料理

健康生活には不可欠!発酵食品のメリットデメリットを解説します

目安時間 9分
  • コピーしました

発酵食品は健康に良いと思っている方も多いかと思います。

 

ですが、発酵食品にはデメリットはないのでしょうか…。

 

この記事では、発酵食品のメリット・デメリットについてお伝えしていきたいと

思います。

 

発酵食品を常備しよう!作り置きメニュー紹介


早速、発酵食品のメリットとデメリットについて調べてみました。

https://epark.jp/medicalook/eat-fermented-foods/#i

 

こちらのサイトによると、やはり発酵食品にもメリットとデメリットの両方が

あることがわかりました。

 

まず、メリットとしては、「お通じ改善・ダイエットサポート」、「美肌効果」が

あることがわかりました。

 

発酵食品を食べると、腸内環境が整って便秘解消につながります。

 

これが結果としてダイエット効果ともなるのです。

 

また、腸内環境が整うことで栄養素の吸収率が良くなり、美肌につながります。

 

反対にデメリットとしては、「塩分過多によるむくみ」、「太る」といったことが

あります。

 

お味噌や漬物などの塩分が多い発酵食品を食べ過ぎてしまうと、むくみに

つながってしまいます。

 

さらには、加糖タイプのヨーグルトなどを食べ過ぎてしまうと、糖分の

摂り過ぎになってしまい、逆に太ってしまうということもあるようです。

 

上記のようなメリット・デメリットがあるということを覚えておくと

いいですね。

 

また、発酵食品は日々適量を取り入れたいものです。

 

そのときに、発酵食品の作り置きがあると便利ですよね!

 

ここでは、発酵食品の作り置きメニューを探してみました。

https://kinarino.jp/cat4/40252?page=3

 

こちらのサイトで、「鶏もも肉のお酢とタレ炒め」というメニューがおすすめだと

わかりました。

 

意外と知られていないかもしれませんが、実はお酢も発酵食品の仲間なのです。

 

作り方もとっても簡単ですよ。

 

まず材料は、鶏もも肉2枚(300~400g)、焼き肉のたれ大さじ1、片栗粉大さじ2、

A【焼き肉のたれ大さじ3、酢小さじ1、にんにく(すりおろし)小さじ1/2】、

オリーブオイル(サラダ油)大さじ4です。

 

作り方は、まず鶏もも肉を1口大に切ります。

 

ボウルに、鶏もも肉、焼き肉のたれ、片栗粉を入れて揉み込みます。

 

フライパンにオリーブオイル(サラダ油)を中火で熱し、先ほどの鶏もも肉を

入れて揚げ焼きにします。

 

片面2分ほど蓋をして焼き、蓋を外して裏返し3分ほど焼きます。

 

最後に、混ぜ合わせたAの調味料を入れて絡めたら出来上がりです!

 

こちらは、冷蔵庫で4~5日ほど日持ちするそうなので、作り置きしておくと

夕飯のメインにもなりそうですし便利かと思いますよ。

 

発酵食品が健康に良い5つの理由


そもそも、発酵食品が健康に良いと言われる理由についても知りたいところ

ですよね。

https://www.yomeishu.co.jp/health/3892/#:~:text=%E7%99%BA%E9%85%B5%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%81%AF%E3%80%81%E9%BA%B9%E3%82%AB%E3%83%93,%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

 

こちらのサイトによると、発酵食品が健康に良い理由には次のようなことが

あることがわかりました。

 

一つ目は、「栄養をスムーズに吸収させることができる」ということです。

 

発酵食品は、細菌などの微生物の働きによって、原料成分の栄養素が分解

されており、消化吸収しやすい状態にあります。

 

これにより栄養をスムーズに吸収して体内にめぐらせることが可能に

なります。

 

二つ目は、「免疫細胞を活性化させてくれる」というものです。

 

発酵食品は、病気などから守ってくれる免疫細胞の活性化を手伝ってくれます。

 

なので、健康にも発酵食品はおすすめというわけです。

 

三つ目は、「栄養価や旨味成分アップが期待できる」というものです。

 

発酵食品の代表でもある納豆に含まれるビタミンKは、なんと茹でた大豆の

120倍にもおよぶそうです。

 

さらには、発酵食品は発酵によってタンパク質が分解されて旨み成分である

グルタミン酸ができるので、より美味しい!と感じるのだそうです。

 

四つ目は、「保存性を高めてくれる」ということです。

 

発酵食品に含まれる微生物には、自分以外の微生物の生育を阻止、

または死滅させる作用があり、ある一定量を占めると、善玉菌である

腐敗菌が駆逐されて腐りにくくなるのだそうです。

 

よって、健康面でも安心して発酵食品を食べることが可能になのです。

 

五つ目は、「生活習慣病を予防してくれる」というものです。

 

発酵食品は、血管壁に付着した悪玉コレステロールを除去してくれたり、

高血圧を予防してくれる作用が期待できます。

 

上記のことから、発酵食品は健康にも良いと言われていることを知っておきたい

ですね。

 

まとめ


これまで、発酵食品のメリット・デメリットについて、また発酵食品の作り置き

メニューでおすすめのもの、さらに発酵食品が健康に良い理由について

お伝えしてきました。

 

発酵食品には、メリットもデメリットもあることがわかりました。

 

発酵食品は体に良いからといって食べ過ぎてしまうと太る可能性もあります。

 

良いものをたくさん食べればいいというわけではないということですね。

 

バランスよく、日々の食事に発酵食品を取り入れることが大事になってきます。

 

また、発酵食品の作り置きメニューもあることがわかりました。

 

ご紹介したレシピは、発酵食品の一種であるお酢を使うので、体にとっても

嬉しい効果が期待できます。

 

さらに、発酵食品が健康に良いと言われる理由についてもわかりました。

 

発酵食品は、人が健康に暮らすために欠かせないものだとわかりますよね。

 

バランスの取れた食事を意識すると同時に、発酵食品も積極的に取り入れる

ようにしたいですね。

  • コピーしました

   料理