プラセンタ注射が保険適用になる場合もある!?条件は厳しい?

あなたは、プラセンタ注射に興味がありますか?

美肌になると聞くし、ちょっとやってみたいなと

思っているところかもしれませんね。

そんなプラセンタ注射ですが、実は保険適用になる

場合があるのです。

保険適用ならなおさらやってみたいと思われたのでは

ないでしょうか。

でも、すべての場合に保険が適用になるわけでは

ないようなのです。

そこで、どういった場合にプラセンタ注射が保険適用に

なるかを調べてみました。

結論から言うと、保険適用で受けられるプラセンタ治療には

2つあるようなのです。

1つ目は、メルスモン製薬(株)社製のメルスモンという

プラセンタ注射です。

更年期障害(45~59歳までの女性)や乳汁分泌不全に

保険適用されます。

2つ目は、㈱日本生物製剤社製のラエンネックという

プラセンタ注射です。

肝機能障害に保険適用となります。

㈱日本生物製剤社製のプラセンタ注射は、肝疾患の治療薬

として開発されたそうです。

肝臓を守ってくれる働きがあり、症状の進行を遅らせる

ことを目的としてくれます。

また、肝機能の改善も期待できるそうです。

気を付けたい点は、保険適用でプラセンタ注射を

受ける場合、治療の一環ということになるので、

プラセンタ注射を受けられるかどうかは主治医の判断によります。

よって、プラセンタ注射を保険適用でしたいと主治医に

申し出ても、主治医によってプラセンタ注射が必要と診断

された場合にしかプラセンタ注射を受けることはできません。

そのあたりは注意が必要ですね。

美容だけじゃない!プラセンタ注射は肩こりにも効く

実は、プラセンタ注射は美容目的だけではなく、

肩こりの改善にも適しているのをご存じでしょうか。

それならやってみたい!と思った方もいるでしょう。

整形外科などでも、プラセンタ注射を行えるところがある

ようです。

プラセンタ注射が肩こりにも効く理由を、プラセンタの働きに

注目して以下にご紹介します。

まずは、「自律神経のバランスを整える」ということです。

乱れた自律神経を整えてくれる作用があるので、ストレスが

原因となっているような肩こりに効果があるそうです。

次に、「血流を良くしてくれる」というところです。

血行が悪いと、老廃物が溜まってしまい、肩がこわばる

ようになります。

肩がこわばることで、肩や首筋などが慢性的に緊張しやすく

なってしまいます。

そこで、プラセンタ注射をすると、血流や血行が改善し、

コリの緩和を目指すことができます。

最後に、「炎症を抑えてくれる」というところです。

肩こりは非常に慢性化しやすいです。

その慢性化した肩こりの痛みに効果が期待できます。

炎症を鎮めてくれ、痛みで悩んでいる方の助けとなる

かもしれません。

以上の3つのプラセンタの働きを見ると、美容にだけではなく

肩こりにも効果的なことがお分かりいただけたかと思います。

また、肩こりだけではなく、関節痛にも効果があるよう

ですよ。

プラセンタ注射は太るってホント?太らない方法もある?

肩こりの改善にも効果的なプラセンタ注射ですが、

プラセンタ注射をすると太るという話を聞いたことが

ある方もいるかもしれませんね。

女性は特に、体形の変化に敏感ですし、気になるところ

ですよね。

調べてみると、プラセンタには脂肪を蓄積する作用は

ないようです。

ただし、プラセンタには成長因子の働きなどにより、細胞が

活性化して骨密度や筋肉量が増えることはあるそうです。

よって、その分の体重が増えると考えられています。

プラセンタを利用して太ったという方で考えられる原因の

多くは、食欲増進による食事のとりすぎにあるようです。

太る理由としては、プラセンタによって細胞が活性化され

食欲が増すことにつながっているという可能性があるよう

です。

プラセンタそのものが太る原因となっているわけでは

ないようなので、プラセンタ注射で太るかもしれないと

気になっていた方には朗報ですね。

食欲のコントロールは自身でも可能ですし、太ることを

防ぐことができるのは自身の生活習慣によるところかも

しれませんね。

まとめ

これまで、プラセンタ注射を検討されている方が

気になっているであろうことをご紹介してきました。

特に、プラセンタ注射が保険適用になる場合もある

というのは知っているのと知らないのとで、利用の仕方も

変わってきますよね。

プラセンタ注射への抵抗も軽減されるのではないでしょうか。

また、肩こりがある方にもプラセンタ注射は効果的なので

肩こりに悩まされていたけど病院受診はしたことがない

という方もぜひプラセンタ注射を検討していただきたいと

思います。

肩こりの痛みは、つい放置してしまいがちですよね。

昔からずっとそうだから…とあきらめている方もいるかと

思います。

でも、肩こりの痛みによって、睡眠の質が悪くなったり、

ストレスがたまってしまったりと、体にとっては

良くない場合もありますよ。

そういった症状とずっと付き合っていくのは辛いものが

ありますね。

少しでも、快適に日々の生活が送れるように、日頃から

自身の体のメンテナンスも行えるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク