ペットの犬にマダニが!取り方や予防方法を教えて

スポンサーリンク
ペット

ペットの犬にマダニが付いているのを発見したら、

どうやって取るのが良いんでしょうか?

無理に引っ張って取ってしまっても大丈夫なのか、

すごく心配ですよね…。

でも大事な飼い犬のためにも、早くマダニをなんとかしてあげたい!

そこで今回は、ペットの飼い犬にマダニが取り付いていた時の、

正しい取り方やマダニ予防の方法を詳しく解説していきます!

マダニが犬に付いているのを見つけた時の取り方

大事な大事なワンちゃんにマダニが取り付いていたら、

無理に引っ張って取ろうとしてはいけませんよ!

マダニは犬の皮膚にしっかりと食い込んでしまっているので、

無理やり慌てて引っ張って取ろうとすると、患部が化膿してしまったり、

マダニが持っている病原菌がワンちゃんに移ることも!

そのため、マダニがワンちゃんに付いているのを発見したら、

すぐに動物病院へ連れていくようにしましょう。

そして獣医さんに処置をしてもらえば、

ちゃんと安全にマダニを駆除して取ってもらえるので安心です。

やっぱり、ペットにマダニが付いている場合って、

無理やり取ろうとしてはいけないんですね…。

我が家では猫を飼っていますが、完全室内飼育なので、

マダニの心配はありません。

でも、マダニはどこから侵入してきてペットに取り付くか分からないので、

我が家でも飼い猫にマダニが取り付いたら、

すぐに動物病院へ連れて行くようにします!

あなたのお家のワンちゃんも、もしマダニが取り付いていたら、

絶対に自分で取ろうとはせずに、獣医さんに診てもらって、

正しい処置をしてもらってくださいね!

ただし、ワンちゃんが痛がっていたり、

獣医さんがもう閉まっている場合は、

応急処置として、マダニを飼い主さんが駆除すると良いですね。

その場合は必ずピンセットを使い、

マダニを潰さないようにして、

丁寧にマダニを取り除くようにしていきましょう。

でも、マダニをピンセットで取るって、

なかなか難しいんですよね…。

そのため、出来れば近くに開いている動物病院がないか探して、

緊急外来としてワンちゃんを動物病院へ連れて行くようにしましょう。

やっぱりマダニを素人が駆除するのって、

すごく難しいんですね…。

ヘタをすると、マダニの頭部が患部に残ってしまう可能性もあるので、

やっぱり獣医さんに診てもらうのが一番です。

そして、応急処置としてピンセットでマダニを取り除いた場合でも、

後でちゃんと動物病院へワンちゃんを連れて行き、

患部に問題がないか診てもらってくださいね!

マダニは飼い主さんが引っ張らずに、

獣医さんに取ってもらうこと。

これこそが正しいマダニの取り方なので、

ぜひ覚えておきましょう!

マダニから大事な犬を守る!予防方法はコチラ

マダニから大事なワンちゃんを守るための予防方法としては、

マダニやノミなど害虫の駆除薬を与えることですね。

最近ではおやつ感覚で飼い犬に食べさせることで、

ノミやマダニを予防することが出来る薬もありますので、

ぜひかかりつけの動物病院で処方してもらってください。

また、首筋に垂らすことで、ノミやマダニなどを駆除する薬もあります。

この薬は市販されているものもありますが、

やっぱり獣医さんから処方してもらった薬の方が、

とても安全かつ効果的に、マダニを予防することが出来ますよ。

そのため、マダニを予防するためにも、

やっぱり獣医さんに駆除薬、予防薬を処方してもらうようにしましょう!

そうすれば安心してマダニから大切なワンちゃんを守ることが出来ます。

やっぱりマダニからワンちゃんを守ってあげたいですよね。

また、マダニがワンちゃんに取り付かないためにも、

散歩の時は出来るだけ、草むらなどマダニがいそうな場所には、

入らせないようにするのもおすすめの予防法!

草むらなどは特にマダニが多いし、

場合によっては他の毒虫やヘビなどに噛まれてしまう危険性もあります!

そうすると、大事なワンちゃんがとても痛い思いをしてしまうので、

くれぐれも草むらにはなるべく、近寄らせないようにしましょう。

そして、散歩から帰ってきたら、ブラッシングをしたり、

定期的にシャンプーをしてあげたりして、

体を清潔に保つようにしてあげてくださいね。

やっぱり体が清潔であれば、マダニも予防出来るのでおすすめ。

ちなみに、マダニはワンちゃんの耳や鼻周辺、

目元やお尻、胸部などに取り付いてしまうことがあるので、

散歩から帰ってきたら、なるべくこれらの場所をチェックして、

マダニが取り付いていないか調べておくと良いでしょう。

そうすれば万が一マダニが取り付いていても、

すぐに発見して獣医さんのところに連れて行けるので安心ですよ!

でもやっぱり、マダニからワンちゃんを守るためにも、

駆除薬などを使って、ぜひマダニの予防をしていってくださいね。

そうすればワンちゃんの健康も守れますよ!

またもしワンちゃんにマダニが取り付いていたとしても、

慌てないで落ち着いて対処していきましょう。

マダニはやっぱり病原体を持っている怖い害虫なので、

くれぐれも素人が駆除しないように気を付けてくださいね。

そしてワンちゃんのためにも、

マダニ予防は日々しっかりとしていくと良いですよ!

まとめ

マダニが飼い犬に取り付いていても、無理に引っ張って取ろうとするのはNG!

必ず動物病院へ連れて行き、獣医さんに駆除してもらうのが正解ですよ。

ただし応急処置をする場合は、

ピンセットでマダニを潰さないようにして取り除き、

その後獣医さんのところに連れて行ってあげてください。

またマダニ予防としては、駆除薬を与えることと、

散歩の際に草むらを歩かせないことと、

ブラッシングやシャンプーを定期的に行うこと。 そうすれば大事なワンちゃんを

コメント

タイトルとURLをコピーしました