車関係

あなたは効果的にできていますか?ドライブレコーダーの熱対策!!

目安時間 28分
  • コピーしました

ドライブレコーダーはつけていますか?

 

もしかしたら、これからドライブレコーダーをつけようとしている

ところかもしれませんね。

 

今は、配線不要のドライブレコーダーもあるので、自分でドライブ

レコーダーを取り付けることができる場合も多いようですよ。

 

そんなドライブレコーダーですが、熱がこもりやすいことを知って

いますか?

 

熱がこもると不具合が出てしまう可能性もあるので、熱対策をして

おきたいですよね。

 

そこでこの記事では、ドライブレコーダーの熱対策についてお伝えして

いきたいと思います。

 

今、ドライブレコーダーについて調べている方のお役に立てますと

幸いです。

 

 

自分でできる?ドライブレコーダーに関するノイズ対策はdiyで解決!


早速、ドライブレコーダーの熱対策について見ていきたいと思います。

 

こちらのサイトを参考にしています。

https://magazine.cartune.me/articles/4404/amp

 

こちらのサイトによると、熱対策には主に7個の方法があるようです。

 

一個目は、「日陰に駐車することで直射日光を避ける」というものです。

 

一番手っ取り早い対策ですよね。

 

立体駐車場があれば利用するなど、意識するようにしたいですね。

 

二個目は、「換気をして車内温度を下げる」というものです。

 

車内の空気を入れ替えることで、少しですがドライブレコーダーの

温度を下げることができるようです。

 

三個目は、「サンシェードを使用して太陽光を遮断する」というものです。

 

ドライブレコーダー対応のサンシェードというものが売られている

のですが、これを利用するのもおすすめです。

 

これをつけることで直射日光を回避できるので故障を防げるでしょう。

 

四個目は、「ドライブレコーダーにカバーを取り付ける」というものです。

 

この方法も、直射日光を防ぐことができ、ドライブレコーダーに熱が

伝わりにくくなります。

 

ただし、カバーは駐車中のみに使用するなどの工夫が必要です。

 

五個目は、「モニターの常時表示をやめる」というものです。

 

これをすることで、本体の発熱を抑えることができ熱トラブルを

防ぐことができます。

 

六個目は、「ドライブレコーダーにヒートシンクを貼り付ける」という

ものです。

 

こちらは、ドライブレコーダー本体に細工をすることになります。

 

ヒートシンクと言われるアルミ部品を本体に貼り付けることで、

熱を空気中に逃がすことができます。

 

七個目は、「熱に強いSDカードを利用する」というものです。

 

ドライブレコーダー本体の故障の次に多いのがSDカードの録画

データの破損です。

 

ドライブレコーダー専用のSDカードが売られているのですが、これは

熱に強い使用になっています。

 

以上が、ドライブレコーダーの熱対策になります。

 

自分に合った方法で、対策を試みてくださいね。

 

熱対策にも行いたい対策として、ノイズ対策があります。

 

調べてみると、「ドライブレコーダーに銅やアルミテープを貼る」

というのが、ノイズ対策になるようです。

 

やり方としては、ドライブレコーダーを分解して、外ケースの内側と

基盤のチップに銅やアルミテープを貼るのです。

 

自分でやるのにはそれなりのリスクがあるので、DIYがあまり得意では

ないという方にはあまりおすすめしません。

 

DIYが得意という方であれば、自分でできる場合もありますので、

こちらのサイトも参考にやってみてくださいね。

https://kurumato.life/drive-recorder-noise/#i-3

 

 

それ大丈夫?ドライブレコーダーをダッシュボードの上に設置は違法?


ドライブレコーダーをダッシュボードの上に設置しようかなと思う

こともあるかもしれませんが、これは違法ではないのでしょうか…。

 

調べてみると、違法ではないようで、運転に支障がない限り車検も

通るのだそうです。

ただ、ダッシュボードの上は、真夏はかなりの高温になります。

 

なので、ダッシュボードの上に設置することで、ドライブレコーダーが

破損したり、取り付け面の粘着も弱くなり外れることもあるようです。

 

これらのことを考えると、やはりダッシュボードの上に設置するのは

あまりおすすめではないですね。

 

こちらのサイトにも、ダッシュボードの上に設置する場合の注意点が

載っていましたので、参考にされてみてくださいね。

https://xn--p8j7a0hb.com/archives/5491

 

 

まとめ

 


 

これまで、ドライブレコーダーの熱対策について、またドライブレコーダーの

ノイズ対策は自分でできるのかどうか、そしてドライブレコーダーを

ダッシュボードの上に設置しても大丈夫なのかをお伝えしてきました。

 

ドライブレコーダーは設置して終わりというわけではなく、熱対策などを

しないといけないということがわかりましたよね。

 

このことを知らないと、設置してそのままということにもなりかねません。

 

この機会に、ドライブレコーダーの熱対策やノイズ対策について勉強して

みると良さそうです。

 

また、ドライブレコーダーはダッシュボードの上に設置しても車検に

通る場合が多いことがわかりました。

 

自分がどうしてもダッシュボードの上に設置したいという場合は、

熱対策などをしっかりして、ドライブレコーダーが破損しないように

したいですね。

 

無事にドライブレコーダーの設置ができるといいですね。

  • コピーしました

   車関係 

この記事に関連する記事一覧