住宅

どっち?ローテーブルは赤ちゃんにとって危険なことだらけ?

目安時間 8分
  • コピーしました

噂には聞いていたけど、赤ちゃんの成長って本当にあっという間!

心身ともにすくすく育ち、少しずつできることが増えてきて、

親としてはわが子の成長に嬉しく感じますよね。

しかし、赤ちゃんって好奇心旺盛。私たちの予想外の行動をとり、

つい「危ないっ!」と手を差し伸べてしまう場面も少なくないはず。

最近つま先たちを覚えて、家の中を自由闊歩に歩くようになって、

さらに赤ちゃんからますます目が離せなくなったご家庭もあるかもしれません。

過保護にしすぎるのは子どもの成長にあまりよろしくないと聞くけど、

幼い我が子に大きなケガや事故は避けたいものですよね。

そして日々の生活の中で、簡単にできるところから

できるだけ危険を遠ざけようと対策を考えるはず。

例えば、テーブルを脚の短い「ローテーブル」に変えることだったら

誰でも気軽にできますよね。

ローテーブルって、赤ちゃんの目線と近いので手が届きやすく

つま先たちがしやすいという便利な点があるから、選ぶ方も多いのでは?

でも逆に手が届きやすいという点から、赤ちゃんが机の上に

登って転落してしまうという危険もあるので、絶対に安全とは言えません。

今回はローテーブルが赤ちゃんにとってどんな危険性があるのかと、

その対処法についてご紹介したいと思います。

 

赤ちゃんがローテーブルに登るので困る!簡単な対策を教えて!

 

まずはローテーブルのメリットについて説明していきます。

<メリット>

  部屋が広く使え、全体がスッキリして見える

アパートなど狭い部屋だと、スペースをあまりとらないので置きやすい。

片付けもしやすいため、必要な時だけに使用でき空間を広く使える。

  掃除がしやすい

折り畳みのローテーブルもあるので、掃除するとき移動しやすい。

赤ちゃんがいると掃除をするのも一苦労なので、便利だと思います。

  赤ちゃんがつま先たちをしやすい

冒頭でも少し説明しましたが、机だと頑丈なので歩く練習にもちょうどいい。

以上、このようなメリットが挙げられます。

ではここからは、ローテーブルの危険性(デメリット)について説明してきます。

 

<デメリット>

  赤ちゃんがテーブルの上のものに手を伸ばしやすい

赤ちゃんは何が危険なのかまだ全然わかりません。

もしテーブルの上にハサミのような刃物や硬貨などが置いてあったら、

手をケガしてしまったり口の中に含んだりして大惨事!

常に机の上は整理しておく必要があります。

  テーブルの角でケガしてしまう

ローテーブルは赤ちゃんの目線とちょうどいい位置にあるため、歩く練習には

ピッタリ!しかし、赤ちゃんはまだ一人で歩くのは不安定なので

ちょっとしたことで転倒して、テーブルの角に頭をぶつけてケガをする可能性も。

またテーブルの脚にも角がある場合もあるので、そこにも気を配らないと

いけません。

  テーブルの上に登ってしまう

ちょっと私たちが目を離した隙に、からだが発達した赤ちゃんは、

テーブルの上に登ってしまうことも。さらに、テーブルの上で立ってしまったら

バランスを崩して転倒してしまうこともあるかもしれません。

ここまでデメリットについて説明しましたが、ここからは赤ちゃんのために

どのような対策をしていけばいいのかご紹介します。

  丸形のローテーブルを選ぶ

丸いテーブルだと、もし赤ちゃんが頭をぶつけてもダメージは比較的

少ないと思います。心配な方は丸形をおすすめします。

  テーブルの角をガードするクッションをつける

すでに四角い形のローテーブルを使っている方がいれば、テーブルの角を

ガードするL字形のクッションを装着すれば安心。

ぶつかっても衝撃が少なくて済むので、ぜひ試してみてください。

  テーブルの下にクッションマットを敷く

もし赤ちゃんがあやまって転倒してしまっても、衝撃を吸収してくれる

マットがあれば安心します。

  テーブルの素材は優しいものにする

ガラス製や木そのものでできたテーブルはおしゃれではありますが、

赤ちゃんがもしぶっかったりしたら、事故につながることもあるかも。

安全にしようするためにも、素材にも気を配ることが赤ちゃんに

とって必要なことです。

 

ローテーブルを高くしたい人必見?!すぐできる方法の紹介

 

赤ちゃんは日々すくすくと成長しますので、あっという間に赤ちゃんの目線が

ローテーブルより高くなってしまいます。子ども成長に合わせて、家具も

そろえてあげたいけど、なかなかすぐには準備するのは難しいですよね。

また金銭的にも家具ってお値段が張るものばかりなので、簡単に

次から次へと購入するのは家系的にも大変。

そんな方のために、ローテーブルを少しでも高くしたい人のために

すぐできる方法をご紹介したいと思います。

 継ぎ足を購入する

100均やホームセンターで気軽に購入することができます。

耐荷重も大きさも種類があるので、テーブルの脚をはめるだけで誰でも

簡単にできます!

ただ、お店で販売されている品物は高さ調節ができないので、

もし自分の理想的な高さにしたければDIYもおすすめします!

さいごに

 

家具も子どもの成長とともに、歩んでいる思い出の一つ。

姿形は多少変化しても、長く大切に使用されることを願っています。

  • コピーしました

   住宅 

この記事に関連する記事一覧