テレワーク助成金の申請?神奈川の場合はこちらを見て‼これで不安解消♪

あなたの企業はすでにテレワークを導入されていますか?

今年はコロナ禍ということもあり、テレワークが推進されています。

多くの企業もテレワークの導入を始めているかと思います。

そこで、神奈川県では独自にテレワークを導入する中小企業への

助成金制度を設けています。

神奈川県では、神奈川県テレワーク導入促進事業費補助金として

2つのコースを用意してくれています。

1つは、「アドバイザー派遣」及び「事業費補助」いうコースです。

このコースでは、テレワークの導入にあたって、アドバイス等を

もらえるアドバイザーの方に来てもらえるよう手配してもらえます。

また、テレワークのための通信機器や経費を補助してもらえる

というものです。

2つ目は、「事業費補助」というコースです。

こちらは、補助の対象の期間中に、テレワークを導入し、

そのための通信機器や運用のための経費の補助をしてくれる

とうものです。

どちらにも、対象となるための期間等が定められていますので

詳しくはこちらの神奈川のホームページを確認してみてくださいね。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/z4r/teleworkhojo.html

テレワーク導入に助成金?テレワークの色々をわかりやすく説明します!

先ほどは、神奈川県のテレワーク導入に際しての補助金について

お伝えしましたが、厚生労働省が全国の企業を対象に打ち出して

いる2つの助成金の制度もあります。

そこで、その2つの助成金制度についてお伝えします。

まずは、働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)という

ものです。

こちらのコースは、テレワーク導入により、時間外労働の制限を

はじめとする労働時間の設定の改善、仕事と生活の調和を推進

しようと考える中小企業事業主への助成金になります。

対象となる事業主としては、労働者災害補償保険の適用事業主、

テレワークを新規で導入する事業主、テレワークの実施に意欲的で、

成果ができる事業主などです。

次のコースは、働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス

感染症対策のためのテレワークコース)というものです。

こちらのコースは、厚生労働省が「特例コース」として提供する

助成金となっているようです。

対象としては、新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを

導入する中小企業事業主、労働者災害補償保険の適用中小企業

事業主であること、企業ブランドの向上、顧客満足度の向上などを

目指していることがあげられるようです。

テレワークの具体的な取り組みや実際の支給額などは、各企業に

よって異なるかと思いますので、どういった取り組みが自身の企業に

必要か確認してみてください。

こちらのサイトもぜひ参考にされてみてください。

https://news.talknote.com/inner-communication/telework-subsidy/

上記のようなかたちで、テレワーク導入にあたって助成金がもらえる

ことはお分かりいただけたかと思います。

助成金の他にも、テレワークの色々を以下に少しお伝えします。

テレワークを活用し、実現できることに着目してみたいと

思います。

実際にテレワークを導入すると、従業員のストレスの減少、

安全確保、通勤手当やオフィス設備費にかかる費用の削減が

でき、家事や子育て、介護と仕事の両立が可能になり、遠方

住まいの人の採用数増加、既存社員の離職率の減少を見込める

といったことが挙げられます。

これらのことが、テレワークを導入することによって実現可能と

言われています。

テレワーク導入ガイドブック‼手順書を読んで早速始めましょ!

これまでお伝えしたことで、テレワーク導入への意欲が高まった

事業主の方もいるかもしれません。

いざ実際にテレワーク導入へと動こうと思っても、何から始める?

と、また立ち止まってしまうかもしれませんね。

そこで、実は総務省のホームページにはテレワーク関連の

資料や手順書がたくさん掲載されています。

それぞれの企業の実践集などもありましたので、参考になること

間違いなしですね。

以下のサイトもぜひ参考に、テレワーク導入の準備をされてみて

ください。

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/18028_03.html

まとめ

これまで、テレワークの導入にあたって、助成金についてや

テレワークの色々についてお伝えしてきました。

会社を経営している方でも、分からないことは実際たくさん

ありますよね。

また今回のようなテレワーク導入は過去にしたことがなければ

尚更仕組みや準備など、何をしなければならないかがすぐに

分かるものではないと思います。

また、各企業で、従業員数も違えば、業務内容も違いますし、

本当に自身の企業でテレワークの導入が可能なのか悩むのは

当然のことかと思います。

会社のトップが、テレワークの導入を何となくで始めてしまうと

後々困るのは社員かもしれませんね。

よって、事前に下調べをしっかり行い、しなければならないこと、

必要なもの、起こり得る事象など、いろんなことを考慮できるよう

しっかりとテレワーク導入のガイドブック等を参考に勉強されて

みてください。

その結果が、きっと企業のテレワーク導入が成功だったといえる

結果を導くでしょう。

テレワークの導入で、会社も社員もみんなが働きやすい環境が

整備できるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク