身体

更年期障害の人必見!食べてはいけないもの10選を一気にチェック

目安時間 34分
  • コピーしました

更年期障害という言葉を聞いたことがある方は多いのでは

ないでしょうか。

 

もしかしたら、今更年期障害で苦しんでいるという方もいるかも

しれませんね。

 

更年期障害は40代以降の男女に起こることが多い症状です。

 

ですが、実は更年期障害は食事に気を付けることで予防に

つながることもあるのです。

 

そこでこの記事では、更年期障害の対策になる食事について

お伝えしていきたいと思います。

 

今、更年期障害について調べている方のお役に立てますと幸いです。

 

 

更年期障害対策はまず食事から!おすすめメニューを紹介します


まずは、更年期障害の方が食べてはいけないものから見ていきたいと

思います。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://www.fujingaho.jp/lifestyle/beauty-health/g34613782/foods-help-the-menopause/#:~:text=%E3%81%82%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%81%E9%AB%98%E8%A1%80%E7%B3%96,%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

 

こちらのサイトによると、更年期障害の人が食べてはいけないもの

として、「お酒、コーヒー、チョコレート、精白された白いパン、パスタ

ケーキ、ビスケット、辛い麻婆豆腐、キムチ、担々麺」といった食べ物に

なります。

これらを食べることでどうなるのかというと、ホットフラッシュが

ひどくなってしまう場合があるようなのです。

 

また、それに加え気分の落ち込みがひどくなるという研究結果もある

ようです。

 

よって、更年期障害がある方は、上記の食べ物については食べすぎない

ように気を付けたいですね。

 

そして次にお伝えするのは、更年期障害の予防のためにおすすめの

メニューについてです。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://www.aska-pharma.co.jp/mint/recipe/recipe04.html#anc2-h3-1

 

レシピ名は、「きのことかぼちゃの豆乳スープ」です。

 

材料は、玉ねぎ(みじん切り)40g、マッシュルーム(薄切り)2個分、

しめじ50g、ベーコン(幅1㎝短冊)20g、かぼちゃ(幅2㎝薄切り)50g、

塩少々、バター5g、薄力粉小さじ1、無調整豆乳300cc、コンソメ顆粒

小さじ1/2、塩少々、黒こしょう少々、乾燥パセリ適量です。

 

作り方は、まず鍋にバターを入れて溶かし、玉ねぎ、マッシュルーム、

しめじ、ベーコン、かぼちゃと塩を入れ、全体がしんなりするまで

中火で炒めます。

 

次に、薄力粉を加え、粉気がなくなるまでしっかりと炒めます。

 

そこに、豆乳の1/3量を加えてひと煮たちさせます。

 

さらに、残りの豆乳とコンソメを加えて混ぜ、塩と黒こしょうで

味を調えます。

 

最後に器に盛り付け、パセリを振りかけたら完成です。

 

いかがでしょう?

材料はたくさんありますが、作り方はとても簡単ですよね!

 

ぜひ作って更年期障害対策に作ってみてくださいね。

 

 

【更年期障害の薬の効果と副作用】気を付けるべき人とは


更年期障害には薬を使うこともあるのですが、その薬の効果や

副作用について見ていきます。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://www.komuroclinic.or.jp/kounenki-hormone.php

 

更年期の症状の改善を図るには、「ホルモン補充療法(HRT)」という

方法を用いるそうです。

 

このHRTで使用する薬は、いくつかあるようです。

 

一つ目は、「エストロゲン剤+プロゲステロン剤」の服用です。

 

これは、閉経して5年以上経ち、生理を望まない方に使われる標準的な

薬だそうです。

 

二つ目は、「エストロゲンとプロゲステロンの入った合剤」の使用です。

 

こちらは主に貼り薬になるようです。

 

皮膚がかぶれるという方は、錠剤を服用する方法が行われることも

あるようです。

 

三つ目は、「エストロゲンの単独使用」ということです。

 

手術などで子宮を摘出された方には、エストロゲンのみを主として

使用するのだそうです。

 

四つ目は、「低用量エストロゲンの使用」ということです。

 

更年期の症状が軽かったり、短期間の使用を希望する方には

こちらを使った薬が用いられるそうです。

 

上記のHRTの効果としては、顔のほてり、のぼせ、汗をかきやすい

といった症状に、速やかな効果が期待できるのだそうです。

 

早めに薬が効いてくれるのは有難いですよね。

 

気を付けたい点としては、副作用が出る場合もあるということです。

 

乳房の張りや痛み、少しの出血といった症状が多いようで、多くの

場合は、しばらくすると症状が落ち着くそうです。

 

そして、上記の薬を使用するときに気を付けなければならない人は、

薬のアレルギーを持っている方、卵巣がんや子宮体がんなどの既往を

お持ちの方、心臓や肝臓に病気をお持ちの方、高血圧の方、糖尿病などの

治療中の方は更年期の症状が悪化してしまう場合もあるので、薬について

慎重に判断が行われるのだそうです。

 

このことについても覚えておきたいですね。

 

 

まとめ

 


 

これまで、更年期障害の方が食べてはいけないものについて、また

更年期障害対策におすすめのメニュー、そして更年期障害の薬の

効果や副作用についてお伝えしてきました。

 

更年期障害の対策として、食事の工夫も大切なことがわかりましたよね。

 

食べてはいけない食材を、更年期障害になる前からなるべく避けるように

したりと、自分なりに日頃の食事に気を付けることが大切でしょう。

 

また、更年期障害は薬で改善を試みることができることがわかりました。

 

中には、薬の使用を気を付けなければならない方もいますが、

更年期だからと諦めずに、症状を改善することができる場合が

あると知っていると、少し安心ではないでしょうか。

 

この機会に、更年期障害についての知識を増やしてみてくださいね。

  • コピーしました

   身体