身体

トラガスピアスは自分でもできる?痛みや注意点を教えて!

目安時間 9分
  • コピーしました

トラガスピアスって知ってますか?

 

聞いたことはあるけど、実際どんなピアスか知らないという

人もいるかもしれませんね。

 

そもそもトラガスとは、顔の横にある小さな突起物のことを

言います。

 

トラガスは、外耳道を保護するために、耳の中心に向かって

突きだしています。

 

その部分に開けるピアスのことを、トラガスピアスと

言うのです。

 

特に若者に人気のあるピアスですよね!

オシャレに敏感な人は開けてみたいという方も多いこと

でしょう。

 

もしかしたら、今あなたもトラガスピアスを開けてみたいと

調べているところかもしれませんね。

 

トラガスピアスで一番気になるのは、どれくらい

痛いのかな…ということではないでしょうか。

 

できれば、痛い思いはあまりしたくないですよね。  

 

そこで、この記事ではトラガスピアスを開けるときに、

どれくらい痛いのかについて、お伝えしていこうと

思います。

 

また、自分でトラガスピアスを開ける方法に

ついてもご紹介したいと思います。

 

今、トラガスピアスを開けるか迷っている方の

参考になれば幸いです。

 

この記事では、こちらのサイトを参考にしました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ecf8b8ad8e7bc278ac289e396ea4b146c7b3bcb

 

トラガスピアスはどれくらい痛い?

 

 

早速、トラガスピアスを開けるときに、どれくらい

痛いのかということについてお伝えしていきます。

 

結論から言うと、トラガスピアスを開けるのは、

そこまで痛くないと感じる方も多いようです。

 

これは、朗報ですよね。

 

なぜ、そこまで痛くないのかと言うと、トラガス付近は

末梢神経が少なく、痛みが最小限に抑えられるからだそう

です。

 

さらに、分厚い軟骨がガードになるので、想像している

よりかは、痛みが少ないようですよ。

 

ですが、実際のところ痛みの感じ方は人それぞれ異なります。

 

生まれ持った体質・性格や、今までの経験などから痛みの

感じ方は、皆違うでしょう。

 

なので、先ほどお伝えした、それほど痛くないというのも、

人によってはそうではない場合もありますので、それは

頭の片隅に入れておきたいですね。

 

【トラガスピアスを自分で開ける】ニードルを使う方法

 

 

トラガスピアスは、自分でも開けることは可能です!

 

自分でする場合は、ニードルという道具を使った

やり方がおすすめなようです。

 

ここでは、そのニードルを使ったトラガスピアスの

開け方についてお伝えしていきます。

 

開け方はこちらのサイトを参考にしました。

https://trendpride.com/archives/7138.html

 

まず、準備するものは、ニードル16G、ペンチ、抗生剤

入りの軟膏、ティッシュ、消しゴム、小さい清潔な容器、

医療用の手袋、消毒薬、マーキングペンになります。

 

上記のものを準備したら、ニードルの加工を行います。

 

加工の仕方は、ペンチを使って、ニードルの2/5の位置で、

針先を45~50度に曲げます。

 

このように加工しておくことで、針先が耳に当たるのを

防げるようです。

 

次に、清潔な容器に消毒用のアルコールを入れて、消しゴムと

ニードル、ピアスを30分ぐらい浸します。

 

そして、ティッシュに消毒薬をつけて、トラガスを拭いて

殺菌しましょう。

 

トラガスが乾いたら、穴を開けるところにマーカーで

印をつけます。

 

印をつけたら、軟膏を塗ったニードルを刺して、曲げた方が

外向きに向くように調節しながら刺していきます。

 

消しゴムで針が耳にあたらないようにしましょう。

 

最後まで刺さったら、5~10分ほどそのままにします。

 

落ち着いたら、CBRという専用のピアスを装着して

終了です。

CBRというピアスを最初に使うことで清潔を保てるのだ

そうですよ。

 

さらに、この後のケアがとても大切になります。

清潔を保ち、こまめにケアするようにしましょう。

 

上記のように、自分でもトラガスピアスを開けることは

可能ですが、注意点もあります。

 

それは、ピアッサーは使わないということです。

 

ニードルは店頭販売がなく、ピアッサーよりも気軽に

買えないため、ピアッサーで代用しようとする場合も

あるかと思いますが、それは危険です。

 

ピアッサーを使うことで、トラガス内部が傷つくことも

あるそうです。

 

なので、ピアッサーではなく、ニードルを通販などで

購入してから、自分で行うようにしてくださいね。

 

まとめ

 

これまで、トラガスピアスの痛みについて、そしてニードルを

使ったトラガスピアスの開け方をお伝えしてきました。

 

ニードルを使えば、自分でトラガスピアスもあける

ことができますし、痛みもそこまで痛くない場合も

あると分かれば、なおさら自分でやろうと思うかも

しれませんね。

 

もちろん、適切なやり方でやれば、問題なくトラガス

ピアスを自分で開けることができるかと思います。

 

ですが、初めての場合は、プロに任せるのがいいかも

しれませんね。

 

病院でトラガスピアスを開けてもらえば、アフターケアも

きちんとしてくれますし、不安も相談できるでしょう。

 

痛みを感じた後、自分だけであれば、動揺もするでしょうし、

ひとりでは上手く対処できない可能性もあります。

 

なので、費用はかかるかもしれませんが、何を大事にする

べきか、今一度よく考えてからトラガスピアスを開けるように

するといいかもしれませんね。

 

自分の体のことです。

 

後々、後悔することがないよう、しっかりと考えて

行動したいですね。

  • コピーしました

   身体