悩み

パワハラ?モラハラ?言葉の暴力を職場で受けたときの対処法

目安時間 24分
  • コピーしました

 

パワハラやモラハラを職場で受けるとツライですよね。

 

仕事は毎日のことですし、ずっとパワハラやモラハラが続くと、どうにかしたい

ものですよね。

 

この記事では、パワハラやモラハラによる言葉の暴力を受けたときの対処法に

ついてお伝えしていきたいと思います。

 

捕まらないと思ってます?言葉の暴力で罪に問われることはある?


早速、パワハラなどの言葉の暴力を受けたときの対処法を調べてみました。

https://www.adire.jp/lega-life-lab/words-that-correspond-to-power-harassment442/

 

こちらのサイトによると、言葉の暴力のようなパワハラを受けたときには、

次のような対処法をとることができるとわかりました。

 

1つ目は、「パワハラの証拠を集める」というものです。

 

まずは、パワハラの証拠を集めるということが大事なようです。

 

暴言を言われた日付や場所、相手の言葉、周囲でそれを目撃した人などをメモに

残しておくといいようです。

 

2つ目は、「会社の相談窓口や人事部にパワハラがあったことを伝える」というものです。

 

会社内には、ハラスメント相談窓口がある場合もあります。

 

こういった窓口がないときは、人事部などにパワハラの事実を伝えて相談して

みるといいでしょう。

 

ただし、相談先を慎重に選ばないと、加害者に情報が筒抜けのこともあるかも

しれませんので、注意が必要ですね。

 

3つ目は、「転職・退職を検討する」というものです。

 

暴言などによって体調を崩してしまったり、パワハラへの対処が難しい場合は、

転職や退職を検討するということもひとつの手です。

 

パワハラをずっと我慢していると、うつ病を発症してしまう可能性もあります。

 

上記のような方法をとることが、職場でパワハラを受けたときに有効のようです。

 

覚えておくとよさそうですね。

 

また、職場で受けた言葉の暴力は罪に問われることはないのか気になりますよね。

 

これについて調べてみました。

https://myhoumu.jp/legaleye067/

 

言葉の暴力は、主にモラハラとしてとらえられています。

 

このモラハラの特徴である言葉の暴力が犯罪になる可能性があるのかというと、

実は刑法の「侮辱罪」が適用される可能性があることがわかりました。

 

この刑法というのは231条(侮辱)というもので、内容は「事実を摘示しなくても、

公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する」というものなのです。

 

つまり、職場で公然と相手を侮辱すると犯罪になる可能性があるのです。

 

加害者は、言葉の暴力がこういった罪にあたることを知らない可能性もあります。

 

なので、被害者がこういった法律があることを知っておくと有利になる場合も

ありますね。

 

知ってほしい!もしも言葉の暴力で悩んだら相談できる所はここ!


実際に、言葉の暴力に悩んでいるときに、どこかに相談できる場所があったら

いいですよね。

 

こんなときに相談できる場所はどこなのか調べてみました。

https://kailash.co.jp/legals/post-3106/

 

こちらのサイトによると、パワハラやモラハラで悩んだときに無料相談できる

ところはいくつかあることがわかりました。

 

1か所目は、「労働基準監督署の総合労働相談コーナー」というところです。

 

ここでは、パワハラ以外にも嫌がらせや、いじめ、解雇、雇止めといった様々な

労働問題を相談することができます。

 

電話もしくは面談で相談が可能です。

 

2か所目は、「労働相談センター」です。

 

こちらは、全国労働組合総連合が運営している相談窓口になります。

 

パワハラをはじめとする労働者への不当な要求や嫌がらせなどの悩みを相談できます。

 

3か所目は、「みんなの人権110番」です。

 

こちらは、パワハラや差別、虐待などの人権問題を相談できる窓口となっています。

 

最寄りの法務局、地方法務局につながるので、法務局員や人権擁護委員が相談に

のってくれます。

 

もし職場でのパワハラに悩んだら上記のような相談窓口を利用することも大事な

ことかもしれませんね。

 

無料で相談できるので、こういった機関があることを覚えておきたいですね。

まとめ


これまで、パワハラやモラハラなどの言葉の暴力を職場で受けたときの対処法に

ついて、言葉の暴力で罪に問われることはあるのか、さらに言葉の暴力で

悩んだら相談できるところがあるということをお伝えしてきました。

 

パワハラやモラハラを受けたときには、いくつか対処法があるということが

わかりました。

 

証拠を残しておいたり、会社の相談窓口の利用や転職・退職など、手段は色々と

あるようです。

 

どれも、そのときの自分の状況や、パワハラ・モラハラの度合いで、どのように

対処したらいいかを考えるといいかもしれませんね。

 

また、言葉の暴力は罪に問われることもあることがわかりました。

 

これは意外と知られていない事実なのではないでしょうか。

 

言葉の暴力は、罪にあたるような行為なのだということを加害者にもわかって

ほしいですよね。

 

そして、もし言葉の暴力で悩んだら相談できる窓口がいくつかあることが

わかりました。

 

パワハラなどの対処法をひとりで考えていると、さらに心身に不調をきたす

恐れもあります。

 

どうしたらいいかわからないときは、一人で悩まずにこういった相談機関を

利用するようにしたいですね。

  • コピーしました

   悩み