住宅

実家が空き家になり…処分に困る「仏壇」問題の解決法

目安時間 8分
  • コピーしました

実家が空き家になると色々と考えないといけない

ですよね。

 

掃除や防犯対策等、たくさんすることがあって頭を

悩ませている方もいるかもしれません。

 

その中でも特に、実家の仏壇をどうしたらいいのか

悩むのではないでしょうか。

 

仏壇が、先祖代々受け継がれている場合もあるでしょうし、

手放すという選択もなかなか簡単にはできないですよね。

 

そこでこの記事では、実家が空き家になったとき、仏壇を

どうしたらいいかについてお伝えしていこうと思います。

 

また、実家が空き家になったときの、処分方法についても

お伝えします。

 

今、空き家になってしまった実家をどうするか悩んでいる

方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

実家の空き家は売りたくてもすぐには売れないことが多い




まずは、実家の仏壇をどうするか…ということなのですが、

いくつか以下に方法をご紹介しようと思います。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://m-ihinseiri.jp/article-know-how/dispose/akiya-butsudan/

 

一つ目の方法は、「仏壇店に引き取ってもらう」というものです。

これは、仏壇の供養をきちんと行ってから、引き取って

もらうことになります。

 

二つ目は、「廃品回収業者に依頼する」というものです。

 

なるべく安く、手間をかけずに仏壇を処分したいと

考えている方におすすめの方法ではあります。

 

三つ目は、「今の住まいに移動させる」というものです。

 

今の住居に仏壇をそのまま置くスペースがあるという方は

移動させるというのも一つの方法となります。

 

いかがでしょうか。

 

色んな方法があるということがお分かりいただけたかと

思います。

 

あとは、家族と相談してどの方法にしようか決めると

いいですね。

 

ただし、気を付けないといけないのが、仏壇をすぐに

処分したり、移動することはできない、ということです。

 

なぜかというと、どちらの場合にも行う儀式があるのです。

 

どういう儀式かというと、「閉眼供養」といって、お寺の

住職さんにお経を唱えてもらい、ご先祖様の魂を抜いて

もらう儀式のことです。

 

また、仏壇の移動後には、「開眼儀式」も行わなければ

なりませんので、覚えておきましょう。

 

また、実家の空き家を売りたいと考えている方は、それに

ついても色々調べたりしないといけないですね。

 

手続きをして、待っていれば家は売れるだろう!と

思っている方もいるかもしれませんが、実はそう簡単には

いかないのです。

 

実家の場所が不便なところにあったり、建物の老朽化が

進んでいたりすれば、なかなか家の買い手が見つからない

のが現状です。

 

このことも頭に入れておく必要があります。

 

売るということしか考えていなかった場合は、他の方法も

考えておくといいでしょう。

 

次に、売る以外の方法について触れたいと思います。

 

 

実家の空き家の売る以外の処分方法とは




実家の空き家の売る以外の処分方法も、実はいくつか

あります。

 

まずは、「土地活用する」ということです。

 

これは、実家の築年数が経っていて、建物の老朽化が

進んでいる場合などには、良い方法なのかもしれません。

 

家を取り壊さないといけませんが、残った土地を駐車場に

したり、新たに建物を建てて貸し出したりと、土地を色々な

方法で活用することが可能です。

 

次に、「人に貸す」ということです。

 

これは、今ある実家を人に貸すことで、衛生面や防犯面で

安心もできます。

 

定期的に掃除に訪れたりする手間もなくなりますね。

最後は、「そのまま家を残す」ということです。

 

今すぐには、実家に移り住むことはできないかも

しれませんが、いずれまた実家で暮らしたいという

考えになるかもしれません。

 

維持費や管理費、さらには定期的な清掃や防犯面を徹底

するなど、家を残し続けると大変なこともありますが、

後々のことを考えて、実家を残すという選択肢もありますよ。

 

 

まとめ

 



 

これまで、実家が空き家になったときの仏壇の処分の仕方に

ついて、そして空き家を売りたくてもすぐに売れない理由、

さらに家を売る以外の方法についてご紹介してきました。

 

実家の仏壇をどうするか決めたら、次は家自体のことも

考えないといけないですね。

 

家は月日が経てばたつほど、老朽化も進んでしまいます。

 

そうなると、ますます管理がしづらくなったり、家が売れなく

なったりするかもしれません。

 

ですが、実家の空き家を売るのを即決するのもやめたほうが

いいでしょう。

 

先ほどもお伝えしたように、今は家がすぐに売れるとは

限りません。

 

よっぽど立地の良い場所に家があったり、家の状態が良い

場合でないと、すぐに買い手が見つからないことが多い

でしょう。

ですが、ずっと売ることをためらってそのままにして

おくことも問題です。

 

なので、実家が空き家になった時点で、プロに相談する

ことをおすすめします。

 

ご自身の実家の空き家の場合は、どういった方法が最適か

提案してくれますよ。

 

そういったプロの意見と、家族での話し合いの後に、

実際に行動するのがいいでしょう。

 

思い出の詰まった実家です。

 

最適な選択ができるよう、ひとりで悩まずに、まわりの家族に

相談しながら話を進めていけるといいですね。

  • コピーしました

   住宅