身体

メラトニンって何?その役割や薬の成分についてわかりやすく解説

目安時間 10分
  • コピーしました

「メラトニン」って何か知っていますか?

 

よくテレビや雑誌などでも、メラトニンという言葉は聞くことが

あるかもしれませんね。

 

ですが、実際のところメラトニンについて、あまりよく知らない

という方も多いのではないでしょうか。

 

実は、このメラトニンは私たちの睡眠にとても関わりが深く、

重要な役割をしてくれているのです。

 

この記事では、そんなメラトニンについて詳しくお伝えして

いきたいと思います。

 

また、メラトニン薬として知られる「メラトニン受容体作動薬」に

ついても触れたいと思います。

 

メラトニンについて色々と知りたいなと思っている方のお役に

立てますと幸いです。

 

 

メラトニン受容体作動薬は睡眠障害の治療に用いられる

 

 

 

まず早速、メラトニンとは何なのかということからお伝えして

いきたいと思います。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://www.tainaidokei.jp/mechanism/3_3.html

 

メラトニンとは、脳の松果体(しょうかたい)と呼ばれる部分から

分泌されるホルモンのことを言います。

 

そして、メラトニンは別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、

覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘ってくれる役割が

あります。

 

人の体は、朝に太陽の光を浴びると、脳にある体内時計の

針が進み、体内時計がリセットされて活動状態に導かれます。

 

目覚めてから14~16時間くらい経つと、体内時計からの

指令が出て、メラトニンが分泌されるのだそうです。

 

その後、メラトニンの分泌が高まっていき、その作用によって

深部体温が低下し、休息に適した状態に導かれていくのです。

 

この状態になると、人は眠気を感じるのですね。

 

上記の流れを見ると、脳の体内時計とメラトニンの連携によって

私たちの睡眠は促されていることが分かりますよね。

 

また、睡眠リズムを整えてくれる「メラトニン受容体作動薬」

という薬があることをご存じでしょうか。

 

この薬は、メラトニンと同様の働きをしてくれるのです。

 

上述したように、人は朝の光を浴びることで、体内時計を調整して

いますが、朝に光を浴びることが難しい状況や、生活習慣が極端に

乱れているという場合は、この薬を服用することもあるのだそうです。

 

そして他にも、メラトニンと同様の働きをする薬で「ラメルテオン」

というものがあります。

 

この薬は、思春期から青年期の若い世代の方や、不規則勤務

などで、睡眠リズムがバラバラである方に用いられることが

多いのだそうです。

 

ただ、このラメルテオンの服用には注意も必要で、この薬を

通常の用法容量(就寝前に1錠、8mg)で飲むと、睡眠リズムを

整える作用よりも、かえって日中の眠気などの副作用が

強く出てしまうことが多いのだそうです。

 

なので、服用時間や服用量に注意を払う必要がありますね。

 

上記の、メラトニン受容体作動薬や、ラメルテオン薬に関する

情報は、こちらのサイトにわかりやすく載っていましたので、

ぜひ参考にされてみてくださいね。

 

サイトはこちらです。

https://manaclinic.jp/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E8%96%AC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

 

 

メラトニン(睡眠ホルモン)は年齢とともに減少する

 

 

 

実は、メラトニンは年齢を重ねるとともに、分泌量が減るという

ことが明らかになっています。

 

なので、若いころよりも睡眠時間が減ってくるのは、加齢により

体内時計の調節機能が弱まっているためと考えられています。

 

年をとってから朝早く目覚めるようになったという声や、

夜中に何度も目が覚めてしまうといった声を聞いたことが

あるのではないでしょうか。

 

この現象が、まさに睡眠ホルモンであるメラトニンの減少による

ものなのです。

 

メラトニンの増減を年代で見てみると、まず新生児期はほとんど

メラトニンは生成されないのだそうです。

 

そして、10歳ごろになるとメラトニンの量がピークに達します。

 

こうしてピークに達したメラトニンが減少を始めるころに

なると、思春期が始まると言われています。

 

そして、30代、40代、50代と減少を続け、60歳ごろになると、

もう微量しかメラトニンは生成されなくなるのです。

 

メラトニン生成にはこのような変化が見られるということを

この機会に知っておくといいかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

 

 

これまで、メラトニンとは何なのか、またメラトニン受容体

作動薬について、そしてメラトニンは年齢とともに減少する

ということをお伝えしてきました。

 

今まで、メラトニンについてあまり知らなかったという方も、

メラトニンの役割などを知り、その重要性が理解できたのでは

ないでしょうか。

 

日々何となく生活していると、自分の体内に起こっている

ことまで考えることは、なかなかしないですよね。

 

でも実際は、メラトニンや体内時計が正常に働いているおかげで、

日頃の睡眠は保たれているということなのです。

 

そういった、体の中で起こっている現象について知ることも、

人が生きていく上で大切なことなのかもしれませんね。

 

睡眠の質や、リズムに悩んでいるという方は、メラトニン

受容体作動薬に頼ってみるという方法もあります。

 

睡眠障害を改善することは、可能でもあるのです。

 

もし今、睡眠のことで悩んでいる場合は、ぜひ一度かかりつけの

先生に相談をされてみるといいかもしれませんね。

  • コピーしました

   身体