セロトニン症候群の後遺症とは?経験者の体験談!

スポンサーリンク
身体

あなたは、セロトニン症候群というのを聞いたことがありますか?

セロトニンは聞いたことがあるけど、セロトニン症候群って何?

と思う方もいるかもしれませんね。

実は、セロトニン症候群による後遺症で悩まされる方もいるようで、

注意が必要なのです。

そこで、この記事ではセロトニン症候群とは何なのか、

どういった後遺症があるのか等について、経験者の体験談を

もとにお伝えしていきたいと思います。

セロトニン症候群で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて

ください。

セロトニン症候群とは?薬剤を服用中にみられる症例とは?

まず、セロトニン症候群とは何かお伝えしていきます。

セロトニン症候群とは、脳内のセロトニン濃度が高すぎることに

より引き起こされる症状の総称のことを指します。

主な原因に、うつ病の治療薬であるSSRIの多量摂取、

またその他の薬を併用したときの副作用として発症すると

言われているようです。

また、個人的にサプリメントを過剰摂取していたりすると、

セロトニン症候群を発症するとも言われています。

薬を服用中の症例としては、吐き気や体温の上昇、高血圧、

心拍数の増加、異常発汗などの自律神経系の症状があります。

また、筋肉のけいれんや、体の震えなどの体神経系の

症状がある場合や、錯乱・混乱・興奮などの脳認識機能の

症状が出る場合があります。

セロトニン症候群を経験された方の体験談を探してみると、

セロトニン症候群の症状を緩和するために自己判断で薬を

やめたところ、常にハイな感じが抜けず不眠が続いたという

経験をされた方がいました。

セロトニン症候群は、人によって症状の現れ方が違うのが

特徴のようなので、医師の指示に従って服用をやめるのか

どうするのかを決めたほうがいいだろうとのことでした。

こういった経験をされた方もいるようなので、自己判断は

気を付けたほうがいいのかもしれません。

セロトニンの受容体拮抗薬とは?効果がない時に疑う薬は?

また、セロトニンの受容体拮抗薬という薬を聞いたことがあります

でしょうか?

セロトニンの受容体拮抗薬とは、セロトニン受容体と結合し、

セロトニンの作用を抑制する薬剤の総称のことをいうようです。

簡単にいうと、神経伝達物質のひとつであるセロトニンを受容する

物質に働きかけて、セロトニンが多く作用してしまうのを抑えるという

ことです。

うつ病や統合失調症の治療に使われています。

こちらの薬で効果がないときには、別の薬が原因になっている

可能性もあります。

効果がなく、疑う薬がある場合は、かかりつけの医師に

相談することが大事ですね。

まとめ

これまで、セロトニン症候群の症例や後遺症、

セロトニン受容体拮抗薬とは何か?についてご紹介

してきました。

セロトニンは幸せホルモンと言われているのをご存じ

ないでしょうか?

セロトニンは、太陽の光を浴びることで、交感神経が

活性化し、脳内のセロトニンの分泌が促されると

言われています。

子供にとっても、セロトニンの分泌は非常に大事で、

日中に外で活動し、太陽の光を浴びることで食欲や睡眠、

精神の安定が保たれるといったことを聞いたことがあります。

そんな、良いイメージのセロトニンも過剰な分泌になって

しまうと、いろんなところに影響が出てくるというのは初めて

知った方も多いかと思います。

何でもそうですが、良いものばかりを取り込めればいい

ということではないようですね。

また、うつ病を治療中の方では、抗うつ薬を服用されている方も

いるかと思いますので、セロトニンの影響が不安になりますよね。

抗うつ薬にはセロトニンが含まれているから服用をやめようかな…と

考えてしまうかもしれません。

しかし、先ほどの体験談にもありましたが、素人の自己判断は

とても危険なものがあります。

自分で正しいと思っていたことが、実際は間違っていたという

経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

また、インターネットで検索して、不安になったり、

安心したりという気持ちになった経験もあるかもしれませんね。

インターネットでは、何が正しい情報なのか、自分で判断する

しか方法がないですもんね。

もちろん、インターネットで検索して情報を得ることも

大事なことかもしれません。

自分で調べようとする姿勢はとても大切なことですよね。

しかし、薬は、体に直接影響してきます。

もし間違った情報を鵜呑みにしてしまっていたら、自分の体に

返ってくることなります。

体に症状として現れてからでは、取り返しのつかないことにも

なりかねません。

なので、気になることや、不安があれば、必ずかかりつけの

先生に相談するようにしてくださいね。

セロトニン症候群にならない一番の予防法は、日頃からの

生活リズムにもあるようです。

この機会に、日頃の自分の生活を見直してみることも

必要かもしれません。

あなたのセロトニン症候群への不安が少しでも解消

されるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました