地震保険料控除は自宅以外の建物が対象でもいい?

スポンサーリンク
住宅

あなたは、地震保険に入っていますか?

万が一のときに備えて地震保険に加入しているという方も

多いかと思います。

そんな地震保険ですが、自宅以外の建物にも地震保険料控除が

対象になるかどうか知っていますか?

そもそも、地震保険料控除が何かというと、「納税者が特定の

損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料または掛け金を

支払った場合」に、所得控除を受けることができる制度のことです。

今回の記事では、地震保険料控除が自宅以外の建物も対象になるのか

気になる方のためにお伝えしていきます。

結論からお伝えすると、自宅以外の建物は、そこに契約者が住んで

いない限り、地震保険料控除の対象にはならないようです。

詳しく説明すると、地震保険料控除の対象となる保険料は、契約者自身、

もしくは契約者と生計を共にしている配偶者その他の親族が所有し、

常時住宅として使用されている建物および家財に対する保険料となる

ようです。

実際に、契約者(その他の親族)が常時住宅として使用している建物で

なければ、地震保険料控除の対象にはならないということですね。

地震保険料控除で税金はどう変わる?お手軽シュミレーション

地震保険料控除は、加入者が保険料を支払った保険料に応じて、

1年間(1月1日から12月31日)の所得から一定金額を差し

引くことができる仕組みになっています。

年末調整などで地震保険料控除を申請すれば、所得から

地震保険料の全部または一部が控除されて、所得税や住民税の

負担が実質的に安くなるのです。

実際に控除される金額は、所得税と住民税では異なるのを

知っていますか?

知らない方もいるかと思いますので、以下に具体的に見て

いきましょう。

まず、所得税からです。

1年間の地震保険料が50,000円未満の方は、1年間の控除限度額が

支払い金額の全額となります。

これが50,000円以上の方は、一律50,000円になります。

次に、住民税についてです。

1年間の地震保険料が50,000円未満の方は、1年間の控除限度額が

保険料の1/2になります。

これが50,000円以上の方は、一律25,000円になります。

以上のことを踏まえて実際に例を見てみましょう。

まずは、所得税の場合です。

例えば、地震保険料が30,000円とします。

この場合は、1年間の地震保険料が50,000円未満なので、

30,000円全額が課税所得金額から控除されます。

次に、住民税の場合です。

例えば、地震保険料が60,000円とします。

この場合は、1年間の地震保険料が50,000円以上なので、

一律25,000円が控除されます。

ただし、これらの例の金額は、実際に手元に戻る金額ではないので

注意が必要です。

所得税や住民税の税額は、1年間の所得から地震保険料控除などを

差し引いて算出される課税所得に基づいて決定されるのが現状です。

したがって、地震保険料の控除額は、課税所得を算出するための

1つの要素になります。

実際の戻る金額については、それぞれ課税所得が違いますので、

以下のサイトを参考にシミュレーションされてみるのもいいかもしれ

ません。

ぜひ参考にしてみてください。

地震保険料控除とは?いくら戻るかの計算方法と年末調整・確定申告の記入例を解説 | 防災生活
地震保険料控除で保険料がいくら戻るのかに...

地震保険料控除は契約者が本人以外だと取れない?

もし、地震保険の契約者がご主人の場合で、奥様が控除を

受けられるのかというのも気になりますよね。

そこで、契約者本人以外でも地震保険料控除を受けることが

できるのかを調べてみました。

結論としては、納税をしたのが配偶者であることを証明すれば、

奥様が地震保険料控除を受けられるということでした。

どういうことかというと、地震保険料控除の「対象者」として、

納税者が地震保険の保険料や掛け金を支払った場合に

所得控除を受けることができるという規約があるようです。

ただし、配偶者が納税者であるということを証明しなければ

いけないようなので、証明書等が必要になるようです。

地震保険料控除を受けるときに必要な書類としては、

地震保険料控除証明書」というのがあるのですが、

この書類には契約者の名前しか記載されてないようです。

よって、この用紙だけでは奥様が地震保険料控除を受ける

ことはできないので注意が必要ですね。

詳しくは、ご主人の会社に確認してみるといいでしょう。

まとめ

これまで、地震保険料控除は自宅以外でも対象になるかどうか、

また地震保険料控除についてお伝えしてきました。

地震保険料の仕組みは難しくて、よく分からないとういう方も

いるかと思いますが、それほど難しいことではないことは

お分かりいただけたでしょうか。

ただし、この場合は控除が受けられないなどのルールは

細かくありますので、そのあたりの認識はしないといけませんね。

ご自身が加入している地震保険には、おそらくサポートセンター

などがあるかと思います。

分からない点や気になる点は、問い合わせると回答をもらえると

思いますので、そのままにせずに問い合わせてみるのもいいかも

しれませんね。

地震保険はとても大切なものです。

ただ加入するだけではなく、控除などについてもしっかり

理解が必要ですね。

ぜひこの機会に、地震保険についての知識を深めてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました