住宅

実家が空き家になったら防犯対策は必須!すぐやるべきこと5選

目安時間 9分
  • コピーしました

あなたの実家は、空き家になっていませんか?

 

実家が遠い場合は、すぐに移り住むことは難しい

ですよね。

 

また、自分が今住んでいる家もあるので、実家が空き家に

なっても、そのままにしておくしかないという方もいること

でしょう。

 

ですが、空き家をそのまま放置しておくことは、危険でも

あります。

 

どういったことが問題として起こるかと言うと、家の外観や

設備の問題加え、防犯面やお金の面で問題が出てくるのです。

 

実家の空き家を放置しておくことは、何となく良くない

ことは分かっているけれども、具体的に何をしたらいいのか

分からない…という方もいるでしょう。

 

そこで、この記事では、実家が空き家になったときに、

すぐやるべきことについてご紹介していきたいと思います。

 

こちらのサイトを参考にしています。

 

https://www.ieuri.com/bible/souzoku/294/

 

 

実家が空き家になって放置するのはNGな理由




まずは、実家の空き家をそのまま放置してはいけない

理由を見ていきましょう。

 

まずは、「建物の劣化が進行する」ということがあります。

 

建物は手入れをせずにそのままにしていると、少しずつ

劣化が進んでしまいます。

 

カビや湿気などによっても、室内状況が悪くなるので、

定期的に空気の入れ替えも必要になります。

 

次に、「雑草が生い茂る」ということがあります。

 

庭が手つかずになっていると、雑草が生い茂ることに

なります。

 

そうなると、害虫が繁殖したりと、大変なことになります。

 

さらには、「過料が課せられることがある」ということが

あります。

 

どういうことかというと、空き家対策措置法が施行された

ことによって、地方自治体に空き家と認定されると、特定

空き家となります。

 

そうなると、放置している空き家に対して、過料が

課せられる場合があるのです。

 

これは気を付けたいですよね。

 

以上のようなことが起こりうるので、頭の片隅に入れて

おきたいですね。

 

上記以外にも起こりうる問題は、まだたくさんあります。

 

実家が空き家の状態は、問題ばかりであるという認識が

必要です。

 

 

実家が空き家になったときの防犯対策いろいろ




実家が空き家の状態であると、実は防犯面でも

危ないのです。

 

明らかに空き家であると分かる状態であると、泥棒にも

入られやすくなります。

 

そういった被害に遭わないためにも、どういった対策を

したらいいか、ここではご紹介します。

 

一つ目は、「定期的な訪問をすること」です。

 

これが一番効果的な方法です。

 

もし何か家に異常があったとしても、早めに気づく

ことができます。

 

また、人がいる気配があると、泥棒も入りにくく

なります。

 

二つ目は、「防犯カメラや防犯フィルムを設置すること」です。

 

防犯カメラは、泥棒も嫌うアイテムです。

 

さらに、不法侵入は窓からの割合も高いので、防犯フィルムを

していると、簡単に窓を割ることができません。

 

三つ目は、「鍵の二重ロックをすること」です。

 

窓が割れないと、鍵を壊して侵入しようとする犯人も

います。

 

ですが、鍵が二重であれば、鍵を壊すのに時間がかかり、

侵入を諦める場合が多くなります。

 

四つ目は、「ご近所との付きあいを大事にすること」です。

 

特にお隣との交流は効果的で、実家に異常があった

場合など、すぐに連絡をしてもらえるかもしれません。

 

お隣の方と、話す機会を持つのも防犯対策になります。

 

五つ目は、「こまめに庭の手入れをすること」です。

 

家は建物以外にも、庭もけっこう目立ちます。

 

手入れされている家であれば、日頃から人が住んでいる

と思うので、侵入されにくくなるでしょう。

 

植木がなく、見えやすい家のほうが泥棒は侵入しない

確率が高いです。

 

以上、実家の空き家の防犯対策を5つご紹介しました。

 

これら以外にも、思いつく防犯をほどこして、空き家を

守りたいですね。

 

防犯対策については、こちらのサイトを参考にしました。

 

https://akiya-katsuyou.net/column/category/unoccupied_house_consultation/482

 

 

まとめ




これまで、実家が空き家になったときに放置しない方が

良い理由や、実家の空き家の防犯対策についてご紹介

してきました。

実家が空き家になるということは、突然やってくるかも

しれません。

 

空き家になった時点で、上記にお伝えしてきたような

対策をすぐにする必要があります。

 

なので、前もって家族会議などをしておくのがいいですね。

 

そうすることで、いざ空き家になったときでも、慌てずに

対処できるでしょう。

 

できれば、細かいところまで決めておくといいですね。

 

家を売るのか、残しておくのか、残すのであれば防犯対策は

どのようなことをするのかなど、すべて話しておくと、

迷わずにスムーズに実家の空き家対策ができるでしょう。

 

また、家を相続したりする手続きも必要ですよね。

 

それについても、あらかじめ調べておくことで、時間や

手間をかけずに手続きができるかと思いますよ。

 

ひとことに空き家と言っても、上記にお伝えしてきた

ように色々なことをしないといけません。

 

家は大きな買い物ですし、長年住んできた思い出の

場所でもあります。

 

そんな家をずっと大事にしたいですよね。

 

家は住んだら終わりではありません。

 

そこに残り続けていく限り、適切な対応をしたいもの

ですね。

 

自分ひとりでは大変なこともあるので、家族で協力

しながら家を管理できるといいですね。

  • コピーしました

   住宅