身体

蕁麻疹の改善なら温泉へ!泉質や入浴の方法も解説します

目安時間 16分
  • コピーしました

蕁麻疹が出るとツライですよね。

 

かゆみもともなうこともありますし、不快でしょう。

 

蕁麻疹は、割とすぐに跡も残らないぐらいに消えてなくなる

ことも多いですよね。

 

おそらく、これを経験したことがあるという方もいること

でしょう。

 

ですが、なかには蕁麻疹が長引いてしまうという場合もある

のが事実です。

 

その場合に、温泉って効くのかな?と気になる方もいるかも

しれませんね。

 

そこでこの記事では、蕁麻疹の改善に温泉は効果があるのか?

ということについてお伝えしていきたいと思います。

 

あわせて、蕁麻疹でも安心して使えるボディソープについても

ご紹介したいと思います。

 

今、蕁麻疹の改善に温泉は効果があるのか調べている方のお役に

立てますと幸いです。

 

 

蕁麻疹に熱いお風呂はNG


まずは、そもそも蕁麻疹とはどんなものなのか?という

ところから見ていきたいと思います。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://u-u.jp/4114

 

こちらのサイトよると、蕁麻疹とは激しいかゆみを

ともないながら、皮膚の一部に赤みのある盛り上がりが

でき、しばらくすると消える病気のことであるとわかり

ました。

 

また、蕁麻疹は、蚊に刺されたときのように小さい赤い

ふくらみが最初にあらわれることが多いそうです。

 

そして、だんだんと大きく広がり、全身のいたるところに

できたりするのです。

 

全身に広がってくるとびっくりしますし、蕁麻疹はやっかいな

ものだということがわかりますね。

 

そしてこの蕁麻疹の原因には様々なことが考えられています。

 

よくあるのは、アレルギー物質を食べたことによる蕁麻疹

なのだそうです。

 

他にも、ストレスなどが原因となっていることもあるようです。

 

さらに、蕁麻疹には種類があって、急性と慢性があります。

 

最初にお伝えしたように、少し時間が経ったら蕁麻疹が

おさまってくるのが急性のものになります。

 

そして、この急性の蕁麻疹を繰り返したりすることで、

慢性の蕁麻疹になることもあるようなのです。

 

そうなると、ほぼ毎日蕁麻疹があらわれたり、この症状が

1ヶ月以上も続いてしまうそうなのです。

 

しかも、この慢性の蕁麻疹の場合、原因が特定できない

ことが多いのです。

これは、かなりツライ状況と言えるでしょう。

 

そこで、頼みの綱になるのが「温泉」らしいのです!

 

慢性の蕁麻疹は、温泉に入ることで驚くほど改善することが

あるようなのです。

 

これは嬉しい情報ですよね。

 

また、蕁麻疹に効果的な温泉は2種類あるようです。

 

一つ目は、「硫黄泉」です。

 

この硫黄泉に含まれる硫化水素は、直接皮膚から吸収されて、

皮膚の血行を促してくれます。

 

そして、この硫化水素が皮膚に触れると、肌の性質が硫化

アルカリ性に変化するのだそうです。

 

このおかげで、皮膚自体が柔らかくなり、かゆみが消えて、

蕁麻疹の症状も和らいでくれるそうですよ。

 

二つ目は、「ミョウバン泉」です。

 

ミョウバン泉は、温泉から上がってからも、皮膚の温度を

高く保ってくれるという作用があります。

 

おかげで、皮膚の血行がよくなって蕁麻疹が治りやすく

なると言われているのです。

 

以上2つが、蕁麻疹に効果が期待できる温泉になります。

 

もともと温泉が好きな方も多いかと思いますし、上記のような

温泉に入ることで蕁麻疹が改善できるとわかると、さらに温泉を

利用ようと思うようになるかもしれませんね。

 

ただし、気を付けたい点もあります。

 

それは、あまり熱い温度の温泉に入らないということと、

熱くない温泉でも長時間の入浴は避けるということです。

 

あまりに熱い温泉や、家のお風呂に入ると、肌にも体にも

あまりよくありません。

 

蕁麻疹が悪化してしまう可能性もゼロではありません。

 

ですので、温泉に行って熱いなと感じたら短時間だけ入浴する

などして、意識しながら入浴するのがいいですね。

 

家のお風呂も同様に、温度や時間に気を付けることが大事に

なってきます。

 

 

蕁麻疹でも安心して使えるボディソープの種類


ここでは、蕁麻疹が出ているときでも安心して使える

ボディソープをご紹介したいと思います。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://noevirgroup.jp/nov/pages/body-soap.aspx

 

ボディソープに配合されている洗浄成分は大きくわけて、

「脂肪酸石けん」と「合成界面活性剤」の2種類があります。

 

蕁麻疹などの肌トラブルが起きやすい敏感肌の方には、

「脂肪酸石けん」の方がおすすめです。

 

脂肪酸石けんは、洗浄力が適度なので、洗浄成分が肌に残り

にくいというのが特徴です。

 

なので、肌が弱いという方は、こちらの方がいいようですね。

ボディソープを買うときには、ぜひ成分表示をチェック

してから、購入してみてくださいね。

 

 

まとめ


これまで、蕁麻疹の改善に温泉は効果があるのかどうか、

また熱いお風呂に長時間入るのはやめた方がいいということ、

そして蕁麻疹でも安心して使えるボディソープについて

ご紹介してきました。

 

蕁麻疹は、飲み薬や塗り薬などで治すものだと思っていた方も

多いのではないでしょうか。

 

でも、温泉も蕁麻疹に効果があるということがわかり、温泉に

行ってみようと思った方もいるかもいるかもしれませんね。

 

それで本当に蕁麻疹の症状が緩和されたら嬉しいですよね。

 

ただし、蕁麻疹の症状によっては、温泉でもうまく改善されない

場合もありますし、温泉に入ると絶対に治るというわけでもない

ようです。

 

あくまでも、温泉は蕁麻疹への効果が期待できることのひとつ

として、捉えるのがいいのかもしれませんね。

 

一度、かかりつけのお医者さんに、温泉に入ることは大丈夫か

どうか聞いてみてもいいかと思います。

 

色々試してみて、蕁麻疹が早く良くなるといいですね。

  • コピーしました

   身体 

この記事に関連する記事一覧