悩み

他人事ではない?!隣人トラブルが怖い人は知っておきたい事例

目安時間 9分
  • コピーしました

新築で家を建てても隣人トラブルにあうのは嫌ですよね!?

隣人トラブルはどんなことがあるのか知っておくことで、対処できる可能性があります。

隣人トラブルにあった人のブログや隣人トラブルの原因などについて紹介します。       

 

想像を絶する!隣人トラブルは非常識なクレーマーが多い?!

          



 

 

生活音・騒音

トラブルに発展する生活音にはドアを閉める音やトイレの水を流す音、他には携帯電話を床に置いていたときの着信バイブレーションが鳴る音などがあります。

 

子供の走る音や赤ちゃんの泣き声も、マンションの構造によってはトラブルの原因に。

 

大きな量で音楽を再生や楽器の演奏、必要以上に大きな声での会話や怒鳴り声での喧嘩などがあり、音が大きく響いている場合もあるため解決することが難しいです。

 

 

 

ペットの飼育、マナー

ペットの飼育やマナーがトラブルの原因となるのは、ペット可のマンションの場合です。動物の鳴き声やニオイ、糞尿の始末など様々な原因です。

 

マンションが住民の快適な生活を守るために定めている「ペット飼育規約」を守らない飼い主がいるためトラブルの原因になります。

ペットを飼う人と飼わない人の間のペットの飼育方法について認識の差もあるため、トラブルになりやすい。

 

 

タバコのマナー

吸う人と吸わない人のタバコに関するトラブルです。

ベランダなどで喫煙してもタバコの煙が上の階や隣の部屋の窓から室内に入ると、苦情の原因になります。

また、喫煙者のマナーが悪く、ポイ捨て、共用部分での喫煙がトラブルの原因になります。

 

 

ゴミの出し方や分別方法

別の地域や自治体から引っ越して来た人が、引っ越した先のゴミの出し方や分別を守らずにトラブルになります。

 

出し方や分別方法を知ってもらえれば解決できますが、「ゴミ出しの時間を守らない」「ゴミ袋の口がきちんと閉められていない」といった問題の解決は簡単ではないため、ゴミには大いにプライバシーが含まれています。

ゴミを通じたプライバシーの侵害が原因でトラブルが起きる可能性があります。

 

 

玄関前や廊下などの共用部分の使い方

放火の危険のあるダンボールや新聞紙などの可燃物を、廊下に放置したままの住人がいる」「駐輪場があるにもかかわらず、廊下や玄関前などの共用スペースに自転車を停めている住人がいる」など、共用部分の使い方もトラブルの原因の一つです。

 

各マンションにはそれぞれルールがあるものの、共用部分を巡るトラブルの原因となる人はルールが通用しないこともある。

 

 

車や駐車場でのマナー

早朝や夜間にエンジンの音がうるさい」「隣の住人の知人が、勝手に自分の駐車スペースに車を停めていないなど車や駐車場を舞台にしてトラブルが起きるケースも少なくありません。

 

他のパターンでも同じですが、どれくらいのエンジン音がうるさいかというのは個人によって変わり、今まで問題にならなかったものが、新しい住人の価値観で問題になる可能性があるため注意が必要。

 

 

すれ違った時の挨拶

 

2016年には関西地方のあるマンションで、敷地内の住人の挨拶禁止がルール化されたところがあります。

このようなルールができた発端は管理組合の総会で、小学生の親から「知らない人に挨拶されたら逃げるよう教えている。マンションで挨拶するのはやめて欲しい」という要望があったためです。

 

この提案に対して年配層の住人も「挨拶の返事がなく、気分が悪かった」と言い始め、挨拶禁止のルール化に至りました。

 

 

 

新築なのに隣人トラブル?!そうならないために参考にしたいブログ

 



賃貸住宅のトラブル事例と解決法~隣人トラブル編

 

https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_room/rinjin-trouble/

 

隣人とのトラブルでよくあるのが、生活音や子どもの走り回る音などの騒音問題、タバコやごみ、ペットなどのにおい問題、それにゴミ出しやあいさつなどのマナー違反などだろう。

 

もっとも相談が多いのは騒音トラブルで、賃貸住宅の管理を手がけるミニミニの永田徹さんだ。「友人を呼んで夜中に話し込んでいたら、隣から壁を叩かれたというのはよくある話。なかには下の階の人から天井を棒で叩かれたり、新聞受けにホースを突っ込んで水をまかれたりなど

 

 

一戸建てのご近所嫌がらせトラブルでもう売りたい!子供の声やタバコ問題でノイローゼになりそうな時の対処法

 

https://momonestyle.com/residential-home-neighborhood-trouble

 

新築一戸建てを買ったのに、新築ノイローゼになってうつ病になってしまった相談が多い。

騒音問題で新築ノイローゼになって、夫婦でうつ病を発症した。

 

旦那さんはタバコを家の中では吸わずに、自分の庭で吸うようにしていたは、なぜか隣の人がわざとお風呂場やトイレ、勝手口の電気をつけたり消したり、勝手口のカギをガチャガチャされたよう。

 

冬になると雪を沢田さんちの方にわざと除雪してきたり、カーポートの雪が落ちて給湯器にあたるから、撤去しろと文句を言ってくるように。

 

色々提案をしているそうですが、まったく聞く耳も持ってはくれませんでした。

 

こんな嫌がらせをずっと受けてきた結果、旦那さんは限界がきてしまってノイローゼ気味になってしまい、現在は引越しを考えられているそうです。

 

最初は分譲地内の公園で子どもたちと一緒に遊ばせているうちに、そこで遊ぶママさん達とも仲良くなって楽しかったそうです。

 

子供が歩きまわるようになり、走り回るようになり、男の子2人が小学生ぐらいになってから手がつけられないほどに。

ギャーギャー騒ぎまくることに注意しつつも、次第に隣人宅の受験生がいる家庭から嫌がらせを受けるように。

 

罵声は飛んでくるし、ドロのような土を家の前に巻かれ、ポストに紙ゴミを入れられ、なぜか周りの仲の良いママ友からも無視され、隣の人がいろんなよからぬウワサを広めているようでして分譲地内で孤立していったそうです。

 

 

 

 

新築一戸建て購入失敗。新築ノイローゼになるような家を買ってしまった時の3つの対処法

https://momonestyle.com/newly-built-single-family-purchase-failure

 

日中家にいる時間を減らす。働いて稼いで引っ越し計画

 

騒音に慣れるようにしてみる

 

もっとつらいノイローゼパターンもある事を知ることで、人間関係ほどつらいものはありません。

騒音も近所も最悪という2大ダメパターンの被害にあった人持や、嫌がらせをする人など近所付き合いですごく悩んでいる人もいるようです。

 

 

まとめ




新築で家を建てても隣人から嫌がらせを受けるのはストレスになりますよね。

そんなときは新築で起きたトラブルを対処する方法などを知っておくとストレスがたまらない可能性があります。

 

隣人とトラブルが起きないように対処方法を知っておきましょう!

 

 

  • コピーしました

   悩み 

この記事に関連する記事一覧