効くの?効かないの?熱中症に熱さまシートは効果があるのか?

スポンサーリンク
身体

暑い日が続くと体調が崩れて風邪をひくことがあります。

風邪よりも熱中症の症状が悪いと命の危機があるため、熱中症の初期症状が出たらすぐに救急車や応急処置をしなくてはいけません。

今回は、熱中症の症状、熱中症で熱が下がらない理由などについて紹介します。

熱中症って熱が下がらないの?すぐにやってほしい対処法とは?

熱中症対処方法は?

熱中症には3つのタイプがあります。

熱けいれん

大量に汗をかいた時、血液中の塩分濃度が低下することで起こります。

症状は、足や腹部などの筋肉のけいれんで、こむら返りのように痛みがあるため注意が必要。

熱疲労

汗をかくことによる脱水症状、からだの熱を放散するために血管が拡張して血圧が低下することで起こります。

症状は、めまい、吐き気、頭痛、失神などがあります。

熱射病

体温調節機能に障害を起こし、体温が急激に上昇することで起こります。

症状は、発熱(40度くらいの高熱)と意識障害で、放っておくととても危険。

一般に熱中症では、水分を十分にとることが症状の改善や予防は必要!

  • の熱けいれんは、水だけを飲むとかえって悪くなり、熱けいれんについて知りましょう。

熱けいれんは、炎天下での長時間の仕事やスポーツ(野球、ゴルフ、サッカー、テニスなど)で、大汗をかいたあとに起こりやすい症状です。

汗をかくと、私たちのからだからは水分だけでなく、塩分などのミネラル類も大量に失われます。

とくに血液中の塩分濃度が低下すると、電解質の不足から筋肉がけいれんを起こしやすくなります。足の太ももやふくらはぎ、お腹の筋肉などが急にけいれんを起こした場合には、熱けいれんを疑う必要があります。

熱けいれんが起きたときに注意したいのは、水だけを飲むと血液中の塩分濃度がさらに低下し、症状が悪化しやすい。

ナトリウムを含むスポーツドリンク、食塩水(水500ミリリットルに対し、塩3~4グラム程度)を飲みましょう!

塩分と水分を補給してしばらく休むと通常の熱けいれんなら治まります。

からだが熱くなり、意識もはっきりしないようなときは、熱射病などを併発している可能性もあるためすぐに救急車を呼びましょう。

熱疲労と熱射病の対処法

熱疲労のときは、脱水症状や血圧の低下するとさまざまな症状が起こります。

気分が悪くなり顔も青白くなり、のどの渇き、めまい、倦怠感、吐き気、頭痛、発熱などが起こる可能性があります。

木陰など風通しのよい涼しい場所に移動し、洋服のボタンやベルトなどをはずし、水分を多めにとって休むようにします。

熱けいれんと区別がつきにくいこともあるので、スポーツドリンクや食塩水を飲みましょう。

熱疲労の状態を放置する、気が付かないでいると、汗が出なくなり、体温が急激に上昇し40度くらいになる熱射病に。

意識がもうろうと受け答えがきちんとできない、自分では動けないといった重い症状が起こります。

熱射病で倒れたときはすぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

処置が遅れると生命にかかわることもあるため、救急車を待つ間も、周囲の人に呼びかけて涼しい場所へ移しからだを冷やします。

洋服を脱がせ、からだに冷水を浴びせたり、冷たい濡れタオルを当て、うちわなどであおいで冷やし、首の両側、わきの下、内股の付け根をアイスパックなどで冷やすと体温を下げるために効果があります。

その症状ホントに熱中症?熱中症も疑うべき症状の違いとは?

熱中症にかかりやすい人は?

毎年夏バテしやすい

体力や持久力に自信がない人は、暑い時期には無理をしないで睡眠や休息を十分にとりましょう。

スポーツをする

体力に自信があっても過信は禁物で、炎天下でのスポーツはできるだけ避けます。

夏風邪をよくひく

夏風邪などを放置していると、抵抗力が低下し、暑さもこたえやすい状態になります。

肥満気味の人

太っている人には汗かきの人が多く、塩分などのミネラル分を消失しやすいので注意が必要。

高齢の人

高齢になると暑さやのどの渇きを感じにくくなり、外出時だけではなく自宅など室内にいるときにも定期的に水分をとりましょう。

熱中症の代表的な症状は?

めまい・失神

通常のめまいと同様にくらくらする、立ちくらみが起こるときは、熱中症の初期である可能性が高いです。

意識を消失するほどの失神は初期の段階では起こらないものの、熱中症の初期症状で立ちくらみのような症状が起こることを熱失神です。

体に熱がこもったことによってその熱を体外に出すために、全身の血管を広げるのですが、全身の血管を広げたことによって血圧が下がり、脳への血流量が低下します。

状態になると呼吸の回数が増え、脈が速く弱くなる、唇がしびれたりすることもあります。人によっては初期の段階であっても嘔気、嘔吐、頭痛といった症状が起こります。

また、下痢は熱中症の初期症状として出る可能性があります。

熱中症にかからないように水分を摂ることは良いが、電解質が含まれていない真水ばかりを摂ると身体の中のナトリウムの濃度が薄まるため、塩分濃度を維持するために尿量や便への水分量を増やして体外に排出させることで起こる症状です。

筋肉の緊張や硬直

筋肉の緊張や硬直で、例えば暑い中散歩や熱帯夜で寝苦しい夜などに足がつったなどの症状は、筋肉の緊張や硬直が起こっています。

体に溜まった熱を放出するために発汗をすると、ナトリウムも汗と一緒に体外へ放出されてしまいます。

体内のナトリウムが減り、電解質のバランスが崩れたことで熱性けいれんが起こります。

大量の発汗

タオルで汗を拭いても止まらない時は、熱中症の初期の症状で、熱中症の初期には体温が上がらないことも!

気温が急上昇した日はとくに注意

急に気温が高くなった日に、熱中症は多発します。天気予報で最高気温を確認し、暑くなりそうな日は服装や水分補給には十分に注意します(※3)。

出かけるときは帽子や日傘を

帽子や日傘があると、直射日光を避け、からだが感じる温度を下げることができます。

こまめに水分をとる

のどが渇いていなくても、1時間に一度くらいは水分の補給を。

スポーツ時には塩分補給も

屋外でスポーツや長時間の仕事をする場合は、スポーツドリンクか食塩水を用意し、こまめに飲むようにします。梅干を用意しておくと塩分補給になります。

体調が悪いときは無理をしない

風邪をひいているとき、寝不足気味のときなどは、無理をしないこと。

おかしいなと感じたら休む

外出時には、意識的にときどき休憩をとるようにします。また、めまいや気分が悪くなったときは、早めに涼しい場所に移動して休む。

まとめ

熱中症になると救急車に運ばれることもあるため注意が必要です。

熱中症になるのを予防するためには、外で遊んでいてもこまめに水分補給をして日陰で体を休ませることが大切です。

熱中症で体調が悪いときは、病院に行って診察をしてもらいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました