身体

口内炎の薬ならトランサミン錠!成分や効果を解説

目安時間 25分
  • コピーしました

口内炎ができたときに、薬を使いたいなと思ったことは

ありませんか?

 

口内炎はそのままにしていても1週間程で治る場合が多い

かと思いますが、できることなら薬を使って早く治したい

ですよね。

 

ですが、実際のところどんな成分の薬を選んだらいいのか

わからないといったこともあるでしょう。

 

そこでこの記事では、口内炎の薬でおすすめのものをご紹介

していきたいと思います。

 

今、口内炎の薬について調べている方のお役に立てますと

幸いです。

 

 

口内炎の炎症を抑えるのはトラネキサム酸


早速、口内炎にはどんな薬がいいのか調べてみました。

 

こちらのサイトを参考にしています。

https://www.qlife.jp/meds/rx10760.html

 

こちらのサイトによると、口内炎に効く処方薬として、

「トランサミン錠」というものがあることがわかりました。

 

こちらの薬には、出血症状などに関与するプラスミンの働きを

抑えてくれる作用があり、抗出血・抗アレルギー・抗炎症効果が

期待できるのだそうです。

 

こういった作用が期待できることから、口内炎における

口内痛や、口内粘膜アフターの治療に使用されているのです。

 

病院で処方してもらえる薬なので、安心感もありますよね。

 

ただ気を付けたい点としては、副作用が起こる場合がある

ということです。

 

どんな副作用があるのかというと、食欲不振や吐き気、嘔吐、

胸やけ、発疹といったことが事例としてあるようです。

 

これらのような症状が出た場合は、使用を中止して医師や

薬剤師の方に相談するのがいいですね。

 

トランサミン錠の主成分は、トラネキサム酸というものに

なります。

 

このトラネキサム酸とは、いったいどんなものなのか

気になりますよね。

 

ここでは、トラネキサム酸の特徴についてお伝えしていきます。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/component/tranexamic/

 

特徴一つ目は、「実績ある成分」ということです。

 

トラネキサム酸は、薬として長く使われてきた成分に

なります。

 

口内炎だけではなく、肝斑(かんぱん)の改善効果もある

ということが知られています。

 

二つ目は、「アミノ酸の一種」ということです。

 

トラネキサム酸は、タンパク質を構成する成分である

必須アミノ酸リシンを元に人工合成されたアミノ酸の

一種です。

 

アミノ酸の一種なので、炎症を引き起こす生体内の酵素

である「プラスミン」を抑制する働きを持っているのです。

 

このことから、口内炎などの薬や、歯磨き粉などにも

幅広く使われています。

 

三つ目は、「女性ホルモンに影響しない」ということです。

 

女性ホルモンに直接働きかける成分ではないので、安心

して使用されています。

 

以上が、トラネキサム酸の特徴になります。

 

トラネキサム酸がプラスミンを抑制してくれるので、口内炎の

炎症も抑えられることがわかりましたよね。

 

口内炎の薬を買うときには、成分にトラネキサム酸が入って

いるか見てみるのもいいですね。

 

 

口内炎を一秒でも早く治すのにおすすめの薬

 


 

口内炎ができたら、ちょっとでも早く治したいですよね。

 

そんなときにおすすめの市販薬についてここではご紹介

したいと思います。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://www.sakoda-dc.com/blog-archives/mame-entry-3055-html

 

一個目は、「ケナログ口腔用軟膏」です。

 

こちらは直接塗るタイプ薬で、患部の炎症をしずめて

くれます。

 

抗炎症成分であるトリアムシノロンアセトニドが配合

されています。

 

二個目は、「口内炎パッチ大正A」です。

 

こちらは、口内炎に直接貼るタイプの薬で、患部を

刺激からしっかり守ってくれます。

 

触れたら痛いような、外からの刺激に対して敏感な

口内炎の場合におすすめです。

 

三個目は、「トラフルクイックショット」です。

 

こちらは、スプレータイプの薬で、口の奥の口内炎にも

使いやすいジェル状液となっています。

 

口内炎の痛みや腫れをしずめてくれる効果があります。

 

以上が、市販のおすすめの薬になります。

 

自分の口内炎に合うタイプの市販薬を使ってみてくださいね。

 

 

まとめ


これまで、口内炎の薬におすすめのトランサミン錠について、

またトラネキサム酸という成分の詳細、そして口内炎を早く

治すのにおすすめの薬をご紹介してきました。

 

口内炎ならトランサミン錠がいいと思っていた方も、その

良さを改めて感じたのではないでしょうか。

 

成分などは普段あまり気にしないでしょうし、効果や作用に

ついて知る機会も少ないでしょう。

 

ですが今回のように、トラネキサム酸の役割を知ることで、

安心して口内炎の薬を使うことができそうですよね。

 

トランサミン錠は処方薬ですが、上記にご紹介してきた

市販薬もいいものが多いです。

 

なかなか病院に行くことができないという方は、ドラッグストア

などで、上記の薬を見てみるのもいいでしょう。

 

お伝えしてきたように、口内炎の市販薬には色んなタイプの

ものがあるので、今の自分の口内炎に合うのはどれかしっかり

見極めたいですね。

 

もし自分で見てもわからないというときは、ドラッグストアに

いる薬剤師の方に相談して購入するといいでしょう。

 

自分に合う薬と出会えるといいですね。

  • コピーしました

   身体