プラセンタ注射はなぜアメリカでは禁止されているの?その理由とは

あなたは、プラセンタ注射についてどれぐらい知って

いますか?

これから、プラセンタ注射をやってみたいなと

インターネットで検索しているところかもしれませんね。

実は、プラセンタ注射はアメリカでは禁止されているのを

ご存じですか?

その理由について以下にお伝えしていきます。

アメリカでは、プラセンタの副作用の危険性から

美容や更年期障害の治療でも使用を禁止している

ようです。

また、別の見解として、アメリカがプラセンタを禁止にした

背景には、プラセンタの製造工程に問題があり、製造禁止

という結果に至ったという説もありました。

実際のところ、どの理由からプラセンタ注射が

禁止となったのか、確実な理由づけは見つける

ことができませんでした。

ただ、アメリカでプラセンタ注射は禁止されていますが、

産後に不要となってしまった胎盤をプラセンタカプセル

として摂取する方法は推奨されているようなのです。

このプラセンタカプセルは、産後の身体の回復や

産後うつの軽減、著しい体力低下の防止などに役立てて

いるとのことです。

そもそも「プラセンタ」とは何か?国によって禁止されている理由とは

ここでは、プラセンタとは何かをご説明します。

プラセンタとは、胎盤のことを指しています。

ヒトだけではなくウマやブタの胎盤のこともプラセンタと

呼びます。

プラセンタは、10ヶ月という短い期間で、受精卵から

赤ちゃんにまで成長させることができるすごい臓器

なのです。

よって、プラセンタには様々な栄養が豊富に含まれて

いるのが分かります。

実は、プラセンタの使用については、国によって様々な

見解があり、国ごとで使われ方が違います。

例えば、ヒトプラセンタは日本でしか接種することが

できないようです。

アメリカでは、プラセンタ注射はしていませんが、

プラセンタサプリはかなり出回っています。

プラセンタ注射は、世界で見ても日本とロシアと

韓国のみが使用しているのです。

このように、国によって基準がバラバラなのが分かります。

でも、共通していることは、「プラセンタを上手く利用する

というところでしょう。

それぞれ、取り込み方は違いますが、プラセンタの良さを

どの国も使おうと試みているのが分かります。

国によって禁止されている理由が異なるのは、

それぞれの国のやり方、方法の違いと言えるでしょう。

プラセンタ注射は効果と副作用を知って判断すべし

日本では、病院でプラセンタ注射の摂取が可能ですが

その効果や副作用は色々あります。

一般的に言われている効果は、美肌になれるとか、

更年期障害の症状の改善が見込めるといったものですね。

しかし、そういった効果が得られないという体験談や

口コミがあるのも事実です。

ですが、日本国内においての分娩で、感染症の検査が

マイナスのヒトの胎盤しか使用しないなど徹底はされています。

また、採取した胎盤をそのまま使用するのではなく、

必ず高圧蒸気滅菌し、無菌試験と動物試験を経てから

プラセンタの注射薬が作られているそうです。

これを聞くと、高い安全性を確保してくれているのが

分かります。

このようにして作られた、安心安全に使用できる

プラセンタ注射であれば効果も期待できると考えら

れている理由が分かる気がしますね。

これだけ徹底はされていても、やはり副作用が確実に

出ないということではないです。

人によっては、副作用の反応がでるという場合も少なからず

あるようです。

これほどの安全性に配慮されていること、それでもやはり

副作用が起こる場合もあることを頭に入れておく必要が

あります。

まとめ

これまで、プラセンタがアメリカで禁止されている理由や

プラセンタの国による使い方の違い、また効果や副作用を

知ることの大切さについてお伝えしてきました。

調べれば調べるほど、気軽にプラセンタ注射を受けに

行くことができなくなってしまった…と思った方もいるかも

しれませんね。

でも、国によって考え方に違いが出てくることは仕方の

ないことかもしれません。

その国々で、環境や、やり方、方法が違えば、違う結果が

出てくるのはあり得ることだと思います。

よって、諸外国ではプラセンタ注射が禁止されているところも

あるのに日本はプラセンタ注射して大丈夫なの?と過度に心配

する必要はないでしょう。

もちろん、そういった国々の実情を知ることはとても大事です。

ですが、何が正しくて何が良いのかというのは、あとは自分で

決めるしかありません。

プラセンタ注射を少しでもやってみたいと考えている方は、

一度病院で相談されてみてもいいかもしれません。

アメリカでプラセンタ注射が禁止されていても、日本は

きちんとしたかたちでプラセンタ注射が認められているのも

事実です。

プラセンタ注射をする上で、一番大事なのは、自分が

納得するということですね。

他人からの意見やアドバイスもあるかもしれませんが、

自分が調べたり、病院の先生に聞いてプラセンタ注射を

やってみるかどうか決められるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク