住宅

安心できない?!隣人トラブルは戸建てでもおきます~車・騒音編~

目安時間 8分
  • コピーしました

隣人トラブルって怖いですよね。

 

騒音問題などで、隣人とトラブルになったことがある

という人も、けっこういるのではないでしょうか。

 

集合住宅の場合、ある程度の生活音は仕方のないことなのかも

しれませんが、その音が大きすぎたり、また住人の方が音に

敏感な人だったりすると、トラブルになる場合があります。

 

実は、この問題は戸建て住宅でも起こることがあるのです。

 

そこでこの記事では、隣人トラブルの色々をご紹介したいと

思います。

 

今、隣人トラブルについて調べている方のお役に立てますと

幸いです。

 

 

隣人トラブルがおきたらどうしたらよいのか?アパートの場合は?




まずは、戸建てで起こる隣人トラブルの例をご紹介して

いきたいと思います。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://suumo.jp/journal/2017/11/16/144458/

 

まずは、「路上駐輪、駐車トラブル」です。

 

内容としては、自宅前の狭い道路に路上駐車されて通行不能に

なったという場合や、道路を駐車場がわりにしているという

場合、自分の敷地内に自転車を駐輪されたという場合などです。

 

これは、戸建ての場合にたしかに起こりそうな問題ですよね。

 

次は、「騒音がひどい」というものです。

 

内容としては、バーベキューをして夜中まで騒いでいる場合や、

遅い時間まで子供が騒いだり、道路で花火をしている場合、

子供が家の前でボール遊びをしてボールが家のあちこちに

あたりうるさいといった場合などです。

 

戸建ては、子供がのびのび遊んでいる印象ですし、子供が

出す音に関するトラブルも多くあるようですね。

 

上記の2つが、戸建てでも起こりやすい隣人トラブルとなって

います。

 

また、上記のことは、アパートやマンションでも起こる場合が

あります。

 

花火やボール遊びなどはしないかもしれませんが、子供が

部屋を走り回ったり、飛び跳ねたりすることで、下の階の

部屋に迷惑をかけているかもしれません。

 

もし、そういったトラブルがアパートで起こった場合、

どうしたらいいのかというと、まずは管理会社や大家に

相談するということが大事です。

 

直接、当事者間で話をしようとすると、さらにトラブルに

なる可能性もあります。

 

ですので、管理会社や大家に間に入ってもらうことで、

さらなるトラブルにならずに済むでしょう。

 

自己判断で行動する前に、一度相談をされてみてくださいね。

 

 

 

やられた人しかわからない?隣人トラブルになりかねない壁ドンの恐怖




アパートに住んでいる場合は、音が響きやすかったり、壁が

薄かったりすることもあるかと思います。

 

すべてのアパートがそうというわけではないのですが、RC

構造のマンションなどに比べると、音が響きやすいのです。

 

なので、もしかしたらテレビを大音量で見ていたり、大きな声で

話をしていたりすると、隣人にその音が聞こえている可能性が

あるのです。

 

そういったときに起こりやすい隣人トラブルが、「壁ドン」です。

 

壁ドンとは、となりの部屋の住人が、音などがうるさいことを

知らせるために、壁をドンっとたたく行為をいいます。

 

この壁ドンをやられてしまうと、恐怖を感じるでしょう。

 

そのときは、まずは落ち着いて、自分が音を出していないかを

確認してみましょう。

 

それから管理会社などに相談するのがいいですね。

 

もしかしたら、音ではなく別のことで隣人が何かを訴えようと

している場合もあります。

 

ですので、何で壁ドンされたのか理由がわからないときは、

何か音以外に迷惑になっていることがないかも、今一度

確認してみるといいかもしれません。

 

何はともあれ、一番は人に相談するということが大事ですよ。

 

落ち着いて行動できるようにしたいですね。

 

まとめ




これまで、隣人トラブルは戸建てでも起きるということ、また

アパートで隣人トラブルが起きたらどうしたらいいのか、そして

隣人トラブルになりうる壁ドンについてお伝えしてきました。

 

隣人トラブルは、戸建てもアパートでも起こるということが

わかりましたよね。

 

何となく戸建てであれば、多少の音など大丈夫かなと思いがち

ですが、住んでいる周辺の環境や住人によっては、他人が迷惑と

思っている可能性もあります。

 

また自分の感覚では、そんなに大きくない音でも他人は、

大きく感じたり、自分では常識と思っていたことが実は

非常識だったと気づくこともあるかと思います。

 

人は誰しも完璧ではないので、勘違いしていたり、失敗したり、

他人に迷惑をかけてしまうことも、日常生活の中で少なからず

あります。

 

もしそういった誤った行動をしてしまったときは、過ちを

認めて謝罪の気持ちをもって、改善するということもとても

大切なことです。

 

それをすることで、人からの信用も回復できるでしょうし、

隣人トラブルにまで発展しないでしょう。

 

ただ、上述してきたように直接隣人とかかわって話をする

ことは、危険なときもあります。

 

相手がどんな人かもわかりません。

 

ですので、管理会社などに事情を説明し、代わりに隣人に

話してもらうという手段をとることも必要ですね。

隣人トラブルがなく、安心して生活ができるといいですね。

  • コピーしました

   住宅