生活

濡れた本は「冷凍」せよ!手順や理由をカンタン解説

目安時間 9分
  • コピーしました

大事な本が濡れてしまって、困った経験ってありませんか?

飲みものをこぼして本を濡らしてしまったり、テーブルの

水滴に気づかず、その上に本を置いて濡れてしまった

というような経験は誰しもしたことがあるでしょう。

大事な本であればあるほど、ショックは大きいですよね…。

一度濡れてしまうと、濡れたところがヨレヨレになって

しまったり、変色してしまったりと、初めの状態とは

変わってしまいます。

そうやって本が濡れてしまったら、もうそのままで

あきらめていた方が多いと思うのですが、実は濡れた

本を元の状態に直す方法があるのです。

その方法とは、ずばり「濡れた本を冷凍する!」というもの

です。

本がもっと濡れてしまう!とびっくりされた方もいるのでは

ないでしょうか。

でも、実際にその方法が有効なのです。

濡れた本の直し方について、以下に手順や冷凍庫に入れる

理由についてご紹介していこうと思います。

濡れた本を冷凍庫に入れるまでの準備

早速、濡れた本を冷凍庫に入れるための準備をしましょう。

準備するものとしては、ジップロックなどのフリーザー

バッグだけで大丈夫だそうです。

フリーザーバッグとは、食品などを入れて保存する

袋のことです。

冷蔵用や冷凍用、どちらにも大丈夫なものと、種類が

あるので、ここでは冷凍用のフリーザーバッグを使用

するのがいいでしょう。

サイズとしては、濡れた本より少し大きめのフリーザー

バッグを準備しましょう。

次に手順ですが、びっくりするぐらいあっという間に

できますよ。

準備したジップロックなどのフリーザーバッグに、濡れた

本を入れて、ジップロックの封をせずにそのまま冷凍庫に

保管します。

いかがでしょうか?

とっても簡単ですよね。

でもなぜ濡れた本を冷凍庫に入れると、本が元通りに

なるのか気になりますよね。

その理由としては、冷凍庫の中はとても湿度が低く、

水分が蒸発しやすい環境にあるからなのです。

なので、濡れた本を冷凍庫に入れることで、本の水分が

しっかり蒸発できるというのです。

納得の発想ですよね。

次に、濡れた本を冷凍庫に入れる前のポイントをいくつか

ご紹介しようと思います。

濡れた本は冷凍前にジップロックに入れるのがポイント

先ほど、濡れた本をジップロックなどのフリーザーバッグに

入れてから冷凍庫に入れるということはお伝えしましたが

いくつかポイントもあります。

一つ目は、「冷凍する直前にジップロックに濡れた本を入れる」

ということです。

なぜ直前がいいのかというと、濡れた本を室温でずっとジップ

ロックに入れてしまうと、その中で湿気がたまり、さらにフニャ

フニャになってしまう可能性があります。

よって、冷凍庫に入れる直前にジップロックに本を入れて、

チャックをせずに冷凍庫に入れましょう。

二つ目は、「冷凍庫に立てて保存する」ということです。

濡れた本が入っているジップロックを横にして冷凍庫に

入れてしまうと、ジップロックと本が密着する面が増えて

しまい、そこに水滴ができてしまう可能性があります。

なので、立てて保管することで、ジップロックと本の密着面を

減らすことができます。

以上、2点のポイントをご紹介しました。

濡れた本を冷凍庫に入れる前に、上記のことに気を付けて

冷凍庫に入れてみてくださいね。

まとめ

これまで、濡れた本を冷凍庫に入れる手順や理由について、

また濡れた本を冷凍庫に入れる前に準備するもの、さらに

濡れた本を冷凍庫に入れる際のポイントをご紹介して

きました。

濡れた本を冷凍庫に入れると、本が元の状態に戻る

というのは驚きでしたよね。

ただし、実際にやってみた方の口コミにもあったのですが、

必ず本が元通りになるとは限らないようです。

綺麗に直ったという方もいれば、元に戻らなかったという方も

いるのは事実のようです。

そのような結果になる原因としては、本の濡れ方の違いや

冷凍庫の環境、ジップロックへの入れ方など、何かしらの

ことが要因となって、上手くいかなかったということでしょう。

でもそれだけが原因ではなく、そもそも直る状態ではなかった

可能性もありますし、何が原因で元に戻らなかったと追及する

ことはおそらく不可能かと思います。

なので、初めから完全には元に戻らない可能性もあるという

ことを頭の片隅に入れておくことが大事ですね。

絶対に直ると思って、濡れた本を冷凍庫に入れる方法を

試しても、実際に直らなかったときのショックは大きくなる

ことでしょう。

濡れた本が治る可能性のあるひとつの方法として、冷凍庫に

入れる方法を試してみることをおすすめします。

また、一番大事なのは、そもそも本が濡れないように

気を付けるということですね。

おそらく、カバンにそのまま本を入れていたり、部屋の中で

テーブルの上にそのまま置いているという方が多いのでは

ないでしょうか。

本を持ち歩くときは、濡れても大丈夫な袋に本を入れて

持ち歩いたり、部屋に本を置くときは置き場所を考えるなど、

工夫次第で本が濡れることを防ぐことは可能でしょう。

それでも、もし本が濡れてしまった場合は冷凍する方法も

ぜひ試してみてくださいね。

  • コピーしました

   生活