伝えしてきました。

書類の準備等、面倒だなと感じたかもしれませんね。

しかし、車検証を無くしたままにしておくと後々困ることが

でてきます。

無くしたことが分かった時点で早めに動くようにしましょう。

特に、自分名義の車でないときは尚更ですよね。

車検証に限らず、後から何か起こったときに被害を

被るのは名義人になります。

そうならないためにも、きちんとした管理が必要ですね。

また、ダッシュボードに車検証を入れているという方も

多いかと思いますが、車検証は盗難被害にあうことも

あります。

よって、自宅などで自分が分かる場所に保管するというのも

ひとつの手かもしれません。

今後も、余計な手続きをしないで済むように、注意したい

ものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました