病気

みんな勘違いしてない?蕁麻疹がうつると思っている人多過ぎ?

目安時間 34分
  • コピーしました

子供に蕁麻疹が出ると心配ですよね。

 

また、その蕁麻疹が人にうつるのかどうかということについても気になる

ところかと思います。

 

この記事では、子供の蕁麻疹はうつるのかどうかお伝えしていきたいと

思います。

 

正解は?蕁麻疹がでたら学校は休む?それとも行ってもいい?


早速、子供の蕁麻疹はうつるのかどうか調べてみました。

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1099

 

こちらのサイトによると、一般的な蕁麻疹は感染症ではないのでうつる心配は

ないということがわかりました。

 

これは、患部に触れたとしても同じことが言えます。

 

ですが、中にはウイルスや細菌感染がきっかけとなって蕁麻疹が発生する場合も

あるのだそうです。

 

この蕁麻疹は感染性蕁麻疹と言われ、この場合は感染症なのでうつることも

あるようです。

 

子供に出ている蕁麻疹が一般的な蕁麻疹なのか、感染症によるものなのかは

病院で診てもらう必要がありますね。

 

もし感染性蕁麻疹であれば、学校も休んだほうがいいでしょう。

 

これについては、病院の先生に聞いて、どうしたらいいかを確認することが

大事ですね。

 

また、子供の蕁麻疹の治療法についても知りたいところですよね。

 

上記のサイトによると、急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹とでは治療法が異なる

ということがわかりました。

 

まず、急性蕁麻疹というのは、適切な治療によって1ヶ月以内には治る

蕁麻疹のことをいいます。

 

治療法は、抗ヒスタミン薬などを使い、基本的には内服治療となるようです。

 

次に、慢性蕁麻疹というのは、症状が1ヶ月以上長引く蕁麻疹のことを

いいます。

 

こちらも、抗ヒスタミン薬を使って治療していくのですが、慢性の場合は定期的に

受診することが望ましいです。

 

症状が落ち着いているからといって、自己判断で薬の服用をやめることは

絶対にダメなようですよ。

 

これらについても覚えておきたいですよね。

 

そして、子供が蕁麻疹になったときに大事なことは、「落ち着いて行動する」

ということです。

 

体中に蕁麻疹が出ると、とても心配になるかと思いますが、親御さんが冷静に

対処することがとても大事です。

 

すぐに病院に行ったほうがいいか迷ったときは、病院に電話で症状を伝えて

早急な受診が必要かを確認するというのもひとつの手でしょう。

 

かゆいけど動きたい!蕁麻疹がでてるときは運動していいの?


子供に蕁麻疹が出たときに、運動はさせていいのか迷うこともあるかも

しれませんね。

 

運動については、どのように対処したらいいのかを調べてみました。

https://nakanokodomo.com/sickness/jinmashin/#:~:text=%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%80%81%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%AF%E4%BD%93%E3%81%8C,%E3%81%9F%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8C%E3%82%88%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%80%82

 

こちらのサイトによると、蕁麻疹が出たときは、激しい運動は控えたほうが

いいということがわかりました。

 

なぜかというと、運動をすると体温が上昇して蕁麻疹が悪化してしまう

可能性があるからです。

 

よって、回復するまでは激しい運動は控えたほうがいいようです。

 

ほかにも、入浴する際の長湯は避けて、シャワー程度で済ませるようにするなど、

体が温まりすぎない工夫も必要です。

 

さらには、食事に気を付けるということも蕁麻疹が出たときは大事なようです。

 

食品に使用される色素や防腐剤などの食品添加物は、蕁麻疹の原因になったり

蕁麻疹をひどくさせてしまうことがあります。

 

子供がアレルギー体質であったり、敏感であれば、できるだけ食品添加物は

避けるようにするということも大事なことですね。

 

まとめ

 


これまで、子供の蕁麻疹は人にうつるのかどうか、また子供に蕁麻疹が

出たら学校は休んだほうがいいのか、さらに蕁麻疹が出たときに運動は

しても大丈夫なのかをお伝えしてきました。

 

蕁麻疹は、一般的なものであれば人にうつらないということが

わかりました。

 

これは今まで勘違いしていたという人もいるかもしれませんね。

 

ただ、感染症による蕁麻疹であれば、人にうつすという可能性もゼロでは

ありません。

 

なので、一般的な蕁麻疹なのか、それとも感染症による蕁麻疹なのか迷う

ときは、病院で診てもらうのが一番いいかと思います。

 

そして、気になるようであれば、その蕁麻疹の原因がわかるまでは学校などは

お休みするのが安心でしょう。

 

また、蕁麻疹の治療法についてもこの機会に少し覚えておくといいかも

しれません。

 

お伝えしたように、ひとことに蕁麻疹といっても急性や慢性といった種類が

あります。

 

どちらの場合も、多くのケースで内服治療になること、慢性のときには

きちんと治るまで服用しないといけないことなど、蕁麻疹治療で大切なことも

この機会に覚えておきたいですね。

 

さらに、蕁麻疹がでているときに、激しい運動はさけたほうがいいということが

わかりました。

 

激しい運動でなければいいのかなと思うかもしれませんが、軽い運動だとしても

体が温まると蕁麻疹のかゆみが強く出ることもあります。

 

子供の場合は、無意識に体を激しく動かしてしまうかもしれないので、

蕁麻疹が出ているときにはあまり激しい遊びなどはやめさせるように

したほうが良さそうです。

 

子供の蕁麻疹は、親御さんにとってとても心配なものですよね。

 

ですが、親が落ち着いて行動しないと、子供にも不安が伝わるかと

思いますので、困ったときは病院にまず電話相談するなど、落ち着いて

行動できるといいですよね。

  • コピーしました

   病気