細かいけど大事?!お茶出しマナーでは茶たくをどうするのが正解か?

スポンサーリンク
生活

あなたは、お茶出しのマナーを知っていますか?

自宅での来客には、そこまでマナーを考えずに

お茶を出しているかと思いますが、会社での来客に

対してのお茶出しは、マナーに気をつけないといけない

ですよね。

そのときに、いくつかマナーがあるのですが、知らない人も

多いかと思います。

そこでこの記事では、お茶出しマナーについてお伝えして

いこうと思います。

まずは、基本的なマナーをおおまかにお伝えします。

お客様にお茶を出すときは、茶たくと茶わんを別々に

おぼんにのせて持って行きます。

そして、部屋の入口の近くにお盆を置き、そこで茶たくと

茶わんをセットにしてお客様の前に差し出します。

ざっくりした流れはこんな感じです。

茶たくと茶わんをはじめからセットにしないのが

正解ですね。

なぜかと言うと、茶たくを汚さないためです。

茶たくと茶わんを一緒にして運んでしまうと、中のお茶が

こぼれて茶たくが濡れてしまうかもしれません。

お茶がこぼれたままの状態でお客様にお出しするのは

失礼にあたりますよね。

また、なぜ入り口のあたりで一回おぼんを置くのか

というと、入り口のあたりは下座になるからです。

よって、下座にお盆をおき、そこで茶たくと茶わんを

セットにするのです。

ただ、入り口付近にお盆を置けるような台がない場合も

ありますよね。

そんなときは、お客様のテーブルでセットしても大丈夫ですが、

下座側のテーブルの端に置いてからセットするようにしましょう。

なぜ必要か知ってる?お茶出しマナーでのおかわりの重要性とは?

先ほどは、お茶出しの流れをお伝えしましたが、

おかわりを出すときのマナーとはどんなものでしょうか。

お茶のおかわりを出すときのマナーは、最初の茶わんを

下げてからおかわりを出すというものです。

部屋に入って、1杯目の茶わんをさげてから2杯目を

持っていくのがいいようですね。

また、最初のお茶がなくなったことに気づくことも

大切なマナーのひとつです。

話が長くなり、長い時間滞在することになるお客様も

います。

そのような場合は、やはりお茶は1杯では足りない

でしょう。

ずっと見ているのも失礼になりますので、定期的に様子を

伺うのがいいですね。

また、お茶が残っていても、ある程度の時間が経って

しまったものは、一度お茶を下げてから新しいものを

出すようにするといいですね。

お茶の出し方にも色々ある?!知らないと恥ずかしいマナーとは?

お茶の出し方にもマナーがあるのは知っていますか?

意外と知らなかったということもあるかもしれませんので

以下にいくつか知らないと恥ずかしいマナーについてお伝え

していきます。

まずは、「茶たくの木目の向き」についてです。

考えたことなかった!という方もいるかもしれませんね。

実は、お客様に対して、木目が平行に見えるように

置くのがマナーとなっています。

なぜかというと、木目がお客様に対して垂直になっていると、

木目がお客様に刺さっているかのようになり、失礼になって

しまうという理由からです。

次に、「冷たいお茶を出すときはコースターを使う」

ということです。

夏場は暑いお茶ではなく、お客様には冷たいお茶を

出すかと思います。

そのときは、グラスにお茶を注ぎますよね。

グラスを出すときには、コースターを使うのがいいでしょう。

茶たくにしてしまうと、茶たくに水滴が溜まってしまうので、

グラスを持った手が濡れる可能性があります。

よって、冷たい飲みものときは水を吸収してくれる

コースターがいいですね。

また、見栄えについても、グラスを使うときに茶たくを

使うと、少し違和感があるのであまりおすすめしません。

上記のことに気を付けることができれば、恥をかかなくて

済みそうですね。

まとめ

Japanese green tea with teapot on red cloth background.

これまで、お茶出しのマナーについてお伝えしてきました。

まだ学生でビジネスマナーを学んでいる最中であれば、

実体験がないので難しいですよね。

事務の仕事などに就けば、必ずといっていいほど来客対応が

ありますし、いざ来客対応しようとしても何も知らないと慌てて

しまいますよね。

なので、やはり事前に学んでおくことは大切かと思います。

でも、実際に会社がどんな部屋の構成になっているか、

給湯室はあるのかなど会社によってバラバラですね。

よって、ビジネスマナーを学んで、お茶出しのマナーを

完璧に身に付けたと思っていても、実際に働く会社では

勝手が違ったりと上手くいかないこともでてくるかと思います。

しかし、それで失敗したとしても落ち込む必要はありません。

人と人とのことなので、マニュアルどおりにはいかないものです。

失敗は仕方ないことなのです。

どこが悪かったかを、後から自分で分かることができれば

十分かと思います。

また、先輩のお茶の出し方を真似するというのもひとつの

方法ですね。

先輩は何十回、何百回とお茶出しをしているかと思います。

どこに気を付けたらいいか、お茶出しの流れを聞いてみたり、

実際に先輩がお茶出しをしている様子を見て学ぶのも

いいかもしれませんね。

基本的なマナーは身に付けておき、会社では臨機応変に

お茶出しができるようになるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました