うちの子だけ?便に黒いひじきのような物が混ざっているがこれは?

スポンサーリンク
身体

あなたは、自身の子供の便を見て驚いた経験は

ありませんか?

よくあるのは、便に黒いひじきのようなものが

混ざっている…という経験ではないでしょうか。

我が家でもそういったことが何回かありました。

便に何か黒いものが入っていると、驚きと同時にとても

心配になりますよね。

何かの病気だったらどうしよう…と不安にかられるかと

思います。

そこで、今回の記事では、便に何か黒いものが入っていた

場合や、便自体が黒い場合の原因や対処法についてお伝え

していこうと思います。

昨日何食べた?便が黒いときは食べ物を思い出してみよう!

まず、便に黒いひじきのようなものが混ざっていた場合を

見ていきましょう。

この場合は、昨日子供が何を食べたかを思い出すことが

大事になってきます。

おそらく前日に、ひじきやめかぶ、ワカメなので海藻類を

食べたのではないでしょうか。

海藻類は食物繊維が豊富で、便にそのまま出てくる

ことがあります。

大人も同じですね。

よって、おそらく便にひじきのようなものが混ざっていた

場合は、前日に食べた何かの可能性が高いです。

特に子供は、消化機能がまだ未熟です。

なので、このように消化しきれなかった食べ物が便に

そのまま出てくることがあるようですよ。

前日に子供が何を食べたか思い出せないときも、

もしかしたらあるかもしれませんね。

今後も、このように便に何か混ざって出てくることが

あるかと思いますので、前日のメニューを簡単にメモして

おくなど、食べたものを忘れないようにする工夫も必要かも

しれませんよ。

便が黒い原因は?!何かの病気なのかただの食べ物のカスなのか?

次に、便自体が黒い場合を見ていきましょう。

先ほどは、便に何か黒いものが混ざっているという状態

でしたが、そうではなく便自体が黒いという場合もある

でしょう。

そのとき疑われる原因としては以下のものがあるようです。

まずは、「便秘」が原因ということです。

黒い便が出てきたということは、便秘の可能性があります。

腸の中で食べ物のカスが溜まって腐敗を起こし、その腐敗した

ものや水分不足などが、便が黒い原因となっています。

このように便は、腸内に長くとどまることで、便自体が

黒くなることがあるようです。

また、便秘の原因として、肉中心の生活になっている

ということも考えられます。

食事のバランスも大事になってきますね。

さらに、「野菜ジュースやぶどうジュース」が原因の

場合です。

野菜ジュースや、ぶどうジュースを飲むと、ポリフェノールや

アントシアニンを簡単に摂取できます。

しかし、これらには便を黒くするという作用もあるのです。

飲み物は考えつかなかった!という方もいるかと思います。

飲み物でも便の状態に影響を与えることがあると知って

おくだけで、少しの判断基準にはなりますよね。

◎黒い便の原因でもある便秘!!改善方法は?

黒い便の原因のひとつに、便秘があることが分かりましたが、

ではどうやったら便秘は改善できるのでしょうか。

調べてみると、便秘を改善するためには、水溶性食物繊維と

不溶性食物繊維をバランス良く摂取することが大事なんだ

そうです。

水溶性食物繊維とは、海藻、果物、いも類、豆類、野菜等に多く

含まれています。

不溶性食物繊維とは、穀類、豆類、いも類、きのこ、野菜に多く

含まれているそうです。

これらを見て分かるように、いも類や野菜類には、どちらの

食物繊維も含まれていることが分かります。

よって、いも類や野菜類は日頃からバランスよく摂り入れる

必要がありますね。

また、便秘解消の別の方法としては、乳酸菌を

積極的に摂取する事を心がけるのも良いそうですよ。

これに加え、こまめに水分補給することも大事になって

きますので、意識的に水分補給もしたいですね。

まとめ

これまで、便に黒いものが混じっている場合に考え

られることや、前日の食事との関係性、便自体が

黒い原因についてお伝えしてきました。

上記にご紹介した内容は、あくまでも自己判断する

際のポイントとしてお伝えしております。

便が黒い原因が、必ずしも便秘や食べたものによるとは

限りません。

特に、子供の場合、自分の体の症状を上手く言葉で説明

するのが難しい場合もあります。

よって、子供の便でいつもと違う状態のものが出たときは、

自己判断せず、小児科を受診するようにしましょう。

インターネットで情報を集めるのも悪いことではありませんが、

インターネットはたくさんの情報が溢れており、その情報が

正しいものなのかも正直判断ができません。

でも、インターネットで調べることで、こういった場合が

あるかもしれないとか、病院で症状を説明するときの役に

立つ場合もありますよね。

なので、インターネット情報で病院に行くか行かないかを

判断するのではなく、インターネットはあくまでも情報収集と

して考え、子供の気になる症状、日頃と違うことなどがあれば

小児科を受診するのが間違いないですね。

小児科を受診することで、子供も親御さんも安心できると

いいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました