冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ?由来や意味を解説

スポンサーリンク
料理

冬至にはかぼちゃを食べる、という風習がありますが、

この意味は一体何なのでしょうか?

確かに冬至にかぼちゃを食べるって、

ちょっと意味不明ですよね。

冬至にはかぼちゃを必ず食べないといけないものなのかも気になります。

そこで今回は、冬至にはなぜかぼちゃを食べるのか、

意外と知られていないその由来や意味を詳しく解説します!

冬至にかぼちゃを食べるようになった由来

冬至にかぼちゃを食べるようになった由来はズバリ、

保存が効くだけでなく、栄養をしっかり摂れるからなんですよ!

かぼちゃはそもそも夏が旬の野菜ですが、

保存が効くため、冬まで日持ちさせることが出来るんですよね。

そして冬場の寒い時期に、夏から保存していたかぼちゃを食べることで、

栄養を摂取して風邪をひきにくくするようになった、

という由来があるんです。

確かに冬場は農作物が採れないため、食料が不足しがちなんですよね。

でも、保存の効くかぼちゃなら、美味しく食べられて、

なおかつ栄養もしっかり摂れるので、

冬至に食べられるようになったんです。

また、なぜ冬至にかぼちゃを食べるかというと、

冬至は冬の真っただ中であり、昔は『生命が終わってしまう時期

なんて言われたりしていたんですよね。

そこで、その不安を取り除き、冬の間でも健康を維持するために、

かぼちゃを食べるという習慣が出来たのです。

冬至にかぼちゃを食べるって、

すっごく理にかなったことが由来だったんですね!

その由来が今でも受け継がれていて、

冬至にはかぼちゃを食べて寒さの厳しい冬を乗り越えよう、

という願いが込められているんです。

ちなみに、冬至にはかぼちゃだけでなく、

名前に『ん』が付く食べ物を食べると良い、

と言われています。

かぼちゃも漢字で書くと『南瓜』つまり『なんきん』と読むので、

冬至にはまさにうってうけの食べ物だったんです。

かぼちゃの他には、レンコンやニンジン、金柑(きんかん)、

銀杏、寒天、そしてうどんなどを食べると良いとされています。

ということで冬場の健康のためにも、

冬至にはかぼちゃをはじめ、『ん』の付く食べ物を摂って、

寒さに負けない体作りをすると良いでしょう!

私も冬至にはなるべく、これらの食べ物を食べて、

栄養をつけていこうと思います。

やっぱり冬場は寒いし乾燥しがちなので、

とっても風邪をひきやすいですからね。

そうならないためにもぜひ、かぼちゃなどを食べて、

健康をキープしていきましょう!

冬至にかぼちゃを食べるのにはちゃんと意味がある

先ほども紹介したように、かぼちゃを冬至に食べるのは、

真冬でも寒さを乗り越えられるように、かぼちゃから栄養をしっかり摂り、

風邪をひかないようにしていくことですね。

また、冬至は1年の中で最も、運気を上昇させることが出来る日、

ともいわれていました。

だからこそ、かぼちゃをはじめ、名前に『ん』が付くものを食べて、

運気を上手く上昇させようとしていたんですよね。

つまりかぼちゃを冬至に食べるのには、

運気を上げるという意味も込められていたんですよ!

しかもかぼちゃは栄養が豊富なため、

かぼちゃを食べていれば風邪をひかない、

と昔から言われていたので、健康面でも、

運気面でも、かぼちゃは重要な食材だったのです!

しかもかぼちゃは夏の野菜であるため、

『陽』の気を持っているとされています。

中国の古い思想である陰陽思想では、夏を『陽』、

冬を『陰』と考えていました。

冬至はまさにこの『陰』の時期でもあるので、

『陽』の時期に採れたかぼちゃを食べることで、

『陽』の気を補うことが出来る、とも言われていたんですよ。

『陽』の気は文字通り、とても明るく良い気だとされているので、

食べ物からもこの気を取り入れて、より健康かつ運気を上げよう、

という意味合いがあったんですね。

冬至にかぼちゃを食べるって、

こんなにも深い意味や由来があったんですよ!

ということでぜひ、冬至にはかぼちゃを食べるようにすると良いでしょう。

実際、かぼちゃにはβカロテンやビタミンAをはじめ、

様々な栄養が含まれています。

そのため、かぼちゃを食べれば風邪予防にとっても適しているんですよ!

そのためなるべく冬至にはかぼちゃを食べるのがベスト。

もちろん先ほど紹介した、『ん』がつく食べ物を食べるのもOKですよ。

寒い冬でも栄養を摂るだけでなく運気も上げて、

心身ともに健康でいられるようにすると良いでしょう!

ちなみにかぼちゃの食べ方はお好みでOKなので、

かぼちゃの煮物や天ぷら、またかぼちゃプリンや、

パンプキンタルトなどを食べてもいいですね!

ぜひお好きな方法でかぼちゃを食べてみてくださいね。

また、冬至といえばかぼちゃを食べることはもちろん定番ですが、

ゆず湯に浸かることもお馴染みですよね!

ゆず湯に使われるゆずの香りには、邪気を払う効力がある、

と考えられていたため、やっぱり運気を上げる意味を込めて、

冬至にはゆず湯に浸かるんですよ。

ということは、冬至にはかぼちゃを食べてゆず湯に浸かれば、

運気は完璧に上げることが出来るし、しかもゆず湯に入れば、

体がポカポカになるので、より風邪をひきにくくなる、

というわけなんです。

本当に日本の風習って理にかなったことだらけですね!

冬至になったらかぼちゃとゆず湯でぜひ、

健康を維持しつつ、運気もあげていきましょう。

まとめ

冬至にかぼちゃを食べる由来は、保存性が高いだけでなく、

健康を維持し、運気を上げることが出来るから。

冬至って寒くなって風邪をひきやすい時期だし、

運気が左右される時でもあるので、

栄養があり、しかも『陽』の気を持つかぼちゃを食べることで、

心身共に健康でいられるようにという意味があるんですよ。

かぼちゃの他にも、レンコンやニンジンなど『ん』が付くものを食べたり、

ゆず湯に浸かることで、より運気を上げて健康的でいられるので、

ぜひ冬至には栄養をしっかり摂り、体を温めて健康をキープしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました