身体

それって睡眠障害かも?ほっとくと危険な状態に?!原因とは?

目安時間 33分
  • コピーしました

夜によく寝ていても、昼に眠気が強いということに悩まされることもあるかも

しれませんね。

 

実は、それは睡眠障害のひとつかもしれないのです。

 

この記事では、眠気をずっと感じる睡眠障害とは何なのか、またその原因について

お伝えしていきたいと思います。

 

睡眠障害かどうかチェックする方法は?過眠症の症状とは?


早速、眠気が続くのは睡眠障害なのか、またその原因について調べてみました。

https://www.suimin.net/sp/step1/cause/

 

すると、寝ているのにずっと眠い感じが続くときは、それは「過眠症」かもしれない

ということがわかりました。

 

これは、睡眠障害のひとつで、夜に眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ、

起きているのが困難になる状態を言います。

 

そして、睡眠障害にはこの過眠症だけではなく、不眠症や概日リズム睡眠障害、

睡眠呼吸障害などがあるようです。

 

これらのような睡眠障害の原因とは何なのか次に見ていきます。

 

まず一つ目は、「心理的原因」があります。

 

何らかのことがストレスとなっていて、それが原因となり睡眠障害が起こる

ことがあります。

 

二つ目は、「身体的原因」です。

 

身体の病気や症状が原因となって不眠といった症状が起こることがあります。

 

三つ目は、「精神医学的原因」です。

 

不安や抑うつといった精神や神経の病を患っていると、不眠になりやすくなります。

 

四つ目は、「薬理学的原因」です。

 

服用している薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因となって起こる

睡眠障害もあります。

 

五つ目は、「生理学的原因」です。

 

睡眠を妨げる環境による不眠というものがあります。

 

生活リズムの昼夜逆転など、ライフスタイルが関係していると言われています。

 

上記のようなことが、睡眠障害の原因のようです。

 

また、寝すぎてしまう、眠気がとれないといった過眠症かどうかを自分でチェック

できる項目があるようです。

https://www.suimin.net/sp/step3/type/

 

こちらのサイトにあった、過眠症かどうかのチェック項目は以下のとおりです。

 

  1. 日中に強い眠気に襲われ居眠りをしてしまう

 

  1. 就寝後まもなく、体を動かすことも声をあげて助けを求めることもできないような

金縛りによくあう

 

  1. 笑ったり、怒ったりすると、突然体の力が抜けてへたり込んでしまう

 

  1. 眠気が起きるため、仕事や勉強、家事など、日常生活に支障をきたすことがある

 

  1. 会話中や食事中などでも、強い眠気に襲われて居眠りをしてしまうことがある

 

上記の5つの項目のうち、いくつか当てはまるものがある場合は過眠症の

可能性も高いです。

 

過眠症の症状の特徴は、やはり「寝ているのにいつも眠い」ということに

なります。

 

この特徴についても覚えておきたいですね。

 

睡眠障害で仕事に支障が?こうなったら即病院へ行くべき?


睡眠障害を患っていると、仕事に支障がでることもあるかもしれません。

 

どういった場合に、病院に行ったほうがいいのかを調べてみました。

https://snabi.jp/article/68#1cn72

 

こちらのサイトによると、「翌日の日中に眠気を感じ、気分よく過ごすことが

できない状態」が1ヶ月以上続いていて、改善の工夫を行っても解消されない

ときには、病院に行ったほうがいいということがわかりました。

 

一次的に、不眠だったり、昼間に眠気を感じるということは、多くの方が経験している

ことと思います。

 

ですが、夜に寝ているにもかかわらず日中に眠気を感じる期間が1ヶ月以上もある

というのは、自分だけでは解決することが不可能で、病院での治療が必要になる

場合もあります。

 

また、睡眠障害によって仕事に支障が出始めているという場合は、1ヶ月を待つのでは

なくて、早めに受診したほうがいいようです。

 

病院を受診して、睡眠障害の原因疾患として精神疾患があることがわかった場合には、

障害者手帳の一種である「精神障害者保健福祉手帳」が取得できる可能性もある

ようです。

 

こういった制度があることも知っておくと良さそうですね。

まとめ


これまで、夜に寝ていても日中に眠気を感じるのは睡眠障害なのか、また

その原因について、さらに過眠症かどうかチェックできる項目や過眠症の症状に

ついて、そして睡眠障害と思われる症状がどんなときに病院に行ったらいいのかを

お伝えしてきました。

 

夜に寝ているのに日中も眠気がある場合は、過眠症が考えられることがわかりました。

 

過眠症などの睡眠障害の原因には、お伝えしたようにさまざまなことが考えられる

ようです。

 

どれも自分で改善することはなかなか難しいことばかりかもしれません。

 

そのときは、病院受診を検討することも必要でしょう。

 

また、過眠症かどうかをチェックする方法もあることがわかりました。

 

すべての項目に当てはまらなくても、過眠症の可能性はあります。

 

日中に強い眠気があったり、いつも眠いという状態が続いているのであれば、

そのまま放っておかないようにしたいですね。

 

そして、睡眠障害によって仕事などに支障が出ている場合はすぐに受診したほうが

いいということがわかりました。

 

睡眠障害を放っておくと、仕事ができなくなってしまうだけでなく、体のほかの

場所に不調をきたす恐れもあるので、大変危険なことでもあります。

 

たかが睡眠障害と考えずに、なるべく早めに病院に行くようにしたいですね。

  • コピーしました

   身体