海鮮丼を英語で説明!酢飯を使う寿司との違いはどう話せばいい?

スポンサーリンク
料理

あなたは、海鮮丼は好きですか?

生ものは苦手…という方もいるかと思いますが

多くの方が好きなのではないでしょうか。

私自身も海鮮丼は大好きです。

日本人でも大好きな刺身ですが、海外の方も好きな方は多いです。

よく観光に来られる方は、刺身を目当てに来られる方もいるくらい、

海外の方にも人気です。

特に寿司は、海外の方の認知度も高いです。

そんな刺身を使った海鮮丼を、海外の友人が遊びに来るときなどに

振舞ってみてはいかがでしょうか。

喜ばれること間違いなしでしょう。

ところで、友人を招待する際に、海鮮丼って英語でどうやって説明したら

いいのだろうと思いませんか?

以前までは、seafood rice bowl(シーフードライスボウル)と言われることが

多かったようですが、最近ではdon(丼)という単語が少しずつ認知されている

ようです。

もしdonで通じた場合は、シーフード丼と説明するといいかもしれませんね。

また、海鮮丼も寿司と同じで、酢飯の上にお刺身をのせています。

酢飯を英語で説明するときは、vinegared riceと伝えるのが良さそうです。

それと別に、寿司との違いを説明するときは、寿司は握っているもの

であるということを伝えたいですよね。

海鮮丼はin bowl寿司は hand-formedと説明するといいでしょう。

海外の方にもイメージしていただけるかと思います。

それでも伝わりにくいようでありましたら、インターネットから

画像を拾ってくるのもいいですね。

説明と一緒に画像もあれば、より一層伝わりやすいでしょう。

英語圏の人に海鮮丼を伝授!酢飯の作り方と刺身の組み合わせ

先ほどの説明が上手くいったら、海鮮丼の作り方も英語で

説明してみましょう。

海鮮丼の作り方は、酢飯を作って、その上に刺身をのせるだけですよね。

刺身は、スーパーなどで売られているものを買ってくるだけで

いいでしょう。

酢飯の作り方は、英語で説明しなければいけませんが、

先ほどお伝えした、vinegared riceで十分に伝わりそうです。

お酢が入ったご飯という意味になるので、お酢がご飯に混ぜてあると

海外の方にも理解してもらえるはずです。

お酢の量は、お好みもあるので、味見しながら一緒に作ってみても

いいかもしれないですね。

また、酢飯の上にどんな刺身をのせるか迷うかもしれませんね。

でも、スーパーなどに売っている刺身を組み合わせるだけで

とても豪華な海鮮丼になるかと思います。

刺身盛りといって、たくさんの種類の刺身が少しずつ入って売っている

ものもありますね。

こういったのが便利かもしれません。

サーモンやイカ、タイやハマチなど色々食べたいですよね。

ただし、刺身の好みは人それぞれです。

この刺身が食べたいというのがあれば、それを多めに入れるのも

いいです。

その方の好みにあった海鮮丼になるといいですね。

海鮮丼ってカロリー低い⁉ダイエットにもなるの?

あなたは、海鮮丼がどれくらいのカロリーかご存じですか?

それ程カロリーがないのでは?と思っている方もいるかもしれませんね。

刺身の種類によって、多少ばらつきがありますが、丼ぶり一杯で

600カロリー前後のものが多いようです。

そこまで高いカロリーではないですね。

しかし、ご飯の量が多いとカロリーは当然高くなりますので

カロリーが気になる方は少しご飯の量を減らしてもいいかもしれません。

また刺身の中で特にカロリーが高いのがイクラです。

ちょっと意外な感じもしますよね。

イクラは100グラムあたり約272カロリーもあるそうです。

この数字を見ただけでカロリーが高めなのが分かります。

どうしてなのかというと、イクラはあまりたんぱく質を含まず

脂質が多いのです。

イクラは少し彩り程度で入れるのが良いかもしれませんね。

また、サーモンは海外の方にもなじみがあって良いですね。

サーモンもあまり低カロリーではありませんが、実はサーモンは

美容にいいと言われています。

しかも、オメガ3という良質な脂肪のため、代謝が促進され

きれいな肌を作ってくれるそうですよ。

美容とダイエット、両方気になる方には最適な食材です。

海鮮丼を作る際は、ぜひサーモンも検討してみてくださいね。

まとめ

これまで、海鮮丼の英語での説明の仕方や、酢飯や刺身の組み合わせ、

海鮮丼のカロリーについてお伝えしてきました。

特に、海鮮丼のカロリーについて調べる機会はなかなかないと思うので

ためになったのではないでしょうか。

刺身はすべて脂があるので、カロリーがけっこうあるかと思っていましたが

意外とないものですね。

ご飯の量に気を付ければ、ダイエットにも向いているのかもしれませんね。

また、生ものが食べられない方や、小さいお子様でまだ刺身が

食べられない場合は、白身などを天ぷらにしてもいいかもです。

白身の魚であれば、あっさりしていますし、天ぷらでも食べやすい

ですよね。

もしかしたら、海外の方の受けもいいかもしれませんよ。

海外では、寿司は日本の名物として有名で、現地にもお寿司屋さんがある

国もあるようです。

しかし、海鮮丼の知名度はまだあまり高くないかもしれません。

先ほどお伝えした内容が、海外の方に上手く伝えられるといいですね。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、みなさんで海鮮丼作りを

楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました