爪が長い人は日常で本当に損するの?いろいろ考察してみた

スポンサーリンク
身体

爪が長いと生活に支障があるから母親に言われたが本当に損をするのか?

爪が長いとボーリングは難しく、パソコンでタイピングするおすすめのグッズはあるのかなどについて紹介します。

爪が長いときにボーリングは無謀か

爪が長いときはスポーツできるか心配になりますよね。

指をボールの穴に突っ込むことが必要なボーリングはネイルをしているとできないスポーツでしたが、大敵でしたが、スカルプネイルをしているとボーリングを楽しむことができるようになりました。

スカルプネイル

[メール便送料無料] ジェルネイル ポリジェル スカルプチャージェル カラージェル 長さ出し ビジュージェル スカルプジェル | ネイル ジェル 長さだし カラー ネイルジェル カラージェルネイル スカルプ ジェルスカルプ ネイルパーツ 固定 ネイル工房

価格:500円
(2020/8/3 11:11時点)
感想(194件)

ジェルネイルと違い、付け爪の一種で地爪の長さはそのままで、長さを出したい方にオススメです。

割れやすい地爪を補強したいときに使うといいですよ。

スカルプチュアの施術は、地爪の上にアクリルやジェルを乗せて爪に長さを出すのが特徴です。

長さがプラスされると地爪のままではできなかった幅広いデザインを楽しむことができます。地爪の形に問わず付けることができるのもポイントです。

スカルプチュアの種類はアクリルスカルプチュアとジェルスカルプチュアがあります。

アクリルスカルプチュアは、モノマーとポリマーという液体と粉を使用して爪の形を形成します。強度があり長さを出せますが、においがきついという特徴があります。

また、アクリルスカルプチュアを爪に付ける際は、地爪を削って傷つけることでアクリルの密着を良くさせるので、地爪への負担が掛かりやすくなります。

ジェルスカルプチュア

ルクジェル ビルディングトップジェル 8g【LUCUGEL】最後のトップジェルとして透明に輝く表面に♪長さだしはもちろん、ストーンアートなどのコーティングにも適しておりジェルスカルプチュアや検定(中級・上級)でも使用可能です♪【検定】

価格:2,200円
(2020/8/3 11:12時点)
感想(1件)

ハードジェルスカルプチュアは長さと強度を出すことができます。

ソフトジェルスカルプチュアは長さと強度を出しにくいので固めても2~3mmくらいの長さしか出ません。

お店で爪保護シールを用意しているようです。

お店で爪を保護するようなアイテムの提供していないときは、自分で絆創膏などを巻いて爪を保護している方もいます。

ネイルプロテクター

ネイルプロテクター はみ出し防止 保護クリップ フィンガーシールド マニキュア/ジェル対応 フレンチガイドシール付き おうち時間 フットネイル

価格:308円
(2020/8/3 11:13時点)
感想(51件)

ラウンドワンなら爪を気にせずボウリングが楽しめる、お助けグッズも充実!

爪の長い女性の為にラウンドワンオリジナル「爪に優しいボール」登場!

ネイルガード仕様

大切な爪に傷がつきにくいように、柔らかいゴムをフィンガーホールに装着しました。

軽めの7ポンドボール

爪への負担を軽減する為に、軽めのボール(約3.1kg)をご用意しました。

大きめフィンガーホール

爪が引っ掛かりにくいように、通常より大き目のフィンガーホールを採用。

爪が割れる原因は

体質的に爪が弱いと爪が薄かったり、かけやすいなどを普段の生活をで爪が弱いと感じられる方は、爪が割れやすいようです。

爪が長いと爪に余計な負担がかかりやすいため爪が割れやすい。

体質的に爪が弱い人は、爪自体を強くするのは難しい、爪の長さは自分でコントロールできるので、ボウリングに行く前には、爪を短く切っておくと割れにくすることが出来ます。 爪を切るのを忘れても店員さんに「爪切り貸してもらえますか?」と聞いてみると、無料で貸してもらえるようです。

「トップコートを2度塗りする」

 トップコートはネイルの上に塗る透明な保護剤で透明ですが、塗ってからしばらく時間を置かないと、効果が期待できません。

「トップコートを塗るコツ」

薄く何度も厚く塗ろうとすると、乾くまでに時間がかかる割れやすくなるというデメリットがあります。

なるべく薄く塗って乾かして、薄く塗るを繰り返すことで爪が割れにくくなります。

乾きが遅いなと感じるときは「ドライヤー」で乾きの時間を短縮しましょう。

トップコートは100円ショップのネイルコーナーで売っています。

爪が長いとタイピングにイライラ…を解消するグッズがある

  • 「Tap Strap」

5つの穴に5本の指を入れて使う新しいウエアラブル・デバイスがあります。

イスラエルのベンチャー企業、Tap Systemsによって開発されています。

指の動きを検出するセンサーが仕込まれているため、手にはめると机の表面や肘掛け、自分の膝などを指で叩けば、叩いた場所がキーボード。

壁でもテーブル、自分の頭でも、キーボードとして使ってスマートフォンやスマートウォッチ、パソコンやタブレットなどに文字を入力することができます。

Bluetoothで通信し慣れれば99%の正確性で入力できる。

センサーは、指の動きから指先の場所を特定し、指先が机などの表面を叩いた衝撃を検出し、文字として認識します。

両手ではなく、片手で操作するためキーボードの文字の配列は、パソコンなどと違って独自の並びになっている。

スマートフォンやタブレットはキーボードがないから、フリック入力を身につけていない人には画面のキーボードが小さくて入力が大変だ。スマホ以前に利用されていたトグル入力は、画面の小ささは気にならない。

音声入力は便利だが隣に人がいるときにはちょっと恥ずかしいため、外付けのキーボードを持ち歩く人におすすめな商品です。

まとめ

爪はスカルプジェルや絆創膏を使う。

爪にトップコートを塗って爪を保護する。

爪が長いときはTap Strapというグッズを使いましょう。

爪が長いと日常生活だけではなくボーリングや仕事などで困ってしまうことがあります。

ボーリングやお仕事などでキーボードを打つことが多い人は、爪を保護するためにジェルを塗って爪を保護することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました