紅茶に含まれるカフェイン、正しく理解できていますか?

スポンサーリンク
料理

紅茶にはどれくらいのカフェインが含まれているんでしょうか?

コーヒーと紅茶だったらどちらの方がカフェインの量が多いのか、

あまり良く分かりませんよね。

カフェインって摂り過ぎると体に悪い、

と聞きますから、紅茶を飲むときも気を付けたいところ。

ということで今回は、紅茶にはどれくらいカフェインが含まれているのか、

またカフェインがもたらす良い効果もあわせて紹介します。

紅茶に含まれるカフェイン量ってどのくらい?コーヒーとどっちが多い!?

紅茶100mlに対して、含まれているカフェインの量は約30㎎です。

一方コーヒーの場合は100ml中、

約60㎎もカフェインが含まれているんですよ!

ということは紅茶の方がカフェインの含有量が少ない、

ということになりますね。

でも、コーヒーは種類や淹れ方によって、

カフェインの量が変わってくるんですよ!

例えば濃く抽出されたエスプレッソなら、

カフェインの量はなんと100mlあたり280㎎!

これは確かにかなりカフェイン量が多いですよね。

ということで、コーヒーの方が結局はやっぱり、

カフェインの含有量がとても多い、ということが分かります。

もちろん紅茶も、茶葉の種類や抽出時間によって、

多少カフェイン量が前後するのですが、

だいたいは30㎎~45㎎が紅茶のカフェイン含有量、

つまりカフェインが含まれている量を考えていいいでしょう。

そのため、紅茶を飲むのでしたら、1日に3~4杯くらいでしたら、

紅茶を飲んでも構いませんよ。

ただしこれよりも多く紅茶を飲んでしまうと、

カフェインの過剰摂取になり、覚醒作用によって、

夜に寝つきが悪くなったり、興奮状態が続いたりすることも起ります。

そのため、カフェインはくれぐれも大量に摂取しないのが一番なんですね!

特にカフェインは、摂取し過ぎると、

肝臓の機能も弱らせてしまうことがあるので注意が必要。

でもあまり、1日に4杯以上も紅茶を飲むって、

なかなかないですよね。

でも紅茶好きな人なのでしたら、

1日に何杯も紅茶を飲む可能性があるので、

くれぐれも1日の目安摂取量を守るようにしましょう。

実は私も紅茶好きなので、紅茶の飲み過ぎには気を付けようと思いました。

やっぱりカフェインを摂取し過ぎると体に悪いですからね!

ちなみに、妊婦さんの場合は特に、

カフェインを摂取しない方がいいので、

くれぐれも紅茶やコーヒーを飲まないようにしましょう。

どうしても紅茶やコーヒーを飲みたい場合は、

カフェインレスの紅茶やコーヒーを選ぶと良いですよ!

私も寝る前はカフェインレスの紅茶を飲むことがあるんですが、

寝つきも悪くならないし、安心して飲めるのですごくおすすめです。

カフェインが気になるのでしたらぜひ、

カフェインレスの紅茶などを選んでくださいね!

紅茶に含まれるカフェイン、実は良い効果もあるって知ってた??

紅茶に含まれるカフェインには実は、良い効果もあるんですよ!

ということで続いては、紅茶のカフェインが持つ、

嬉しい効果を詳しく説明していきます。

覚醒作用

カフェインには覚醒作用があるため、

朝や昼などに飲めば、眠気覚ましになって、

頭がすっきりしますよ!

特に午後は眠くなりやすいですよね…。

でもカフェインを摂取すれば、眠気もなくなり、

午後の仕事もまた頑張れるので、ぜひカフェインを摂取していきましょう!

利尿作用によるデトックス効果

カフェインには利尿作用があるため、

カフェインを摂取することで、

体内の老廃物を排出するデトックス効果も得られます。

デトックスしたい時はぜひ、紅茶を飲むようにすると良いですね!

血流促進によるダイエット効果

カフェインを摂取すると血流が促進され、

代謝がアップして脂肪が燃焼されやすくなります。

つまりカフェインってダイエット効果もあるんですね!

興奮作用で疲労感を抑える

カフェインには興奮作用がありますが、

これによって疲れを感じさせず、

元気にしてくれるというメリットもあります。

ただし、この興奮作用はあくまでも、

疲労感を感じさせなくするだけのものなので、

疲労を回復する効果ではないということを頭に入れておきましょう。

カフェインによって疲労が感じなくなっても、

体には疲労が溜まっているので、

必ずしっかりと休養はとるようにしてくださいね!

以上が紅茶を飲んでカフェインを摂取することで得られるメリット!

確かにカフェインって、起きている時やシャキッとしたい時などには、

まさにピッタリの飲み物だったんですね!

ただし先ほども紹介したように、カフェインの摂り過ぎは、

逆に体を悪くしてしまうので、くれぐれも紅茶やコーヒーを飲み過ぎて、

カフェインの過剰摂取をしないように注意してください。

また寝る前に飲むのでしたら、やっぱりカフェインを含まない、

カフェインレスの紅茶を飲むことがおすすめですね。

それにしても、カフェインって摂り過ぎなければ、

かなり良い面がいっぱいあったんですね!

しかも紅茶を飲めば、香りでリラックスすることも出来るので、

ぜひ紅茶は適量を飲むようにしていってください。

そうすれば、カフェインの効果も得られて、

頭もスッキリするし、ダイエット効果も得られて安心ですよ!

まとめ

紅茶には100ml中に約30㎎、

コーヒーには100ml中に約60㎎ものカフェインが含まれています。

そのため、紅茶の方がカフェインの量が少ないんですね。

でも紅茶は1日の目安として、3~4杯までに留めておくようにしましょう。

そうしないとカフェインの過剰摂取になり、

肝臓に負担をかけたり、寝つきが悪くなってしまいますよ。

でも、カフェインには頭をスッキリさせる覚醒作用や、

デトックスやダイエット効果などが得られる、

良い面もあるので、ぜひカフェインは適量を摂取していってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました