冷房病?発熱が出てきた!頭痛も少しするけど

スポンサーリンク
身体

夏場は自宅や職場で冷えた部屋にいることが多くなり、体調を崩しやすくなります。

最近体調が悪く頭痛がするときは、冷房病の可能性があります。

クーラー病の症状やクーラー病対策などについて紹介します。

冷房病とはどんな病気で症状は?テレワーク勤務者は知っておいた方が良い

冷房病とは?

夏の暑い時期は、血管を拡張させて体の熱を外に逃がすため、逆に冬は血管を収縮させて熱を逃がさないように体温を一定に保っています。

体温調節の役割をしているのが自律神経です。

この自律神経による体温調整は万能ではなく、温度差5℃くらいまでが限界です。

そのため、冷房でキンキンに冷えた室内と30℃以上の屋外との行き来を何度も繰り返していると、過度の負担から自律神経が正常に働かなくなり体の不調が起こることを冷房病と呼びます。

どんな症状があるの?

体や手足の冷え、体のだるさ、疲れやすさ、食欲不振、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、便秘、下痢などの症状があります。

自律神経は免疫やホルモンの働きとも深い関わりがあり、女性は生理不順や生理痛の原因になることも!

冷房病で頭痛がする、もしかすると自律神経に支障が出てる?

冷房病の症状は人によってさまざまで、発熱、吐き気、頭痛、下痢、悪寒、肩こり、鼻炎、脳貧血、喉の痛み、発汗、腹痛、眠気、めまい、足のだるさ、筋肉痛などがあります。

症状が複数起きる人もいれば一つだけの人もいます。

クーラー病にかかりやすい人は、その人の体質や普段の生活環境で違います。

例えば、ぐっすり寝て運動をしている人は、自律神経のバランスがいいのでクーラー病にかかりにくいです。

筋肉量が多い方が熱エネルギーを作りやすくなるため、男性に比べ筋肉の少ない女性の方がクーラー病にかかりやすいです。

女性ホルモンの変動が自律神経に影響を与えるため、生理周期で女性ホルモンの変化がある女性の方がクーラー病になる可能性が高くなります。

対策方法は?

クーラーの設定温度は25~28℃にする

室内と室外の温度差を5℃以内に維持をして、自律神経が正常に機能する環境を整えることが大切です。

クーラーの設定温度の目安は25~28℃で、一日中冷房の部屋にいると、寒さに対する感覚が鈍くなる可能性があります。

体を冷やすことになるため朝晩の涼しい時間は扇風機に切り換えて工夫しましょう。

寒いオフィスにいるときは羽織りものなどを着る

オフィスやレストラン、交通機関などは、自分でクーラーの温度調節ができません。

寒い場所に行くときは、カーデガンやスカーフ、ひざ掛け、厚手の靴下などで冷えから体を守ることが大切です。

肌の露出が多い服、体を締め付ける服や下着も血行を悪くなるため注意が必要!

シャワー浴ではなく湯船につかる

夏はシャワーが多いと思いますが、ぬるめのお湯にゆっくりつかる習慣をつけましょう。

自律神経の乱れは、ストレスで起こることがあります。

入浴するときは体を芯から温めて、体全身の血行を促しリラックス効果もあります。

体の冷えとストレスなどの対策をするときにおすすめで半身浴や足湯も!

不規則な生活や暴飲暴食を控える

睡眠が足りない、暴飲暴食は自律神経に負担をかけます。

冷房病だけではく日常生活で、規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

冷房が効いた部屋で冷たい飲み物や食べ物は、体を内と外から冷やすことになり、ジュースやビールを飲み過ぎには注意しましょう。

また、ショウガ、ニンニク、ネギ類、根菜類、コショウやトウガラシなどの香辛料といった体を温める食べ物を積極的にとりましょう。

適度な運動で冷えにくい体を作る

人の筋肉には体の熱を作り出す働きがあり、脂肪は冷えると温まりにくいです。

女性に冷え性が多い理由は、男性に比べて筋肉が少なく脂肪が多いから。

運動は筋肉を増やし全身の血流を改善する効果も期待できます。

散歩で軽く汗をかく運動を毎日歩き続けましょう。

症状が重いときは我慢せずに病院に行く

暑さや寒さの感じ方には個人差があるため、症状が出たら無理をせずに休みましょう。

クーラー病の症状が出て、吐き気などの消化器症状があれば病院に行きましょう。

自分で体を暖めるなどをして冷房病の症状が改善されるなら様子をみましょう。

もし、自分で対策や病院で治療を受けても症状が続くなら、別の病気を疑う必要があります。

クーラー病の症状に悩まされている人は、記事で紹介した対策を実践して、できるだけ規則正しい生活を送り自律神経が崩れないように気をつけましょう。

まとめ

夏になるとクーラー病になる人がいますが、自律神経が崩れるとかかりやすい。

クーラーを使うことが多い時期は、カーディガンや靴下をはく、規則正しい生活、栄養バランスがとれた食事を心がけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました