住宅

いいことばかりじゃない!?田舎暮らしが本当は大変な理由とは?

目安時間 24分
  • コピーしました

田舎暮らしに憧れることってありますよね。

 

田舎暮らしには、いいイメージがあるという人も多いかと思いますが、実際の

ところはどうなのでしょうか…。

 

この記事では、田舎暮らしについて色々と調べてみたいと思います。

 

都会とは次元が違う?田舎暮らしの信じられないいじめとは?


早速、田舎暮らしの大変なところについて調べてみました。

https://inaka-start.com/news-event/news/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E7%94%B0%E8%88%8E%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%EF%BC%81%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E6%86%A7%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F.html

 

こちらのサイトによると、やはり田舎暮らしにも大変なことがあるということが

わかりました。

 

その内容や理由について見ていきます。

 

一つ目は、「何といってもお金がかかる!」ということなのだそうです。

 

都会のほうが物価などは高くて、田舎なら安いのでは?と思ってしまいがちですよね。

 

でも実際のところは、田舎暮らしのほうが、お金がかかる場合もあるそうなのです。

 

まず、田舎はそもそもの給料がかなり低いと言われています。

 

もらえるお金が少ないとなると、当然生活は厳しいものになりますよね。

 

そして、給料が低いにもかかわらず、光熱費がけっこうかかる場合があるのです。

田舎ではプロパンガスしか選べない場合が多いです。

 

都市ガスに比べて、プロパンガスは利用料金がかなり高くなります。

 

さらに、田舎では冬場は厳しい寒さが待っています。

 

そうなると、やはり電気を使う機会も多くなるので、電気代もけっこうかかってくる

のです。

 

二つ目は、「車がないと生活ができない」ということがあります。

 

都会であれば公共機関の乗り物でどこにでも移動ができるかもしれませんが、田舎だと

そうはいかない場合が多いです。

 

バスや電車があったとしても、1時間に1本だったりと、かなり本数が少ないのです。

 

これだと、目的のところに行くのに大変不便ですよね。

 

そのために、多くの人は車を所有するのだといいます。

 

ですが、もともと車の運転免許を持っていない人や、高齢になってくると車が運転

できない場合もありますよね。

 

そうなると、田舎暮らしはけっこう大変かもしれません。

 

上記のようなことがわかると、田舎暮らしは安易に始められないなと思ったかも

しれませんね。

 

実は、田舎暮らしには生活の大変さだけではなく、精神的に大変なこともあるよう

なのです。

 

それについて調べてみました。

https://maroroblog.com/iju-life-true-or-false/

 

すると、「田舎は集団心理が強い」という特徴があることがわかってきました。

 

狭いコミュニティなので、何か良くないことをしてしまったりするとすぐに

噂として広まり、悪い印象を持たれてしまうこともあるようです。

 

それが最悪の場合、いじめへと発展することもあるようです。

 

逃げ場のない、狭いコミュニティでのそういったいじめは、都会のものとはまた

違った怖さがあるということも知っておいたほうがいいのかもしれません。

 

価値観の違い?田舎暮らしで遭遇する意外なトラブルとは?


田舎暮らしでは、他にも意外なトラブルに遭遇することもあるようです。

 

これについて調べてみました。

https://www.kobo-shinshu.com/co_diary6/bcba3cf7aceb58bf162651a3ef7279e4-1062.html

 

一つ目は、「住まいについて」です。

 

地方には空き家も多いので、自治体などが空いている物件を紹介してくれる場合も多い

そうなのですが、こういった物件はどうしても築年数が経過していたりと、問題がある

ことが多いそうです。

 

修繕の必要な個所が多くなればなるほど、費用も労力もかかってきます。

 

住まいは、毎日生活するところなので、空き家に住めばいいと簡単に考えると、

後々問題が色々と出てくるかもしれませんので、このことは頭に入れておきたいですね。

 

二つ目は、「人間関係について」です。

 

先ほどもお伝えしましたが、田舎では人と人との距離が近いためにいじめなどに

発展する場合がありますが、いじめまでにならないにしても、孤立してしまうことも

あるようです。

 

今まで都心で暮らしていて、近所との関わりがあまりなかったという場合は、

必要以上にプライベートに介入してくる近所の人に嫌気をさして距離をとって

しまうこともあるでしょう。

 

そうなってしまうと、近所の人との関わりが減っていき、トラブルに巻き込まれる

確率も上がってしまいます。

 

都会暮らしと田舎暮らしには、価値観の違いもあるということも事前にわかって

おいたほうが良さそうです。

 

まとめ


これまで、田舎暮らしで大変なところはどんなところなのか、また田舎暮らしで

起こるいじめについて、さらに田舎暮らしで遭遇するトラブルをお伝えしてきました。

 

田舎暮らしでは、色々と大変なこともあるということがわかりましたよね。

 

もちろん、都会に暮らしていても大変なことはあるので、一概にどちらが大変かとは

言えませんが、それぞれの生活事情に合わせて、自分はどっちの方が大変になりそうかを

想像するということも大事なことなのかもしれません。

 

また、田舎暮らしではいじめが起こる場合もあることがわかりました。

 

逃げ場のない狭い範囲でのいじめというものは過酷なものがあります。

 

都会であれば、相談できるところなどもあるかもしれませんが、田舎ではそういった

機関などがない場合もあるでしょう。

 

さらに、いじめまでに発展しなくても、田舎暮らしではトラブルに巻き込まれる可能性も

高いということもわかりました。

 

実際に住んでみてからわかる田舎ならではのトラブルなどもまだまだあるかも

しれません。

 

いいイメージだけを持って田舎暮らしを始めるのではなく、田舎暮らしの現実の

部分もしっかりと理解した上で、田舎暮らしをするかどうか今一度検討する

ことが大事ですね。

  • コピーしました

   住宅