料理

なんとなくならわるけど…ピスタチオの意味って説明出来ますか?

目安時間 21分
  • コピーしました

ピスタチオは日本で育てることができるのか?

ピスタチオの意味や産地、育て方などについて知っていますか?

ピスタチオについてわかりやすく説明します!

 

日本でもとれる?知ってたらすごい?!ピスタチオの産地とは?



ピスタチオナッツとは?

ピスタチオナッツの歴史は、古代トルコ、ペルシャなどの地中海沿岸地方に野生で砂漠に生産していたものを食用に栽培するようになり、その後植物愛好家が種子をローマに持ち込みヨーロッパに広まりました。

 

永い間、一部のアラブ系、アルメニア系、トルコ系などの人達のみに親しまれていました。ピスタチオナッツの木は、カシューナッツと同様にうるし科の落葉樹で、雄木と雌木があり、受粉の良否が収穫量を大きく変動させます。

 

ピスタチオナッツの実が熟すると、その実はきれいな黄紅色に染まった簿皮に包まれ、完熟すると外穀は自然に縦に割れて収穫されます。

 

中身の小葉はクロロフィルを多く含む緑色が濃く鮮やかなものほど珍重されます。また、剥き実用として口開きしていないものを機械脱穀して利用します。 

 

ピスタチオナッツの生産国は、イランが世界一で全体の約50%を占め、次いでアメリカ含衆国カリフォルニア州、トルコ、シリアの順になります。栄養成分は、脂質では飽和脂肪酸が極めて低くオレイン酸、リノール酸の不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

 

ピスタチオの木

ピスタチオの木は、日照時間が長く、乾燥した砂漠のような環境を好むそうです。

冬が厳しすぎる、あるいは受粉の時期に雨が多いと実りも減ってしまうそうです。

日本での栽培は向いていません。

 

ピスタチオは通常、実をつけ大きな生産高を上げるようになるには、種植えしてから丸々7~10年が必要で収穫の最盛期を迎えるまでに20年かかると考えられている。だそうです。

 

ピスタチオの栄養

ピスタチオにはビタミンB群や食物繊維、カリウムなどがバランスよく含まれています。ピスタチオの主成分は脂質ですが、そのほとんどはオレイン酸という一価不飽和脂肪酸です。

 

これはオリーブオイルと同じ良質な植物性脂肪で、コレステロールはゼロ。。

 

アメリカの食生活指針ではピスタチオなどのナッツ類は脂質の摂取源として好ましい食品であるとして推奨されています。

 

そんなのあるの?!ピスタチオに旬があったなんて!時期はいつ?


①加熱処理されていない実を選ぶ

まずはピスタチオの実を手に入れるところからです。

 

スーパーなどで売っているピスタチオは、焙煎し塩で味付けされたおつまみ用や、素焼きのものがほとんどです。

 

一度加熱処理されたピスタチオからは発芽しないため購入するときは注意しましょう。

 

生ピスタチオがスーパーなどで探せない時は、小動物用のためのエサとしてペットショップでも売られているようなので、一度探してみてくださいね。

 

発芽させてから土に植える

生ピスタチオが探せたら、次は実を発芽させます。

土に植えるための準備です。

 

この発芽はとても難しく、成功するかどうかはやってみないと分からないため、一度に複数個の実で試してみることをおすすめします。

 

手順としては、まずは室温に置いた20度以上の水に実を1日~2日浸します。

 

その後、実を、湿った新聞紙やキッチンペーパーで包んで、密閉できる袋に入れます。

 

新聞紙やキッチンペーパーの代わりに、ミズゴケを使って発芽させた人もいます。

2週間~1ヶ月程冷蔵庫の中で保存します。

 

その後、冷蔵庫から取り出して袋から出し、新聞紙やキッチンペーパー、ミズゴケなどに包んだまま25度位の室温で放置します。

 

乾燥してきたら、霧吹きなどを使って適度に湿らせましょう。

 

実はずっと湿っているため、カビが生えやすくなっている状態です。

 

毎日様子を見つつ、新聞紙やキッチンペーパーは定期的に取り替えましょう。

 

そして、発芽や根が目で確認できたら、土に植える準備完了です。

 

③屋外で栽培する

 

ピスタチオは元々、古代トルコやペルシャなどの砂漠に野生で生えていたものを食用に栽培するようになった歴史があります。

 

現在の生産国もイランと、冬は寒くなることもありますが、夏は40度近くなることもあります。

日本で栽培する時は、冬以外は屋外で栽培できます。

 

冬やもしくは寒い北海道などでは、屋内に避難させましょう。

 

湿気を避ける

元々砂漠に生えていただけあって、ピスタチオは湿度を嫌います。

 

そのため、赤土だけで育てるより、サボテン用の土を使ったり、赤土と小石を混ぜたりした方が成功することが多いようです。

 

幼苗のうちは特に根が腐りやすいので、水やりは霧吹きなどで行い、乾燥気味にしておきます。

 

日本は梅雨があるため、梅雨の時期は土が湿りやすいため、軒下などに避難させましょう。

 

とても手間がかかり、成功するかどうかは分かりませんが、ピスタチオの実が若木になるのはいいですね!

 

まとめ



ピスタチオは日本で育てるには手間がかかりすぎるため、熱をいれていないピスタチオを購入しましょう!

 

  • コピーしました

   料理